セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

格安SIM事業者との契約を解約する場合には違約金の支払いが必要になるのでしょうか?

   

スマートフォンを利用する際には各種のお得な料金プランに申し込むことができるのですが、この時には一定期間の継続利用が申込のための条件となっていることが多くなっています。

特に大手携帯キャリアではいわゆる「2年縛り」と呼ばれる契約条件を設定していますので、契約から2年以内に解約を希望する場合には違約金の支払いを請求されることになるのです。

解約を請求できるのは申込みから2年後の1カ月間だけとなりますし、その機会を逃してしまうと再度2年契約が行われることになります。格安SIM事業者が提供する料金プランについても最低利用期間が決められていることが多いのですが、大手携帯キャリアに比べると比較的柔軟に利用することができるようです。

格安SIM事業者の多くではデータ通信プランと音声通話プランを提供しているのですが、データ通信プランについては最低利用期間が定められていないことが一般的となっています。音声通話プランについては最低利用期間や違約金などが設定されていることが多いのですが、一部には制限なしで利用できるプランなども存在するようです。

今回はスマートフォンの料金プランに設定されている最低利用期間や解約違約金などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

大手携帯キャリアでは「2年縛り」などの制限を設定しています

格安SIM事業者への申し込みを検討しているという人の中には、現在大手携帯キャリア(docomo・au・Softbank)を利用しているという人が多いのではないでしょうか。大手携帯キャリアから格安SIM事業者に契約を変更する際には、いわゆる「2年縛り」などに注意が必要になります。

大手携帯キャリアでは契約の際に最低利用期間を設定していることがほとんどであり、利用期間の途中で解約を申し込んだ場合には違約金の支払いが必要になるのです。大手携帯キャリアでは2年または1年の最低利用期間を設定していますし、音声通話プランだけでなくデータ通信のみのプランについても同様の制限を設定しています。

最低利用期間の制限がないプランは利用料金が割高になりますので、ほとんどの人が最低利用期間の制限のある料金プランを選択しているはずです。

解約違約金は平均で9500円程度が請求されることになります

大手携帯キャリアに最低利用期間中に解約を申し込んだ場合には、解約違約金として平均で平均で9500円程度が請求されることになります。従来は違約金の支払いなしで解約を申し込むことができるのは実質的に1カ月間のみだったのですが、docomoとSoftbankでは2016年3月から解約可能期間を2ヶ月に拡大しています。

またauでも2016年5月から解約可能期間を2ヶ月に拡大しました。さらにdocomoではいつでも自由に違約金なしで解約ができる新料金プラン「フリーコース」を、従来と同様の料金設定で提供を開始しました。

auとSoftbankでも同様の料金プランの提供を開始しているのですが、こちらは月額料金が従来のコースよりも300円程度割高になっていますので、2年8カ月(32カ月)以上利用する場合には従来のコースを選択して違約金を支払った方がお得になるかもしれません。

格安SIM事業者では最低利用期間や解約金などの条件が緩めとなっています

格安SIM事業者でも各種プランに最低利用期間や解約金などを設定してるのですが、その条件などについては大手携帯キャリアよりも若干緩めとなっているようです。最低利用期間は大手携帯キャリアが2年程度を設定しているのに対して、格安SIM事業者ではそれよりも短い半年~1年程度を設定していることが多くなっています。

またデータ通信専用プランの場合には、最低利用期間が設定されていないことが多いようです。その他には大手携帯キャリアの2年縛りでは2年が経過すると同様の条件で再契約が行われるのですが、格安SIM事業者の場合には当初設定された最低利用期間が経過すれば、その後は自由に解約できることが一般的となっています。

格安SIM事業者であれば最低利用期間や解約金などの条件が緩めですから、他社の契約などを気軽に試してみることなどもできます。主な格安SIM事業者における最低利用期間や解約金などについては、以下の表の通りです。

