セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

『水道代高くないじゃーん』が落とし穴。甘く見てはだめ!しっかり節水で節約!

   

水道代はガス代などに比べると一カ月の出費はそれほど多くありませんよね。

だからこそ軽く考えてしまいがちですが、塵も積もれば山となるわけなので、水道代の節約をおすすめします。

まず、一カ月の水道代のうち、最も割合が多いのはどこだと思いますか?お風呂だと考えている人が多いようですが、実はお風呂よりもトイレのほうが水を使っているケースが多いのです。その次がお風呂、キッチンと続きます。トイレとお風呂だけで水道代全体のうち半分ほどを占めているので、この部分を少なくできれば節約効果が大きくなりますね。

■トイレで使う水の量を調整するには


トイレの水量を調整するために、水が溜まるタンクの中にペットボトルを入れる方法が有名です。しかし、これはトイレの故障にも繋がるため避けておいたほうがいいでしょう。せっかく水道代を抑えることができてもトイレが壊れて修理代を支払わなければならないということになると大変です。

そこで、まずは水を流す際に大と小を使い分けることから始めましょう。小であっても大のほうにレバーをひねっている人は多いのではないでしょうか。一目でわかる通り、大の水量は小よりもかなり多いです。ここを使い分けるだけでも大幅にトイレで使用する水の量を減らすことができます。

他には水圧を保ったままで節水ができるトイレ用の商品があるので、こういったものを活用するのもいいですね。節水用アイテムを購入すると購入費用のほうが高くついてしまうのでは?と考える人もいるかもしれませんが、長く使えばもとを取れるものがほとんどです。

■お風呂で使う水の量を調整するには


お風呂の場合も節水アイテムである節水シャワーヘッドを使うのがおすすめです。これは、通常のシャワーヘッドよりも水が出てくる穴の数を少なくしたヘッドのことで、少ない水量でも大量に水を出した時と同じ水圧を作ることができます。

シャワーヘッドにもいろいろな種類がありますが、より節水効果を高めたいと思っているのであれば手元に一時止水スイッチがついているものを選ぶといいでしょう。どれくらいの節水効果が得られるかというのも商品によって違うので比較して決めたほうがいいです。

それから、シャワーのみで済ませるのと湯船にお湯をはるのとではどちらが水道代の節約になるのか疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。これは、家族の人数や使うお湯の量などによって違うので一概には言えません。シャワーのみで済ませる場合、15分以内で済むのならばシャワーのほうがお得だと言われます。

4人以上の家族ならば湯船にお湯をはったほうがお得である可能性が高いですが、どうしても家族全員シャワー派であるという場合は節水シャワーヘッドを使ったほうがいいですね。また、湯船にお湯をはったとしても湯船のお湯を使って体を洗ったりすれば湯量はどんどん少なくなり、足し湯が必要になってしまいます。体や髪を洗う際にはシャワーを使うということであれば、やはり節水シャワーヘッドを使ったほうがお得です。

他にはお風呂のお湯を必要以上に溜めすぎない、残り湯は洗濯に使うというのも節約術の基本だと言えるでしょう。

■一滴ずつ出せば水道代がかからないというのは本当?

水道代の節約術として、「一滴ずつ出せば水道メーターが反応せず、水道代がかからない」という話を聞いたことがありませんか?こういった噂を聞いてから一日中水道を一滴ずつ出して水を溜めていたという人もいるようです。

確かに何十年も前の水道メーターはあまり精度が良くなかったために一滴ずつ出すとメーターがうまく作動せず、水道代として計算されないものもありました。ですが、現在は水道メーターの精度が上がっているため、例え一滴ずつ出したとしてもしっかり計算されるので気を付けましょう。

他に、キッチンで洗い物をする際にはため洗いを基本とする、再利用できる水は他のところでも使うということを心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

取り付けるだけで水道代カット!節水コマを有効活用しよう!

節水コマはホームセンターで100円クラス!ネット通販でも簡単に手に入る 水道代の …