セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ハードウェアウォレットで仮想通貨を保管!価格や手数料、仕様など製品別に比較

   

ニュースでコインチェックの事件を見た人は多いと思います。

取引所に置きっぱなしにしていたがゆえに被害を受けてしまった・・。

そのような被害を受けないために今回は、物理的に別の場所で管理ができる便利な端末ハードウェアウォレットについて紹介していきたいと思います。

ハードウェアウォレットは一体どんなもの?

ハードウェアウォレットについて簡単に説明すると以下3つの特徴があります。

  • USBのような端末で仮想通貨を手元に保管することができるデバイス
  • ネットから切り離した状態で保管ができるからハッキングリスクが小さい
  • PINコードが盗まれなければ、万が一端末を紛失しても大丈夫

ハードウェアウォレットは仮想通貨を端末に直接移すのではなく暗号化されたデータを保存できるものになります。

ハードウェアウォレットの端末にもいくつか種類があり、現在もっともメジャーなハードウェアウォレットが下記のもになります。

◎ Trezor

TREZORをAmazonで購入する

◎ Ledger Nano S

Ledger Nano SをAmazonで購入する

自分の大切な資産を保管するものなので、必ず信頼できるところで購入することをおすすめします。
安価なところや信頼できないところで購入し、仮想通貨を盗まれてしまっては意味がありません。

2つのハードウェアウォレットの仕様の違い

TrezorとLedger Nano Sは同じハードウェアウォレットですがこの2つのハードウェアウォレットの仕様はかなり違いがあります。

1番大きな違いは、対応している通貨の数です!!
下記の表に対応している仮想通貨をまとめてみました。

対応している仮想通貨

対応仮想通貨一覧
Trezor  ビットコイン
 ビットコインキャッシュ
 ビットコインゴールド
 ダッシュコイン
 ジーキャッシュ
 ライトコイン
 イーサリアム
 イーサリアムクラシック 
 イーサリアム(トークン) 
詳細はコチラ>>
 Ledger Nano S   ビットコイン
 ビットコインキャッシュ
 ビットコインゴールド
 リップル
 ライトコイン
 ドージコイン
 ジーキャッシュ
 ダッシュコイン
 ストラティス
 イーサリアム
 イーサリアムクラシック 
 イーサリアム(トークン) 
詳細はコチラ>>

 

保管できる対応コインの種類が多いのはLedger Nano S

対応通貨の数はLedger Nano Sが圧倒的に多いです!

このため、ビットコインとイーサリアムくらいしか保管しない予定であれば、TREZORの方が適しているでしょう。

逆にリップルやQtumとかも保管したいと考えているならば、Ledger Nano Sの方が良いでしょう。

Trezorはリップルに対応していないという大きな弱点があり保管する事ができません。
リップルを使っているならLedger Nano Sを使うようにしましょう。

いくら使い勝手が良くても、扱いたい仮想通貨を保管できなければ意味がありません。
そういった点からも、TREZORよりもメリットがあるといえるでしょう。

送金手数料の比較してみた

仮想通貨を保存するハードウェアウォレットを比較するとき注目しておきたいのが送金手数料です。

取引所とハードウェアウォレット間で仮想通貨を移動するときには銀行のように手数料が発生します。

利用する仮想通貨によって手数料は異なりますが、ここではビットコインをTREZORとLedger Nano Sで送金した場合にいくらくらいかかるのかを比較してみます。

まずTREZORで0.01BTCを送った場合にかかる手数の金額は0.00015279BTC(約73円)でした。
費用としてはそれほど大きく感じない額です。

そしてLedger Nano Sで同じく0.01BTCを送金した場合の手数料の金額はいくらかというと0.0000078(約3円)です。

実にTREZORの20分の1以下という安さです。

送金手数料一覧
Trezor 0.00015279BTC(約73円) 購入はコチラ>>
 Ledger Nano S  0.0000078(約3円) 購入はコチラ>>

以上のように送金手数料で見るとLedger Nano Sが格段に安いというメリットがあることがわかりました。

TREZORとLedger Nano Sの使い勝手を比較してみた

Ledger Nano SとTREZORを使いやすさの点から比較してみました。

結論をさきに述べると、TREZORのほうが使いやすいです。なぜなら、操作がしやすいからです。

Ledger Nano Sは決定するさいにボタンを毎回2つ同時押しするなど、TEEZORに比べ操作がめんどくさい印象です。

また、ダウンロードの際はChromeのプラグインを用意し、別途ウォレットをダウンロードしなければいけません。

一方、TREZORは画面が大きくボタンも大きいので、ストレスなく操作することができます。

その他だと初期設定やリカバリーに関しては、両者に大差はありません。

以下にLedger Nano SとTREZORのメリット/デメリットをまとめてみました。

▼ メリット ▼
Ledger Nano S:強いていうのであればデザイン性はLedger Nano Sのほうがかっこいいと感じるかもしれませんね。しかし、好みや感覚の部分なので、なんとも言えません。

