セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

キャリア囲い込みの元凶・SIMロック解除の義務化に関する注意点とは

   

端末縛りから解放されるSIMロック解除

いままで携帯電話やスマホですが、自由に乗り換えることができない状態にありました。SIMロックといって、携帯端末に異なる事業者のSIMカードを入れても通話・通信できないような縛りがかけられていたからです。しかし2015年からSIMロック解除の義務化が始まりました。ユーザーが希望すれば、SIMロックを原則解除しなければならないというルールです。

SIMロック解除ができると、消費者にどのようなメリットが期待できるでしょうか?いちいち携帯端末を変えることなく、SIMだけを変えてしまえば他の携帯電話事業者の回線が利用できるようになります。結果、消費者にとっては選択肢が増えることになり、業界内の競争も激化します。結果的に低価格で高品質のサービスがより提供されやすくなるわけです。

しかしこのSIMロック解除の義務化ですが、どのような端末でも利用できるわけではないです。いろいろと制約もつけているので、それを理解した上で活用することが大事です。

SIMロック解除可能な端末と不可能な端末

SIMロック解除が義務化されましたが、すべての携帯端末で解除できるわけではありません。SIMロック解除の義務化が始まったのは、2015年5月1日からです。この2015年5月1日以降に発売された端末が対象となります。昔使っていた携帯端末に格安SIMカードを挿入しても、2015年5月1日以前の機種ではSIMロック解除できないのです。

ただし大手携帯キャリアの中では、NTTドコモは若干SIMロック解除への態度が異なります。実は2010年時からSIMロック解除に対して積極的な姿勢を見せていたからです。実際3000円支払えば、2015年5月1日より前に販売された端末でもSIMロック解除に対応してもらえる機種もあります。

もしNTTドコモの端末を持っていて処分に困っているのであれば、SIMロック解除に対応している機種かどうかが確認してみると良いでしょう。

一定期間経過しないと対処してもらえない

出は2015年5月1日以降販売されたモデルなら、無条件でSIMロック解除できるかというとそうでもありません。実は購入してから一定期間経過しないと、SIMロック解除ができない決まりになっています。端末を購入してから半年以上経過した端末でないと、SIMロック解除ができないルールになっています。これは総務省が2014年10月31日に発表した「SIMロック解除に関するガイドライン」の中でも明記されています。

なぜこのような期間の縛りを設けているかですが、端末入手にあたっての不正行為を防ぐことが目的です。スマホなどでは端末代の分割払いは珍しくないです。

たとえば分割払いで端末代を購入して、すぐに乗り換えて割賦代金を支払わないといったトラブルが起きる可能性も考えられます。このため、一定期間はSIMロックを総務省でも認めています。

SIMロック解除の申し込みはオンラインで

SIMロック解除の申し込みはキャリアのショップもしくはオンラインで手続きできます。しかしSIMロック解除をするのであれば、オンラインで申し込みするのがおすすめです。

店頭で解約申し込みをすると、3000円の手数料がかかってしまいます。一方オンラインでSIMロック解除の申し込みをした場合、無料で対応してもらえます。ただし今後携帯キャリアによって、SIMロック解除に対する対応も変わってくる可能性があります。SIMロック解除を希望するのであれば、まず契約しているキャリアのホームページなどで情報をチェックしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIM+モバイルルーターで固定回線の代わりになる基準って?

目次固定電話は必要ないかも月10GB以内であれば格安SIMで十分動画をたくさん視 …

ルーターのセット販売を行うお得な格安SIM事業者をご紹介します!

スマートフォンやタブレットでインターネットを利用する場合には、端末本体の通信機能 …

格安SIMの選び方の3つのポイントを紹介

データ通信量によって左右される月額料金 従来の携帯キャリアを使っているときと比較 …

待機電力て知ってましたか?意外と地味に積み重なるとデカイ電気の落とし穴

家電のほとんどは「待機電力」が必要となります。 これは、電源を入れた時にすぐに機 …

ハトのマークの引越しセンターはいくつかの引越し業者の連合体になります!特徴や口コミ・評判をチェック!

引越し会社の連合会であり、いくつかの組合により形成されるのがハトのマークの引越し …

固定回線の代わりになる!おすすめ格安SIMとSIMフリーモバイルルーターを紹介

テザリングをしても… 外でネット通信をして、仕事などの作業をするという人もいるで …

自分に合ったプランを選びたいという人には楽天モバイルの「コミコミプラン」をおすすめします!

現在は様々な事業者が格安SIMサービスの提供を行っていますので、ユーザーは利用目 …

災害が発生!格安SIM利用者が安否の確認をとるためにはどうすればいいの?

メールや通話が難しくなる災害直後 東日本大震災や熊本での大地震をはじめとして、大 …

格安SIMを購入するだけでは通信できない?利用までの流れを紹介

目次格安スマホを購入する前に本人確認書類クレジットカードMNP予約番号開通設定を …

日本で今一番契約数が多い格安SIM「OCNモバイルONE」とは

>> OCNモバイルONEの公式サイトを見てみる 出典:service.ocn. …