セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

キャリア別・SIMの使い回しが出来るかどうかについて調べてみた

   

キャリアによって異なるSIMカードの使い回し

複数の端末を使いこなそうと思っている人の中には、SIMカードを一つだけ入手してそれを使いまわす方法を検討している人もいるでしょう。結論から言うとSIMカードの使い回しができるかどうかは、携帯キャリアによって対応が異なります。

NTTドコモの場合

NTTドコモですが、機種のスタイルが異なると使い回しの出来ないことがあります。たとえば昔のFOMAカードをXi端末に挿入しても通話もパケット通信もできません。またドコモのUIMカードやminiUIMカードもXiの契約をしていないものであれば、Xi端末に入れても利用できないはずです。

しかしその逆は可能です。たとえばXi契約をしているSIMカードをFOMA端末に入れて利用できます。3G通信なども可能なはずです。

auの場合

auの場合注意しないといけないのは、契約時に挿入されたau ICカードしか使用できないというキャリア内ロックのかかっている機種が多い点です。つまり同じauのSIMカードであっても、別のau端末で使用するためにはこのキャリア内ロックを解除する必要があります。キャリア内ロックは解除できますが、ショップに行って手続きをし、この時手数料2100円を負担しなければなりません。

ちなみにキャリア内ロックのかかっていない機種もあります。具体的にはGALAXY S II WiMAX ISW11SCやOptimus X IS11LG、MOTOROLA RAZR、Xperia acro HD IS12S、iPhone 4Sなどに関してはロックがかかっていないので、auのSIMカードを使い回しにできます。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの特徴として押さえておきたいのは、料金体系ごとに異なるSIMカードを用意している点です。ですから同じ料金体系ならいいですが、違う料金体系の場合SIMカードの使い回しはできなくなります。具体的には3GケータイとAndroidスマホとかiPhoneとiPadの間で、SIMカードの使い回しはできないわけです。

ソフトバンクの場合、Android端末同士であればSIMカードの使い回しはできます。しかしNTTドコモのようにスマホに機種変更してから、3GケータイにスマホのSIMカードを挿入して通信することは不可能です。

SIM使い回しをする場合にはサイズに注意

格安SIM業者の提供しているSIMカードの場合、端末にSIMロック機能がかかっていなければ使い回しをすることも可能です。ただし使い回しをする場合、SIMカードのサイズに注意する必要があります。

SIMカードには、標準SIMとマイクロSIM、ナノSIMというサイズの異なる3つのカードがあります。一般的な傾向として古い端末は標準SIMでAndroid端末の場合マイクロSIM、そしてiPhoneを中心としてナノSIMの利用されていることが多いです。同じSIMカードを使っている端末で使いまわすのであれば問題ないですが、異なる端末で使いまわすには少し工夫が必要です。

現在携帯のアクセサリーとして、SIMアダプタがあります。ナノSIMやマイクロSIMに外枠をかぶせることで、より大きなSIMカードのサイズに対応できるようにするアイテムです。3種類のSIMカードとも、IC部分の大きさには違いがないですからアダプタをつけることで異なるサイズのSIMカードでも使い回しは可能です。

格安SIM業者の中には、途中でSIMカードのサイズ変更できるところもあります。ただし3000円程度の事務手数料がかかるので、アダプタ利用がおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMおすすめランキング


ドコモ、auの両方の回線を用意しているのはmineoだけ!これらのキャリアからmineoに乗り換えれば、面倒なSIMロック解除をしなくてもSIMを差し替えるだけですぐに格安SIMでスマホが使えるようになります。
→ mineoの公式サイトへ 公式サイトはこちら


プランが豊富でしかも安い!高速通信は一切使えないものの、月額525円でデータ通信ができる格安SIMは「スマホはSNSとかLineくらいしか使わない」という方にピッタリ!自宅にwifi環境がある人に是非オススメしたい格安SIMです。
→ 楽天モバイルの公式サイトへ 公式サイトはこちら


とにかく安い!格安SIMの中でも最安水準を保ち続けている「攻めの姿勢」とも取れる運営スタイルが高く評価されているDMM mobile。
値段が安い、にも関わらず通信品質が高いのは老舗MVNOの「IIJmio」のサービスを利用しているから。実効速度データなどをみても、IIJmioとほぼ同じスペックが計測されていることからも安心感に優れていると言えます。
→ DMM mobileの公式サイトへ 公式サイトはこちら

  関連記事

格安SIM事業者との契約を解約する場合には違約金の支払いが必要になるのでしょうか?

スマートフォンを利用する際には各種のお得な料金プランに申し込むことができるのです …

インターネットを利用する機会が多い人には使い放題プランを提供する格安SIM事業者がおすすめです!

スマートフォンで高速通信を利用したいのであれば、通信速度が速い格安SIM事業者に …

壊れたので修理してほしい・プラン変更したい!格安SIMはどこに相談すればいいのか?

電話・メールなどのサポートが中心 携帯キャリアのスマホを所有していて、故障したと …

ルーターのセット販売を行うお得な格安SIM事業者をご紹介します!

スマートフォンやタブレットでインターネットを利用する場合には、端末本体の通信機能 …

家族間の通話がお得になる家族割サービスを提供する格安SIM事業者をご紹介します!

通信量ごとに最適なプランが選べることや、比較的低料金で利用できることなどが、格安 …

格安SIM業者の中には実店舗のあるところもあり・スタッフと相談しながら契約できる

店舗を展開していてそこで契約できる場合も 格安SIMを使ってスマホの料金を安くし …

MVNO、格安SIMに乗り換える前にチェックしておきたい注意点まとめ

三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からMVNOの格安SIMに乗り換えを検 …

通話アプリとは?お金はかかる?スマホにひとつは入れておきたい通話アプリ基本のまとめ

スマホや携帯電話を使って通話するとそれなりの通話料が発生してしまいますよね。 キ …

業界最安値水準のDMMモバイルは格安SIMでお馴染みだけど実際のところどうなの?

他社が安いプランを出してもそれを上回る値下げ攻勢を仕掛けるのがDMMモバイルの最 …

格安SIMを使っていることは周りにバレるリスクはどの程度あるの?

外見に関して見分ける方法はなし 格安スマホといって、従来のスマホよりも激安料金で …