セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ウェルスナビの長期割は長く運用するほど手数料が割引される、国際分散投資にピッタリの手数料サービス

   

ウェルスナビを聞いたことのある人も多いでしょう。テレビ番組などのメディアでも広く取り上げられていて、知名度は高いです。2016年7月3日から一般公開された個人投資家向けのロボアドバイザーです。高い実績があり、例えばRISING EXPOグランプリを2016年受賞しました。

世界水準の金融アルゴリズムを提供しています。自動的に国際分散投資ができるので、投資初心者でも使いこなせます。このウェルスナビでこの度長期割と呼ばれるサービスをスタートさせました。長期割でお得に資産運用も可能です。

ここではこの長期割の仕組みについて詳しく紹介します。

「長期割」をスタート

ウェルスナビを利用するにあたって、手数料が発生します。長期割とはウェルスナビに投入する金額・継続期間に応じて、この手数料が割引になるサービスのことです。

長期割を利用するためには条件があります。

まず2018年1月からで口座に残高が50万円以上ある人が対象です。そして長期割が適用されるかどうか判定期間として、6か月間を要します。この間口座から出金のないことも条件となりますので注意しましょう。

もう一つ注意点として、公式サイト以外の他社経由での申込みは対象外になる点にも留意しましょう。ウェルスナビではSBI証券や住信SBIネット銀行などを利用したサービス提供を行っています。

もし

  • WealthNavi for SBI証券
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • WealthNavi for ANA
  • WealthNavi for ソニー銀行

を利用している場合、上の条件を満たしても長期割は適用されません。公式サイトで運用するのがよりお得になるのでおすすめですよ。

>> ウェルスナビの公式サイトへ

最大0.90%(年率)まで割引される

ウェルスナビの長期割では、資産運用の金額と継続期間に応じて手数料を割り引きます。通常ウェルスナビの手数料は1.0%です。これが最大0.1%割り引かれ、0.9%の手数料で取引ができるようになります

資産運用を検討している人の中には、中長期的なスパンで投資しようと思っている方もいるでしょう。長い目で資産運用を続ける場合、長期割で余計なコストをカットすることはメリットがあります。

計画的な資産形成を目指すにあたって、ウェルスナビの長期割は魅力的です。

資産運用開始後6カ月ごとに手数料の割引幅が拡大

ウェルスナビの長期割は、判定日の段階で口座に残高が50万円以上になった月を基準とします。この月から6か月間口座から出金がなかった場合に、割引になります。

長期割入金額 過去6カ月の出金有無 手数料の割引幅
50万円〜200万円未満 無し 0.01%(年率)
200万円以上 無し 0.02%(年率)

 
判定期間である6か月間の最終月の翌月から6か月間、手数料が割引です。またそこから6か月間出金がないと、さらに追加割引が適用されます。これが上限割引手数料率まで永続的に続くシステムです。
下図がそのイメージです。

割引率は口座に入れている金額によって異なります。50万円以上と200万円以上の2パターンがあります。50万円以上の場合0.01%・200万円以上は0.02%割り引かれます。

いずれのパターンでも、最大の割引率は0.1%です。よって50万円以上5年・200万円以上2年半で0.1%に到達します。そしていったん出金してしまうとそれまでの割引率に関係なく、通常である1%の手数料に戻ります

1%の手数料は出金した翌月から適用されますから注意しましょう。

図解で見る長期割適用例

ウェルスナビの長期割の仕組みを具体例で紹介しましょう。

【例1】をご覧ください。口座に50万円入金すると、長期割の対象です。50万円入金して一切出金することなく半年経過すると、0.01%手数料が割り引かれます

【例1】

出典:Wealthnavi

ところが運用開始から9か月経過したところで20万円出金すると、長期割の適用が翌月からなくなって10か月目から元の1%の手数料に戻ります。しかし「例1」の場合、10か月目で20万円を入金しています。すると残高が50万円となるので、長期割の対象に復帰します

この状態で6か月間出金しなければ、運用開始から16か月目で再び長期割が適用されます。よって0.01%割り引かれます。

下の【例2】も同じく50万円最初に入金したので、半年間出金がないと0.01%割引になります。そして次の半年間の中でさらに150万円入金しています。

【例2】

出典:Wealthnavi

もし半年間で出金が一度もなければ、また割引が適用されます。この場合、50万+150万円で口座残高が200万円になっています。ということで2回目の割引では200万円以上対象の0.02%が割引になります

このまま出金がなければ、半年経過するたびに0.02%ごと割引幅が追加されます。

まとめ

将来のことを考えて資産形成を検討している人もいるでしょう。その場合には短期的な変動に振り回されることなく、長期投資をするのがおすすめです。

ウェルスナビではうえで紹介したように、長く資産運用すればするほど手数料が割引になるシステムを採用しています。できるだけ余計なコストを負担しないことも効率的な資産形成に求められる条件です。

長期的・計画的な資産形成を目標にするなら、ウェルスナビを有効活用しましょう。

>> ウェルスナビの公式サイトへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ウェルスナビ(WealthNavi)の最新キャンペーン情報を集約しました!

ロボアドバイザーをご存知でしょうか?金融アルゴリズムを提供するロボットのことで、 …

副業に投資信託を選べば本業の邪魔をしない!仕事に打ち込みたい人にオススメ

人気の投資副業のひとつに【投資信託】があります。 これは、投資信託で集まった資産 …

THEO(テオの公式サイト)
THEO(テオ)の評判と実績&メリットとデメリットを投資家目線で徹底研究

今や預金をしているだけでは利子がほとんど付きませんね?老後のことも考えると資産運 …

投資信託の比較をする時には運用コストもしっかりチェック

プロのファンドマネージャーに自分の資金運用を任せられる投資信託ですが、運用をお願 …

自分のお金を託す投資信託は運用会社の良し悪しで商品選びすべし!

投資信託とは、プロのファンドマネージャーに自分の大事な資金を預けて運用をお願いす …

SBI証券の投資信託が支持されている理由を検討してみた

投資信託を購入するにあたって、銀行や証券会社などの販売金融機関で手続きをしないと …

投資信託自動積立のメリットと金融機関の3つの選び方のコツを紹介

投資信託の運用手法はいろいろとありますが、定額を定期的に購入する手法の投資信託自 …

投資信託は初心者向き?株式投資との違いで考えてみた

超低金利政策の続いている日本ではかつてのように、ただ単に預金をしているだけではな …

長期保有は有利?投資信託の保有期間はどのくらいのものがベストなのか?

投資信託には、それぞれに信託期間が決められています。 そもそも信託期間とはどうい …

投資信託で毎日積立できるのは2種類

資産運用をするに当たって、投資資金を大きくすれば、運用がうまくいった時の利益がよ …