セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットコインが送金中に盗まれた!?そんな事ってあるの?

   

ビットコインの送金ですが、ビットコインを送金する際に、コインが抜き取られてしまうのではないか…と不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし結論から言うと、ビットコインが送金中に抜き取られてしまうということはありません。そこで、ビットコインの送金の仕組みについて詳しくご紹介します。

抜き取られることのない様な厳重なセキュリティ

ビットコインの送金では、途中で送金中に抜き取られてしまうのではないか…という不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしビットコインの送金では安全性を守るために、受け取る側が2つの鍵を用意するという公開鍵暗号方式、そして送金する側が2つの鍵を用意する電子署名方式方式があります。このシステムによって、ビットコインの送金中に抜き取られないようにする仕組みとなっています。

元々ビットコインのデータというものは、第三者に見られてしまっても困るようなものではありません。しかし途中でデータを書き換えられてしまったり、データそのものを第三者によっていじられてしまうのが問題となっています。

このためデータの開示などを簡単にできないようにするためのシステムや技術が必要であると言えるでしょう。
こちらの公開暗号方式、電子署名方式となります。

例えば、送信者のデータを受信することが出来たとしても、そのデータが本当にその方からのデータを受信したかどうかが分かりません。伝送されている間に改ざんされてしまっている可能性もあります。

送信者が本当にその方であり、データの改ざんがないということを確認するためにも、電子署名を使用します。

厳重なセキュリティ~受け取る側が用意する鍵「公開鍵暗号」~

公開鍵暗号とは、データをまずは暗号化する際、そしてそのデータを復号するときに、別の鍵を用意するというものになります。そうすることによって、本人確認をすることが出来るというものです。まずこの場合データを暗号化する時と、そのデータを復号するときには、それぞれ別々の鍵を用意しておくようにします。

鍵というものは、パスワードのようなものであり、別々にこの鍵を分けることで第三者に暗号を解読されないようにします。

公開鍵暗号を使用する場合、まず受取人が暗号化する鍵を公開します。その後データを復号するという形になります。この方法の場合だと公開鍵が第三者によって、たとえ途中で盗まれてしまっても、データを受け取る人しか持っていないため暗号解読をすることができません。

このため第三者が介入したとしても、このようなシステムがある限りは、送金中にお金を抜け取ることが出来ません。このため取引の秘密を守ることが出来ますし、安全に送金をすることが出来ると言えるでしょう。

またビットコインアドレスは、公開鍵から作られることになります。ビットコインが送金中に抜き取られることがないのはこのような技術・システムがあるからであり、安心して送金できると言えるでしょう。

厳重なセキュリティ~送る側が用意する鍵「電子署名」~

ビットコインでいう電子署名とは、本人であることを確認するため、使用されるものです。電子署名とはデータ上において、本人確認をすることが出来る仕組みであると言えるでしょう。さらに公開鍵暗号を使っているものに関しては、デジタル署名と言われています。

ビットコインにおいての送金は、こちらの電子署名が使われると言えるでしょう。
まずデジタル署名は、秘密鍵を使って暗号化する必要がありますが、公開鍵を使い再び元に戻す必要があります。

送りたい情報を暗号化することによって、本人確認にもなりますし、さらに、偽造、改ざんなども防ぐことが出来ると言えるでしょう。

しかしここでは秘密鍵を盗まれてしまった場合には、本人になりすますことができるので注意をしましょう。

ビットコインでは、このようにビットコインの送金が秘密鍵を用いることによって、本人が行ったものであること、そして取引が偽造されていない、改ざんされていないという正当なものであると証明することが出来ると言えるでしょう。

ビットコインの送金をする場合には、送金先のビットコインアドレス、そして送金元の秘密鍵が必要となっています。

ビットコインは元所有者の許可なく送金されることはない

このようにビットコインの送金をする場合には、所有者の秘密鍵が必要であり、電子署名による本人確認が必要となります。

ビットコインを相手に送金する際は、相手先のビットコインアドレスを指定し、メールのような形で即座に送ることが出来ます。ビットコインアドレスというものは、一人一人が保有しているもので、世界中で重複しているアドレスがありません。銀行の口座番号のようなものです。このため相手にダイレクトに送金をすることが出来ます。

このように簡単な手続きでビットコインを相手のアドレスに送金することが出来るのですが、元の所有者の許可なく、勝手に送金されてしまったり、ビットコインが抜き取られてしまったりすることはありません。

このため、安心して利用をすることが出来ると言えるでしょう。しかしビットコイン自体のシステムなどが、ハッカーからのハッキングを受けたことは今のところありませんが、ビットコインをやりとりしている取引所がハッキングをされてしまうと、ビットコインを抜き取られてしまったり、ビットコインが引き出せないようになってしまうというケースが稀に存在するようです。

まとめ

ビットコインを送金する場合には、自分自身が本人確認をして相手のアドレスを指定することによって、コインを送金することが出来ます。これは固有のアドレスですので指定したアドレスにのみ送金することが出来ると言えるでしょう。

また送金したビットコインが抜き取られてしまったりすることは基本的にはありませんので、安心して利用をすることができと言えるでしょう。

しかし万が一ビットコインの取引所がハッキングされてしまった場合などは、ビットコインが抜き取られてしまったりするなど、消失してしまうというリスクはあるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」を利用すれば銀行預金より高い金利が付く!

仮想通貨の取引所のひとつであるコインチェックが行っている新しいサービス。それが「 …

モネロ(Monero)はビットコインよりも匿名性の高い仮想通貨

出典:coincheck モネロという仮想通貨のことをご存知ですか。たくさんの種 …

「GMOコイン」2017年5月誕生のGMOグループならではの安心感!

出典:coin.z.com 堅固なセキュリティ体制でビットコインの取引手数料は無 …

新仮想通貨のビットコインキャッシュとは、その正体に迫る

仮想通貨のハードフォーク問題とマイニングの限界 出典:btcnews ビットコイ …

Zaif(ザイフ)の口コミ・評判とは?zaifNEMやモナーコイン、SJCXなども取り扱う注目の仮想通貨取引所

出典:zaif ログインボーナスやマイナス手数料など仮想通貨が増える仕組みがある …

ビットコインは誰が作ったの?~ビットコイン誕生まで~

皆さんは、ビットコインというインターネット上で使用できる仮想通貨をご存知でしょう …

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難 …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …