セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

格安SIMは圏外が多い?克服法はあるの?

   

圏外になってしまう…その理由は?

大手キャリアと比較して、かなり通信費を安くできる格安SIMが注目を集めています。格安SIMを購入して、スマホに入れて使おうと思ったところ圏外になってしまった…そのような悩みがネットでも紹介されています。実際機種によっては、電波の届くエリアが狭くなってしまうこともあります。都市部は大丈夫のはずですが、地方在住の方は少し気を付けた方が良いでしょう。

なぜこのようなことが起きるのか、それは周波数が関係しています。まず携帯電話は無線の電波を受信することで通話やデータ通信ができます。通話やデータのやり取りをするためには、チャンネルを合わせる必要があるわけです。テレビやラジオを視聴するために周波数を合わせるのと似たような感覚です。

大手キャリアを使っている場合、端末はそれぞれのキャリアから購入しています。このような端末はキャリアと調整しているので、そのキャリアの通信ができるように周波数を調整しています。しかし格安SIMを提供しているMVNOの場合、まず自社で端末を開発していない所が多いです。一部取り扱っている事業者もありますが、メーカーに周波数を調整してもらっているわけではないです。

例えばSIMフリースマホの中には、海外向けの端末をもとにしたものを提供しているケースもあります。このような端末に格安SIMカードを入れても、日本の周波数を完全に一致していないので通信できなくなる恐れも考えられます。

日本の通信事業者の持っている周波数の一部は海外では使われていないケースもあるので、圏外になってしまうこともありうるのです。

800MHz帯域に注目

現在のMVNOの大半は、NTTドコモの回線を利用しています。NTTドコモの場合注意しないといけないのは、800MHzの周波数です。この周波数は海外ではまず使われていないので、海外対応している端末を使っていると通信できない恐れがあります。

実は冒頭に紹介した「地方で圏外になる」というのは、この800MHzが関係しています。実はこの周波数帯は、電波が飛びやすいので広範囲を一気にカバーできるので地方などで適用されることが多いのです。

ちなみに自分の住んでいるエリアの周波数がどうかは、NTTドコモのホームページをチェックすれば分かります。800MHzだけに対応しているエリアをマップで一目で確認できます。もしエリアが該当しているのであれば、800MHzでも通話のできるSIMフリーのスマホを見つけてくる必要があります。

ガラケーと組み合わせる方法も

格安スマホを使ってみたところ、圏外になって通信できなくなった場合、NTTドコモのガラケーを使ってみる方法があります。ドコモの端末を使ってドコモの電波をつかみに行く感じでしょうか?

圏外になっている格安SIMカードを、NTTドコモのガラケー端末の中に挿入します。するとガラケーでは電波をつかむことができるかもしれません。イメージとしては、ドコモの電波をガラケーを使ってつかむ感覚をSIMカードに覚えさせる感じです。

そして電波を拾うことができたところで、今度はスマホ端末の中にSIMカードを挿入しましょう。そうすると、しっかり電波をつかめることもあります。中にはLTE通信も可能になって、データ通信も迅速に行えるようになるケースも見られます。

SIMカードですが、現在異なるサイズも3種類のものが出回っています。もしガラケーとスマホのSIMカードのサイズが異なるのであれば、変換アダプタが販売されているので、こちらでサイズの調整をしてみましょう。このように格安スマホの場合、圏外になってしまうケースもある点、対処法もある点は頭に入れておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

データ容量を温存できる!公衆無線通信できる格安SIMもある

目次公衆無線LANは活用しようNifMoで公衆無線通信をワイヤレスゲート楽天モバ …

大手キャリアの2年縛り…格安SIMには違約金は発生しないの?

目次コースによって異なる契約内容データ通信のみの場合音声通話も付けた場合契約期間 …

通話アプリとは?お金はかかる?スマホにひとつは入れておきたい通話アプリ基本のまとめ

スマホや携帯電話を使って通話するとそれなりの通話料が発生してしまいますよね。 キ …

格安SIM業者の中には実店舗のあるところもあり・スタッフと相談しながら契約できる

店舗を展開していてそこで契約できる場合も 格安SIMを使ってスマホの料金を安くし …

キャリア別・SIMの使い回しが出来るかどうかについて調べてみた

キャリアによって異なるSIMカードの使い回し 複数の端末を使いこなそうと思ってい …

格安SIMを利用するにあたって必要なAPN設定とは何か?どうやって設定するの?

端末にSIMカードを入れれば利用できる、わけではない 格安SIM業者に申し込みを …

タブレットのセット販売を行うお得な格安SIM事業者をご紹介します!

近年ではSIM通信サービスとスマートフォン本体のセット販売を行う格安SIM事業者 …

050+とは?プライベートでもビジネスでも役立つ定番のIP電話アプリ!従来の電話よりもかなりお得!

スマホを使っているとよく耳にするのか050+です。今や定番のIP通話アプリとして …

楽天モバイルはスマホを少しでもお得に利用したい、そんな人におすすめ!

楽天モバイルのサービス内容を完全解説   目次楽天モバイルは楽天グルー …

通話し放題のサービスを提供する格安SIM事業者をご紹介します!

現在大手携帯キャリア(docomo、au、Softbank)では定額通話かけ放題 …