セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

不器用な人でも簡単・気軽に始められて意外にハマる!ティッシュの広告入れの内職

   

内職作業はパソコンを使ったものにシフトしつつある現在ですが、不動の人気を誇るのが「ティッシュの広告入れ」です。

いまや手作業内職の王道。

●こんな人に向いている

・パソコンが苦手

ネットでの内職がほとんどとなってきた今、パソコンが苦手な人にとって内職しづらくなったように感じられるかもしれません。しかし、ティッシュの広告入れならパソコンを使う必要は一切ないので誰でも始められます。

・作業内容が簡単

ポケットティッシュの隙間に広告入れるだけの簡単作業なので、こなせる量がとても多いです。他の内職の場合だと、1セット完成させるのに3~5工程くらいかかるものが多く、それと比較して考えれば簡単で体力・集中力の消耗が少なく、続けやすいですね。

・小さな子供がいる家庭


ネジなどのパーツを取り扱う内職の場合だと、小さな子供がいる家庭ではちょっと心配ですよね。間違って飲み込んでしまったらそれだけで一大事。ですがティッシュの広告入れは誤飲の危険性がとても低いので安心して内職に取り組めます。

・ながら作業がしたい

ハッキリ言って慣れてくれば手元をみなくてもスイスイ作業できるようになります(たまに2枚広告を入れてしまったりしますが…)。ですので、テレビを見ながら作業している人も相当多いと思います。気軽に内職したい人にはぴったりですね。

●ここが注意点

・作業スペースの確保

ティッシュの広告入れは案件にもよりますが、送られてくるティッシュの量がとんでもなく多いことがほとんど。数千個単位、人によっては万を超えるティッシュが送られてくるわけですので、それ相応のスペースを確保しなくてはなりません。

・単価は低め

ティッシュの広告入れは単純作業で次々とこなせるのが魅力ではありますが、単価は他の内職と比べて結構低い部類に入ります。相場を見ると0.3円から高くても1円くらい。仮に1セット1円のティッシュの広告入れ内職だと1日に稼げる量は多くても5000円くらい、平均すると2000円くらいになるでしょうか。

・スキルが身につかない

他の内職は続けていくうちに何かしらかのスキルが身につくことが多いです。しかしティッシュの広告入れは残念ながらスキルや実績として活躍できないのが注意点。「根気強くコツコツと作業ができる」というアピールにはなります。

●まとめ

良くも悪くも単純作業なティッシュの広告入れ。単価が低いので人気は徐々に落ち込んではいますが、やはり「ながら作業ができる」「手のかかる小さい子供がいても作業しやすい」のはメリットになります。

業者によって単価に随分と差があるので、まずは単価が高く、継続して依頼してくれるところを探してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

手芸・裁縫細かいことが得意な方には必見!内職で活かせるお仕事紹介します!

目次ミシンなどを使った、いわゆる手芸・縫製内職は単価が高く、スキルによって作業効 …

スポーツで昔ならしていた人におすすめ!スポーツ審判員で小遣い稼ぎはいかが?

スポーツの審判員になるにはどうすれば良いの? 昔取った杵柄で副収入を得るのはいか …

文章を書くのが好きな人はコレ!ネット内職の決定版!文章作成でしっかりと稼ぐ

目次文章作成は今最も稼げる内職のひとつではないでしょうか。●こんな人におすすめ● …

細かいことって目をつぶりたくなっちゃう・・。本業以外から副収入を得たら確定申告をしなくてはならないの?

目次なかなか収入が増えない、給料アップが見込めない、今の仕事だけでは将来が心配。 …

時間との勝負?!地味だけど楽しい!袋詰の内職には何がある?そんな疑問にお応えします!

目次袋詰めの内職は今も昔も定番。●おもちゃの袋詰め●ネジの袋詰め●花火の袋詰め● …

手作業の内職てどんな仕事?自分にもできるかな?具体的な仕事や仕事内容について

目次手作業の内職は最もスタンダードなものであり、人気が高い傾向にあります。●検品 …

派遣会社で副業はあり?無し?向いている人は狙ってみるのも

目次副業といえば内職やバイト、パートのイメージが強いですが、副業として派遣社員を …

流行りのネット収入労働って本当に稼げるの?メリットとデメリットとは?

目次副収入を得るためにネット収入労働を考えている方も多いと思います。●ネット収入 …

副業を始めたら所得税はどうなる?課税される所得税のおさらい

本業のほかに副業を始めれば、当然所得総数は増えますよね。そこで気になるのが【所得 …

空いた時間でガッチリ稼げてネット収入の強い味方なプログラミングで小遣い稼ぎしちゃおう!

プログラミング需要は年々高まり続けています。ITスキルを持つ人材は今でも重宝され …