TREZOR:画面の大きさ、ボタンの使いやすさは大きなメリットでしょう。

▼ デメリット ▼
Ledger Nano S:「決定」の際に手間がかかったり、操作がしにくいのは大きなデメリットです。ダウンロードから初期設定のしにくい点もあげられます。

TREZOR: TREZORに気になるデメリットはありません。「操作のしやすさ」でいうとTREZORの勝利といえるでしょう。

気になる価格を比較

次に価格面ですが、Amazonで販売されている価格はTrezorもLedger Nano Sも1万円程度でだいたい同じような価格です。

販売価格一覧
Trezor ¥17,800 詳細はコチラ>>
 Ledger Nano S  ¥17,800 詳細はコチラ>>

この価格は在庫の数によって値段が変動する事があるので注意が必要です。

とはいえ平均するとわずかにですがTrezorの方が安い価格に設定されている場合が多いです。

とはいえ価格差は500円程度の違いでしかないので、対応する銘柄数が多いLedger Nano Sの方が良いかもしれません。

>>Ledger Nano Sの国内代理店の詳細はこちらから

ハードウェアウォレットのおすすめの使い分け

現段階のウォレットの使い分けとしては、まずはじめにTrezorを利用して、Trezorに入れられないものをLedger Nano Sに入れておくという流れをおすすめします。

これは使い勝手という問題が大きく、Trezorが便利だからです。

LedgerはどうしてもChromeの操作をするのが面倒になってしまいますし、たまにスムーズに動かないこともあるので心配になってしまいます。

ただ、デザイン面ではLedger Nano Sの方がよいです。

Trezorは何というか、プラスチックのような感じがするのです。

見た目がおもちゃみたいなので、それが逆にセキュリティ性を高めるということはあるかもしれませんが。

購入するときはここに注意!中古品は必ず避けること

ハードウェアウォレットを購入するときは、中古品を買うのは絶対に避けるようにしてください。

十分に信用できるところから購入しないと、保有している仮想通貨が消失してしまいかねません。

Amazonには色々な販売者が出品していますので、値段だけで選ばず、販売者の評価はしっかり確認してください。

基本的には評価が高いセラーから購入するということで問題ありませんが、それに加えて以下の点を確認することを忘れないでください。

 1. 届いた商品が未開封であること
 2. PINコードが未設定であること

ちなみにLedger Nano Sは公式サイトから個人輸入してしまうということも可能です。

実は直接輸入したほうが料金もお安いのですが、到着まで時間がかかるのが難点です。

1月の段階ではなんと2ヶ月待ちという人気です。

納品スピード重視なら、日本国内の代理店から購入するということも可能です。

現在、Amazonは注文殺到により配送に遅れが生じているため国内の代理店で買うのがおすすめです!
国内の代理店は下にあるリンクからチェックしてみてください。

>>Ledger Nano Sを国内代理店で購入しよう!

まとめ

今回の件で買った通貨をそのまま取引所に置いておくことが大変リスキーだということがよく分かりましたよね。
今後も仮想通貨を持っておくなら、この機会にハードウェアウォレットで保管するようにしておくのがよいのではないでしょうか。

ウォレットのおすすめは以下のようになります。

  • 保管するのがビットコインやイーサリアムの2つぐらいの人はTrezor
  • リップルを購入している人はLedger Nano S
  • ひとつのアカウントだけでいいと思う人はLedger Nano Sで保管する

総合的にはLedgerがよいのですが、使い勝手の問題がありますので、改善していくことを望んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ビットコインはなぜ通貨としての価値を持つの?バーチャルなお金に価値が出る仕組みを解説

今までの通貨である米ドルや日本円などの通貨はなぜ価値があるのかというとみんなが「 …

物理的に実体のないビットコインは現金とどう違うのかを具体的に解説します

ビットコインはコンピューター上で取引される仮想通貨で、暗号通貨という種類の通貨の …

12/4にCOMSA(コムサ)がZaifに上場!!その後の値動き予想と中長期的な展望

いよいよ12月4日(月)にCOMSAがZaifで取引できるようになります。COM …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

VALUの使い方入門講座。これは仮想通貨のビットコインを通じて行う新しい取引

2017年5月31日からスタートしたVALUは、だれでも、株式会社のように、自分 …

ブロックチェーンはどんな技術なのかが知りたい!

財布の中には、どこの国のお金が入っているでしょうか? 日本円ですよね。もしかした …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

ビットバンク(bitbank)は高いセキュリティで幅広いアルトコイン取引ができる

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる! 国内の数ある仮想通貨取引 …

マウントゴックス社が倒産。今後も取引所が倒産する可能性はあるの!?

中本哲史(サトシ・ナカモト)さんが発明した仮想貨幣「ビットコイン」はとてもクリア …

モネロ(Monero)はビットコインよりも匿名性の高い仮想通貨

出典:coincheck モネロという仮想通貨のことをご存知ですか。たくさんの種 …