セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

海外でもし病気・怪我に見舞われたらどうしよう…?コレを読めば大丈夫!海外療養費制度を正しく理解しよう!

   

海外旅行や海外赴任の最中に、急な病気やケガなどでしかたなく現地の医療機関で診療等を受けることがあるかと思います。

でも、日本の健康保険が海外でも使えるのでしょうか。

日本の健康保険は、日本国内で治療を受けることを原則としてつくられているため、海外では使えません。そのため、海外現地で受けた治療は、海外旅行向けの保険に加入していないかぎりは全額自己負担となります。

ただし、海外療養費制度を利用すれば、現地で支払った治療費の一部払い戻しを受けとることができます。

海外療養費の払い戻し額

海外療養費は、原則として、日本で同様の医療を受けた場合にいくらくらいになるかを換算して算定されます。

そして、その算定された金額のほうが海外でじっさいに支払った額よりも下回る場合は、算定された金額から、そのうちの自己負担分(一般的に3割)を差し引いた金額(一般的に7割)が払い戻しされます。

具体例でいいますと、たとえば海外での治療費が12万円だったとします。それと同等の医療を日本で受けたとすると、日本国内では10万円として換算されました。

10万円のうちの3割が自己負担で、7割の7万円が払い戻されます。つまり、<日本国内での自己負担額3万円>プラス<海外と日本の医療費の差額である2万円>、合計5万円が患者負担ということになります。

逆に、日本で算定された金額のほうが海外での治療費よりも上回った場合は、海外でじっさいに支払った金額から自己負担分(一般的に3割)が差し引かれた金額(一般的に7割)が払い戻しされます。

具体的にいいますと、海外で病院にかかり6万円を支払ったとします。同様の医療を日本で受けると10万円という換算がされました。10万円の7割である7万円がもらえるかというと、そんなわけがありません。

それではかえって1万円得したことになってしまいます。この場合は10万円の7割ではなく、じっさいに支払った額(6万円)の7割、4万2千円の払い戻しになります。

ただし、健康保険は日本国内で使うことが原則であるため、治療目的の海外渡航には適用されません。また、日本国内においても適用対象外である自由医療についても支給されませんのでご注意ください。

 例)臓器移植、美容整形手術、人工授精施術、性転換手術など

  

申請方法

海外療養費の申請手続きには以下の提出書類が必要です。

1.療養費支給申請書
2.診療内容明細書
3.診療内容明細書の日本語訳
4.領収明細書
5.領収明細書の日本語訳
6.現地で支払った領収書の原本
7.海外渡航歴のわかるパスポートの写し

<注意>

海外療養費の申請は、海外で支払いをした日の翌日から数えて2年を経過すると申請できなくなってしまいます。

国外の医療機関とのやりとりになるため、保険者が求める必要書類には細かく厳しい制限などがつくことになります。詳しくはご加入されている保険者にお問い合わせください。

また、最近では、海外療養費の不正請求や、支給条件に満たないのに支給されていたりと、問題が多発していますので、審査が厳しくなることが予想されます。
必要書類は間違いなく用意し、記載事項などにも誤りのないよう注意しましょう。

海外旅行傷害保険という選択肢も

海外療養費というありがたい制度があることはたしかですが、しかし日本と比べると海外の医療費は必ずしも同等の費用とはかぎらず、驚くほど高額になってしまう可能性もあります。

また、海外の医療機関とのやりとりは非常に手間になりますので、手続きが面倒だったり払い戻しに時間がかかったりしてしまう可能性もあります。

そういう心配が残る場合には、任意の海外旅行傷害保険に加入しておくのもいいでしょう。

ほかの保険商品とひとくくりにして海外旅行保険と呼ぶ保険会社もあります。
病気やケガに関わる保険はもちろんのこと、賠償責任、持ち物の盗難、なにかあったときの家族の交通費など、いろいろなトラブルに対処してくれる保険が用意されています。

各リスクを総合的に補償してくれる商品もあれば、病気・ケガだけでいいというのであれば個別のバラ売りもあります。

海外旅行でのトラブルは意外と多いうえ、いざ自分の身に降りかかってきたときはたいへんな思いをされるはずです。


いざというとき信頼のおける保険会社に守ってもらえると思えば、多少の出費も安いものだといえるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

医療費の節約十カ条

突然に私達の家計を圧迫する医療費。 どうしても避けられないものですが、なるべく余 …

医療費控除をしっかり理解して家計を守りましょう!

確定申告をしよう 2月、3月は確定申告でみなさんがバタバタする時期です。 自営業 …

「風邪かな?」で大病院へ。ちょっと待った!それ、お金の無駄遣いです!!選定療養費について学ぼう!

「なんだか最近からだの調子がおかしい。ちょっと病院で診てもらおうかな―?」 そう …

お薬代の大幅節約!!ジェネリック医薬品を活用しない手はない!

「ジェネリック」――利用したことがない方でも、テレビCMなどで名前だけでも耳にし …

突然の大怪我や大病にも慌てないで!高額療養費を活用しよう!

もしも一カ月のあいだに高額の医療費がかかってしまったときには、高額療養費、自己負 …

Q「健康保険料、安くならないかな?」→A「残業しなければOK!」 どういうこと??知って得する、標準報酬月額のお話!

標準報酬月額という言葉を、一度はどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか? …