セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

登山が趣味・山の中で格安SIMが使えるかどうかは端末にあり

   

端末の対応バンドがポイントになる

山ガールという言葉がもてはやされたことに代表されるように、最近では若い人の間でも登山を趣味にしている人も多いです。登山をしているときにスマホが利用できれば、例えば天候などの情報を収集できますし、遭難などの最悪の事態に直面した場合でも速やかに連絡が取れます

格安SIMを利用した場合、山の中でも通話できるのかという疑問を抱く人もいるでしょう。格安SIMは大手携帯キャリアの回線を利用しています。つまり携帯キャリアの通信範囲に含まれていれば、問題なく通信できます。ただし注意したいのは、SIMカードを入れているスマホ本体です。

実はスマホ本体の機種によって、通信できるエリアが異なります。たとえばドコモの場合、3Gだとバンド1と6、9、19・4Gだと1と3、19、21というバンドを使っています。しかし安いLTE対応スマホの場合、この中でも利用できるバンドの限られた機種もあります。

山の中で利用するにあたってポイントになるのは、3Gのバンド6に対応しているかどうかです。もしバンド6に対応していないと、山間部や山小屋では利用できないでしょう。スマホ本体の通信バンドは、事前に確認しておいた方が良いでしょう。安いよりも高いもの、古い機種よりも最新機種の方がより広いバンドに対応している傾向が見られます。

ドコモ系格安SIMを利用するのがおすすめ

先ほども少し見たように、格安SIMは自前の通信設備は持っておらず、大手携帯キャリアの通信網をレンタルしてサービス提要を行っています。つまり山の中でもつながりやすいかどうかは、そのキャリアのつながりやすさに関係してきます。ドコモとau、ソフトバンクを比較すると山間部ではドコモの回線がほか2社よりも圧倒的に強いです。

ですから登山するときに利用することも視野に入れて格安SIMを比較するのであれば、ドコモ系の格安SIM業者と契約することです。キャリア別に見ていくと、ドコモ系の格安SIM業者が圧倒的に多いです。選択肢が多いため、より自分のスタイルにマッチする業者が見つかりやすいというメリットもあります。

24時間快適なデータ通信はできないかも

基本的に格安SIMを利用しても、大手キャリアと比較して決定的に使いづらさを感じることはないでしょう。ただし実際に格安スマホを持参して登山した人の体験談を見てみると、時間帯によってつながりにくくなることがあるといいます。

体験談をベースにすると、昼間の12~13時くらいと夜間の21時以降はネットワークの通信速度が遅くなるといいます。たとえば動画などを見ていると、スムーズに流れる時折途切れてしまうようです。昼間や夜間は、データ通信をする人が増えます。

通信が混雑してしまうので、その分速度がダウンしてしまうのです。そのダウンの度合いが大手キャリアと比較すると、格安SIMの方がちょっと顕著になるといいます。

しかし例えばネットを見るような、動画や音楽のような大容量通信しなければ、そこまで強いストレスを感じることもないでしょう。また先に紹介した時間帯を避けて通信すれば、ほぼ問題なくデータ通信できるはずです。

格安SIMでは、通信のメインはLTEになりつつあります。現在日本国内の山の中では、基本LTEを使用できないエリアはほとんどないというレベルにまで整備されています。ですから格安SIMでも、登山をしているときにあまり使い勝手を気にすることなく通信はできると思っておいていいでしょう。端末の周波数対応だけ注意すれば、問題はまずないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

来日する外国人や一時帰国する人のために成田空港の自動販売機で購入できるSIMカード情報

成田空港でプリペイドSIMカードが購入できる 出典:ntt.com 来日する外国 …

050+とは?プライベートでもビジネスでも役立つ定番のIP電話アプリ!従来の電話よりもかなりお得!

スマホを使っているとよく耳にするのか050+です。今や定番のIP通話アプリとして …

格安スマホのサービスで浸透しているSIMフリーについて詳しく解説

SIMロックとSIMフリー スマホや携帯電話、タブレットなどの通信端末は、端末を …

大手キャリアにはない・低速SIMとは何?メリットデメリットを紹介

高速通信だけじゃないスマホの通信モード LTEをはじめとして、主要キャリアのスマ …

格安SIMでテザリングする為に!設定のポイントや利用する上での注意点のまとめ

格安SIMを提供しているMVNOを利用している方でもテザリングを利用できます。そ …

旅行に行くときに重宝する!国際ローミングできる格安SIMオススメ3者とは?

海外旅行や出張をする時でもスマホが使える 海外旅行や海外出張を頻繁にするという人 …

格安スマホを紛失してしまった時はどうするか?4つのステップを紹介

目次1 とりあえず電話をかけてみよう2 見つからない場合には一時停止の処置をする …

便利でお得なおすすめのプランを提供する格安SIM事業者をご紹介します!

現在では大手携帯キャリア(docomo、au、Softbank)以外にも、様々な …

キャリア囲い込みの元凶・SIMロック解除の義務化に関する注意点とは

目次1 端末縛りから解放されるSIMロック解除2 SIMロック解除可能な端末と不 …

災害が発生!格安SIM利用者が安否の確認をとるためにはどうすればいいの?

メールや通話が難しくなる災害直後 東日本大震災や熊本での大地震をはじめとして、大 …