セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

流行りのネット収入労働って本当に稼げるの?メリットとデメリットとは?

   

副収入を得るためにネット収入労働を考えている方も多いと思います。

確かに、最近ではほとんどの方が何かしらの手段でネット収入労働による副収入を得ていると言われています。そこでここではメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

●ネット収入労働によるメリット

まずはメリットについて考えてみましょう。

・仕事の種類が豊富


副収入のためのネット収入労働には実に様々な仕事があります。つまり、自身にとってできるもの、できないものを選択しやすい、というのは大きなメリットではないでしょうか。例えば、ある程度文章を書くのは好きで、色々な情報を調べる能力があるならブログライターはオススメのネット収入労働だといえます。また、イラストレーターやフォトショップといった画像ソフトに関する知識やノウハウがあるなら、画像のレタッチやロゴを作成することもできますよね。

・好きな時間に取り組める

ネット収入労働の大半はノルマを設けていません。つまり、好きな時間に好きなだけ作業すれば良い、というメリットがあります。例えば土日は仕事が休みだけれど、ここで何か稼ぎたい、けれど自宅でできる仕事を探したい。そのような方にとってネット収入労働はベストな選択だと言えるでしょう。最初はノルマが明確に決められている、納期が決められている仕事を避けてみて、自分でできるかを見極めてみては。

・放っておいても稼げる手段がある

副収入の魅力は「時間をかけずに稼げること」もあります。要するに、放っておいても稼げる仕事が存在している、ということです。その代表例がアフィリエイトサイトではないでしょうか。ある程度アクセスが集められるホームページを作れば、サイトに張りつけておいたバナーから自然と報酬がもらえる、という仕組みになります。もちろん専門的な知識も多少は必要となってきますが、ネット上で調べられる範囲内。かなり大型な収益を目当てとしたサイトでなければ個人でも十分始められます。

・基本的に元手がかからない

全てのネット収入労働が該当するわけではありませんが、基本的に元手が必要ないものばかりです。ですので、手軽に始められるのは大きなポイントとなってくるのではないでしょうか。大体はパソコンとインターネット環境さえあればOKなのですが、携帯電話やスマートフォンだけでも十分な仕事もたくさんあります。

●ネット収入労働によるデメリット

次にネット収入労働によるデメリットについて考えていきます。メリットとのバランスを考えた上で慎重に検討していきましょう。

・時間をかければ稼げるとは限らない

ブログライターやメール内職のように「やったらやった分だけ稼げる」仕事もある一方で「どれだけやっても成果に比例しない」仕事もたくさんあります。これは事前によく検討しておくべきことです。

例えばアフィリエイトサイトの運営で考えてみましょう。1週間かけてじっくりと作り上げたサイトなのに全くアクセスが取れない、というのはよくある話です。また、最初の内は良かったけれど、次第に全く利益が上がらなくなった、というケースも多々あります。

このように、ネット収入労働は仕事の種類によっては時間と収入が比例しないことが多いです。ロゴやイラストなどのクリエイティブな仕事に関しては「コンペ系」の仕事も多い傾向にあります。コンペとはひとつの案件に対して複数人から提案し、選ばれた人だけが収入を得られ、というスタイルです。

ですので、ブログライターやメール内職などのように確実に稼げるネット収入労働を軸にして他の仕事を組み合わせるのが理想的です。

・確定申告の可能性

ネット収入労働で得たお金には納税義務が発生します。多くは雑所得として納税しなくてはなりません。つまり、確定申告をする必要が出てきます。

この確定申告が慣れないうちは非常に面倒。特に会社に所属していないのなら38万円まで、サラリーマンやアルバイトの人は20万円までなら確定申告は不要ですが、これを超える場合は税務署に申請して確定申告を行う義務が発生します。

・本業がおろそかになることも

誰かに指示されて仕事するよりも、のびのびと仕事ができる、やったらやった分だけ収入につながりやすい、ということもあって、副収入のために始めたはずのネット収入労働に力を入れすぎてしまう人が多々います。確かに悪いことではないのですが、それが原因で本業がおろそかになってしまうようだと考えものです。

始めたばかりの頃は色々と勉強することも多いですし、新しい知識が次々と身に付くのは楽しいものです。それが成果に繋がってくるとさらに面白くなってくる。これはネット収入労働だけに限った話ではありませんね。

次第に副業の方にのめりこんで本業が無くなり、結局トータルの稼ぎが少なくなってしまうようでは本末転倒です。ですので、まずは週末だけ、慣れてきたら平日の夜に決められた時間だけ作業する、といった風なルールを決めておくことをオススメします。これは副業に力を入れすぎてしまうのを防ぐだけでなく、何かとサボってしまいがちな作業に取り組むためのルールとしても有効です。

●まとめ

いかがでしょうか。大まかなネット収入におけるメリットとデメリットは以上のようなものが挙げられます。

多くの方はメリットに注目しがちですが、むしろ重要なのはデメリットの方だと思います。これらのメリットとデメリットのバランスをよく考えた上で、続けられるのか、それとも自身には難しいのかをきちんと判断していくことが楽しく続ける、そして稼ぐための重要なファクターとなってきます。

周囲の人で実践している方がいたらまずは仕事の内容だけでなく、メリットやデメリットについて相談してみるのも良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

始業時間も終業時間もない!自分のペースできちゃいます!楽ちん作業な上に自宅でしっかり稼げるシール貼り・ラベル貼りの内職

シール貼りは内職の定番のひとつ。単価はどうしても低くなりがちですが、単純作業なの …

アルバイト・パートで副業!スタンダードな収入アップのメリットやデメリットは?

手っ取り早く収入アップを目指すなら、副業としてアルバイト・パートをはじめるのが一 …

手芸・裁縫細かいことが得意な方には必見!内職で活かせるお仕事紹介します!

ミシンなどを使った、いわゆる手芸・縫製内職は単価が高く、スキルによって作業効率を …

Spinlisterってどんなサービスなの?人気の理由は?

Spinlisterというのは、自転車のシェアリングサービスです。 自転車を所有 …

空いた時間でガッチリ稼げてネット収入の強い味方なプログラミングで小遣い稼ぎしちゃおう!

プログラミング需要は年々高まり続けています。ITスキルを持つ人材は今でも重宝され …

字の達筆な人!宛名書きの内職で自宅で稼いで家計を助けよう

パソコンやスマホを使った連絡手段がメジャーになった昨今、ニーズが減ってきてはいる …

クラウドワークスはどんなサービスなの?お小遣い稼げるっていうけど月にどれくらい稼げる?

クラウドワークスというのは、オンライン上で仕事をマッチングする、というサービスで …

派遣会社で副業はあり?無し?向いている人は狙ってみるのも

副業といえば内職やバイト、パートのイメージが強いですが、副業として派遣社員を選び …

副業を始めたら支払う住民税は変わる?知っておきたい住民税のあれこれ

自身が籍を置く地方自治体に納めなくてはならない【住民税】。 これは前年度の所得に …

作って良し、解いて良しのクロスワードでプチお小遣い稼ぎ?!

クロスワードは幅広い年代の方々から親しまれているパズル。 脳トレとしても注目され …