セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットコインと電子マネーの違いを徹底解説!!

   

ビットコインは、お金の1つなのですが、厳密に言うと

・ビットコイン=デジタル通貨
・電子マネー=デジタルなお金(国ごとに通貨があるため国境を超えて使えない)

というふうに括ることができます。
どちらもデジタルマネーという意味では似ているため電子マネーと比較される事もよくあるのです。確かに両者は、どちらも電子媒体で利用する事になりますから、共通要素は多いです。

しかしビットコインは、電子マネーとは大きく異なります。基本的にはカード媒体などがありません。電子マネーと言えば「suica」「PASMO」「nanaco」「WAON」のような物理的なICカードがありますよね。ビットコインにはそのようなものがなく、何かを接触させる事もないのです。カードタイプの電子マネーと違い、スマホアプリのウォレットをインストールしてQRコードで送金などのやり取りを行う点に、電子マネーとの大きな特徴があります。

ビットコインと電子マネーはどう違うの?

ビットコインは、基本的にはICカードを使わない点に特長があります。何かを接触させるというより、コードを用いて手続きを行っていくタイプなのです。

ビットコインにはカード媒体が特に無い

まずビットコインには、カードに関する大きな特徴があります。キャッシュカードや電子マネーなどは、たいていカードが発行されるでしょう。

ところがビットコインには、そういうカード媒体が特に存在しないという特徴があります。

ICカードを接触させるのが電子マネー

それで電子マネーというのは、カード媒体をセンサーなどにタッチする点に特徴があります。

例えば自動改札機などにタッチさせるカードなどは、それに該当します。自動改札機などを通過する際に、電子マネーのカードをタッチしている方々も、よく見かけるでしょう。
またそのカードは、ショッピングでも利用する事はできます。しかし買い物目的で電子マネーを使うにしても、やはりカードをセンサーに接触させる事になるのです。
つまり電子マネーは、あくまでもカードを接触させるという特徴があります。

QRコードで手続きを行うビットコイン

それに対してビットコインの場合は、原則としてQRコードになるのです。携帯用のアドレスなどを読み込む時には、たいていQRコードを使うでしょう。あのモザイクのような形状を用いて、送金などのやり取りを行う事になるのです。

それと同じシステムが、ビットコインにも存在する訳です。もちろんQRコードを利用する為には、カード媒体などを使うことも一切ありません。カードを使わずに送金などを行うのは、ビットコインの大きな特徴と言えます。

ちなみにビットコインのQRコードで、本人特定などは行えません。セキュリティーはかなり高いシステムなのです。

ビットコインと電子マネーが利用できる国の違いとは

世界では、様々な通貨が使われています。もちろん日本円も通貨の1つになりますが、その他にも外貨があるでしょう。それら2つは、利用できる国に関する違いがある事だけは、間違いありません。そして、その国が電子マネーとビットコインの主たる違いの1つなのです。基本的に前者は、日本円と同じような機能があるマネーと考えて良いでしょう。

電子マネーが使えるのは国内限定で海外では使えない

まず電子マネーは、原則として国内利用に限定される事になります。日本国内の至る所で、そのマネーで支払いを行える事だけは間違いありません。

しかし電子マネーが採用しているお金は、あくまでも日本円になるのです。決して海外のマネーではありません。したがって電子マネーを用いて、海外でショッピングをするような使い方は、できないのです。

日本円と同じイメージで捉えておくと、分かりやすいでしょう。

ビットコインなら世界中どこでも使える

それに対してビットコインの場合は、グローバルな特性があります。それは世界各国の幅広い国々で、利用する事は可能なのです。

例えば海外にあるお店にて、ちょっと買い物をしたいと考えたとします。その場合は、ビットコインで払う事も全く問題ないのです。この「海外利用は可能」という点は、ビットコインと電子マネーの大きな違いと言えるでしょう。

もちろん海外だけではありません。グローバルなコインになりますから、日本でもそれを利用する事は可能です。国内でも海外でも使えるコインという事になります。

ビットコインと電子マネーの単位の違いは?

各通貨は、それぞれ表記に関する違いがあります。日本で使われている通貨は、間違いなく円と表記されるでしょう。
同じくアメリカで使われている通貨なら、ドルと表記される事になります。つまりそれぞれの通貨により、単位に関する違いが存在する訳です。それは、電子マネーとビットコインに対しても言えます。

BTCという単位を用いるのは、ビットコインの特長と言えます。

電子マネーは円になり、ビットコインはBTC

まず電子マネーの場合は、原則として日本円に限定される事になります。上記でも触れた通り、日本国内のみで利用できるマネーになりますから、全ての電子マネーは円という単位で表現される事になるのです。

ところがビットコインの場合は、全く違う単位で表現される事になります。円という単位が使われる事は、まずありません。表記はかなり独特で、BTCという単位に限定されます。
ですから1BTCを円に両替する時には、現時点では1BTCイコール304,000円台という事になります。この単位は、電子マネーとビットコインの大きな違いの1つである事は間違いないでしょう。

利用できる国と単位が両者の主たる違い

要するに電子マネーとビットコインは、主に2つ違いがある訳です。前者の電子マネーは、あくまでも日本国内に限定される事になります。それに対して非常に多彩な国々で利用できる点は、ビットコインの特徴と言えます。また両者には、単位に関する明確な違いもある訳です。BTCという独特な単位は、ビットコインの特長と言えるでしょう。両者は、全く別のマネーになる訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ビットコインに限りがある!?掘り尽くされてしまった後はどうなるの?

2009年の登場から「ビットコイン」は、全く新しい通貨の形として注目され続けてい …

リップルにGoogleも出資!国際送金の在り方を変える仮想通貨

大手金融機関が採用し、仮想通貨のなかでも多くの注目を集めるリップル リップルとい …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

BTCBOX(BTCBOX)は安定した取引ができるビットコイン取引所

これまでの運営実績が安定しているため市場からの評価も高い取引所 ビットコインなど …

ビットコインに興味がない!あなた損してますよ!

如何なる政府機関や銀行からの介入も受けない全く新しい通貨システムとして、2009 …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向 …

ビットコインがほしい!でもどうやって手に入れればいいの?

度々テレビのニュースでも扱われる話題の仮想通貨ビットコインですが、これを手に入れ …

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

送金手段に「ビットコイン」を利用するという選択肢がある

最近、Webやニュースでビットコインにまつわる話題が多く見られるようになりました …