セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

大手キャリアにはない・低速SIMとは何?メリットデメリットを紹介

   

高速通信だけじゃないスマホの通信モード

LTEをはじめとして、主要キャリアのスマホは高速通信を売りにしているものが多いです。高速通信でサクサクネットにアクセスしたいと思う人も多いでしょう。

一方格安SIM業者の中には、低速通信モードなるサービスを提供しているところもあります。文字通り、通信速度をわざと落とすモードのことです。おそらくどの主要な携帯キャリアでも採用していないサービスといえるでしょう。「早く通信出来た方が良いに決まっているのになぜわざわざ遅くする?」と疑問に感じる人もいるでしょう。

実はこの低速通信を活用することで、より快適にスマホを利用できるかもしれません。低速通信を利用するメリットもいろいろとあります。

高速通信容量をセーブできる

スマホの場合、高速データ通信できる容量の上限が決められています。大手携帯キャリアのように高速と低速の切り替えの出来ない場合、常にネットをしているときには高速データ通信を行います。ということはネットを利用すればするほど、どんどん高速データ通信の空き容量が少なくなります

もし高速データ通信の容量を一杯使ってしまうと、速度規制がかかります。するとそれ以降低速データ通信しかできなくなってしまいます。今まで何気に高速通信をしてきた人にとって、ストレスを感じるでしょう。

低速通信があるSIMの場合、データ通信速度の使い分けができるのがメリットです。ネットの通信ですが、高速でないと利用しづらいものもあれば、低速通信でも十分事足りるものもあります。

低速でも通信可能なサービスを利用する場合には低速を選択します。そして動画視聴など、本当に高速通信でないといけないものだけに限って高速データ通信に切り替えます。こうすれば、無駄に高速データ通信を浪費することがなくなります。結果的に速度規制のかかる可能性が低くなって、いつでも快適にスマホを利用できるわけです。

低速通信モードでネット利用

低速通信といいますが、どの程度のスピードになるか気になるところでしょう。一例としてmineoという格安SIM業者では、200Kbpsという低速通信モードを用意しています。この200Kbpsとはどのようなスピードなのでしょうか?

画像がたくさん登場してくるようなサイトを閲覧する場合には、なかなか画像が出てこないのでイライラするかもしれません。しかし例えば普通のサイトのようなテキスト系が中心のコンテンツであれば、特にイライラを覚えることなく利用できるはずです。掲示板サイトとかニュースアプリなどを利用するときには、200Kbps程度でも問題なく使いこなせるはずです。

ストーリーミング再生ですが、音声データのみであれば低速通信でも特に問題はないでしょう。例えば音楽を聴くとか、ネットラジオを利用するといった場合に関しては低速モードを利用しましょう。ストーリーミング再生とは再生中はデータ通信をずっと行っている状態ですから、通勤のたびに音楽を聴くなどしていると意外と容量を使ってしまいます。低速通信モードをうまく利用すれば、高速通信を温存できます。

LINEも低速通信でも、友達などと問題なくコミュニケーションが取れるでしょう。ただしたとえば画像とか動画を送受信する場合にはいずれもデータ容量が大きいので、高速通信を利用した方が良いでしょう。低速通信でやり取りしていると、いつまでたっても送受信が終わらない状態になってしまいます。

大容量のデータをやり取りできないのが、低速SIMのデメリットといえます。しかし高速通信を温存しながらいろいろな利用ができるのは、低速SIMの魅力といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIMを使っていたら容量オーバーしそう…速度制限がかからないための対策は?

目次速度制限が起こるかも使用可能な残りの容量を確認するバースト機能を活用する追加 …

壊れたので修理してほしい・プラン変更したい!格安SIMはどこに相談すればいいのか?

電話・メールなどのサポートが中心 携帯キャリアのスマホを所有していて、故障したと …

定額サービスを利用することができる格安SIM事業者をご紹介します!

近年ではスマートフォンの進化により、スマートフォンをインターネット端末として利用 …

格安スマホでしばしば紹介されるUQmobileって正直なところ使いやすいのか調査してみた

UQmobileは格安スマホとしてお得か? >>>詳しく知りたい方はコチラから! …

キャリア囲い込みの元凶・SIMロック解除の義務化に関する注意点とは

目次端末縛りから解放されるSIMロック解除SIMロック解除可能な端末と不可能な端 …

格安SIMの不満第1位は「通信速度が遅い」大手キャリアと比較してやっぱり劣るの?

格安SIMは通信速度が遅い?大手キャリアと比較してみました。 格安SIMは大手キ …

自分に合ったプランを選びたいという人には楽天モバイルの「コミコミプラン」をおすすめします!

現在は様々な事業者が格安SIMサービスの提供を行っていますので、ユーザーは利用目 …

格安スマホの解約をしたいSIMカードや端末の取り扱いはどうなるの?

格安SIM業者によって分かれる対応 格安SIM業者と契約したけれども、その後何ら …

タブレットのセット販売を行うお得な格安SIM事業者をご紹介します!

近年ではSIM通信サービスとスマートフォン本体のセット販売を行う格安SIM事業者 …

格安SIM事業者に申し込む際にはどの程度の初期費用が必要になるのでしょうか?

大手携帯キャリア(docomo、au、Softbank)から格安SIM事業者が提 …