格安SIM事業主 最低利用期間 違約金
OCNモバイルONE 6ヶ月 8000円
IIJmio 12ヶ月 1000~12000円
(解約月により異なります)
楽天モバイル 12ヶ月 9800円
BIGLOBE SIM 13ヶ月 8000円
DMMmobile 13ヶ月 9000円
b-mobile 5ヶ月 8000円
UQ mobile 12ヶ月 9500円
DTI SIM 12ヶ月 9800円
ぷららモバイルLTE 7ヶ月 8000円
U-mobile 6ヶ月 6000円
(LTE使い放題2は9500円)
NifMo 7ヶ月 8000円
mineo なし なし
FREETEL なし なし

 

MNP転出に対してはMNP転出手数料が請求される場合があります

また一部にはデータ通信専用プラン・音声通話プランのいずれについても、最低利用期間や違約金などを設定していない格安SIM事業者なども存在します。

現在はmineoとFREETELは最低利用期間なし、解約金なしで利用することができるのですが、一方で1年以内のMNP転出に対してはMNP転出手数料が月数に応じて請求されることになりますので、実質的には解約違約金が必要であると考えた方が良いかもしれません。

例えばmineoの場合には契約から12カ月以内のMNP転出には11500円、また13カ月目以降のMNP転出には2000円の手数料が請求されますので、契約の際にはくれぐれも慎重に判断することをおすすめしたいと思います。

格安SIM事業者が提供する料金プランでは最低利用期間や解約金などの条件が比較的緩めとなっています

今回はスマートフォンの料金プランに設定されている最低利用期間や解約違約金などについて、詳しくご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか。主な内容をまとめてみると、以下の通りとなります。

・大手携帯キャリアではいわゆる「2年縛り」を設定しています
・格安SIM事業者の場合には最低利用期間や解約金などの条件が緩めとなっていることが多いようです
・MNP転出に対してはMNP転出手数料が請求される場合があります

格安SIM事業者が提供する料金プランにも最低利用期間や解約金などが設定されていることが多いのですが、ほとんどの場合には大手携帯キャリアよりも条件などは緩めとなっているようです。

格安SIM事業者が提供する料金プランであれば比較的自由に解約を申し込むことができますので、他社の契約などを気軽に試してみたいという人にもおすすめです。ただしMNP転出に対してはMNP転出手数料が請求される場合がありますので、契約を申し込む際にはくれぐれも慎重に判断することを心がけるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

目次格安スマホを購入する前に本人確認書類クレジットカードMNP予約番号開通設定を …

格安SIMはデータ通信のみも対応!どんな人におすすめなの?

ほとんどの格安SIMでデータ通信専用のプランを用意 格安SIMではいろいろなプラ …

今どきの食洗機は節約もしてくれるから~と思っているそこのあなた!実は意外にもかかる電気代の節約術教えます。

目次家庭での食器を洗う手間を減らしてくれる食洗機。●基本はまとめ洗い●タイマーを …

まさか!エアコンの電気代を半額にできちゃうの!?知らなかったとっておきの節約術

目次毎年夏になると電気代が一気に跳ね上がる家庭は多いことでしょう。●節約効果の高 …

パケット料金を節約したい人には格安SIM事業者のデータ通信使い放題コースをおすすめします!

スマートフォンは一般的な携帯電話と同じように通話を行うこともできるのですが、やは …

格安SIMを利用していても必要!おすすめの光回線はどこ?

Wi-Fi通信にすればデータ容量を温存できる 格安SIMを利用していると、何も自 …

スマホユーザーなら見逃せない!BIGLOBEが提供する格安SIMサービスとは?

目次BIGLOBEは信頼と実績のあるプロバイダー手元にあるスマホでも利用できるB …

時間帯別電灯契約?夜型人間さんは必見!上手な電気の節約してみませんか?

電気代の節約は何も使用電気量を減らすことだけではありません。 最近注目を集めてい …

U-mobile徹底解説!スマホ代を大きく節約するコツを伝授!

U-mobileの魅力やメリット、特徴を知って自分にぴったりのプランを選ぼう! …

手軽に水とお湯が飲めるウォーターサーバーにかかる電気代うまく節約してみよう!

目次最近では一般家庭でも設置されることが増えてきたウォーターサーバー。●月にかか …