セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

これからソーラー発電システムを導入するのは実際どうなの?どれくらい節約ができる?

   

main (1)
導入することによって電気代を大幅に節約できる、というのが注目されている最大の理由です。

しかし、導入するためにはかなりの費用が必要ですし、少なからずメンテナンスも必要。

果して節約効果が上回るのか、設置費用の方が上回ってしまうのか気になるところです。ここではソーラー発電システムによる節約効果について紹介していきます。

導入には150万円前後の費用が必要

l201110131800
ソーラー発電システムの価格は一般家庭に普及するに従って徐々に下がってはきています。

平成25年の新築に設置されたソーラー発電システムの平均価格はおよそ40万円前後

1KWあたりの価格が40万円くらいだとしたら、容量4KWのソーラー発電システムを設置すると大体150万円くらいの費用が必要になる、ということになります。

もちろん、設置するソーラー電池の種類、住んでいる都道府県などによって違いも出てくるのですが、大体一般家庭なら150万円くらいの費用を考えるのが良さそうです。

ちなみに、各都道府県によってソーラー発電システム導入による補助金を用意しているところもありますので、これらを上手に活用すればもう少し少ない予算で導入することもできます。

どれくらいの節約効果が生まれるか試算してみよう

ソーラー発電システムによる節約効果を期待する前に、まずは毎月どれくらいお得になるのかをチェックしていきましょう。

例えば、電気料金が毎月1万円発生していたとします。4KWのソーラー発電システムを導入し、昼間は仕事で家にいないため電力があまり、これを電力会社に販売していたとします。夜は電力会社から購入した物を使用する。するとだいたい平均すると月の収入が3800円くらいになります。

払っていた電気料金よりもプラスの方が大きくなる計算ですね。さらに、時間帯別電灯契約に変更することで、夜間の電気料金が大幅に下がります。だいたいこれで2000円くらいお得になります。

これらをトータルして考えると、今までの電気代1万円がなくなり、さらに売電による利益、時間帯別電灯契約によるプラスでだいたい1万5000円くらいお得になる計算になりますね。

ということは、導入費用がだいたい150万円くらいかかるわけですので、元を取ろうと思ったら、100ヶ月、つまりだいたい8年くらいからプラスに転じることになります。

節約効果より万が一に備えて、で考える

content-580x580
ソーラー発電システムによる節約効果は比較的大きなものではあるのですが、元を回収するまでの期間が長すぎますし、必ずしも売電できるとは限らない、今後の電気料金が大幅に変動する可能性がある、ということを考えると「電気代節約のために導入する」というよりは「万が一に備えて導入する」と考えた方が健全な気がします。

ソーラー発電システムがあれば、災害などで電力供給がストップしてしまった時でも日中な自家発電できるのはかなりの強みです。

もちろん、ここ数年の電気料金の値上がりを考えると、今のうちからソーラー発電システムを導入しておいた方が将来的に得をする可能性も大きいです。

これらをトータルに考えてみて、ソーラー発電システムが本当に必要なのか、もっと他の部分で節約できるものもあるのではないか、検討してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

生協の宅配 VS スーパー、お得なのは意外にもこっち

今は何でもインターネットで買い物する時代、今まではいろいろなお店に買いに言ってい …

今どきの食洗機は節約もしてくれるから~と思っているそこのあなた!実は意外にもかかる電気代の節約術教えます。

目次家庭での食器を洗う手間を減らしてくれる食洗機。●基本はまとめ洗い●タイマーを …

手軽に水とお湯が飲めるウォーターサーバーにかかる電気代うまく節約してみよう!

目次最近では一般家庭でも設置されることが増えてきたウォーターサーバー。●月にかか …

電気代を節約したいなら支払いの方法を考えなおしてみるのががおすすめ!

目次電気代を抑えるといっても、ゼロにすることはできませんよね。■口座振替割引制度 …

格安SIM事業者に申し込む際にはどの程度の初期費用が必要になるのでしょうか?

大手携帯キャリア(docomo、au、Softbank)から格安SIM事業者が提 …

家電の寿命一覧と買い替えのポイント、長持ちさせる方法まとめ!

目次家電によって寿命は違いますが、具体的にどれくらい?長持ちの秘訣も紹介します。 …

【30代になった今だからわかる】20代のうちにしておけばよかったお金を貯める工夫まとめ

20代の若いころ、給料でもらったお金をすべて使い果たしてしまう、後先考えない人も …

寒いとずっとつけっぱなしな暖房器具の上手な節約方法とは?

目次光熱費がかかるのは夏場のイメージが強い●設定温度は20度が目安!●必要な時だ …

LEDを使って光熱費をカット?!意外と知られてない節約術

人によっては一日中つけっ放しになっている照明器具。 それぞれの電気代自体はそこま …

毎日パソコンする方に。なんだかんだで食ってしまうパソコンにかかる電気代を節約するテクニック

目次今や暮らしに欠かせない家電製品のひとつであるパソコン。●電気代がかからないパ …