セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

子どもが生まれたら大学に行かせることまで考えた貯金計画を立てましょう。

   

早めの計画と貯蓄で子どもの将来を明るくするためのコツ

子どもを一人育てるためには、大変かお金がかかります。
現代では大学への進学率も高く、大学に行かせる事を考えると高校を卒業して就職する場合に比べてはるかに出費も大きくなるでしょう。

ですから、子どもを大学に行かせる事を想定しながらの貯蓄計画を立てる必要があります。

 

【生まれる前から準備して良い】

 
以前は子どもが生まれてから学資保険に加入する形でしたが、今は妊娠中からでも加入できるようになりました。

学資保険は子供の入学だけでなく怪我や病気、親が亡くなった際の保証まで付いているタイプが多いので必ず加入しましょう。

時期としては早ければ早いほど良いです。

ある程度子どもが大きくなってから将来を考え加入したいと思っても、保険料が高くなりますので家計を圧迫します。
妊娠中、もしくは出産してすぐに加入しておくようにしましょう。

子どもが生まれてからの生活は家計も厳しくなりますが、入学に合わせて祝い金の出る学資保険に加入しているケースと、加入しておらずその都度家計費から捻出するのでは負担が違います。

 

【子供が小さい内がチャンス】

 
マイホームの購入を計画を立てたりするご家庭もあるようですが、そういった中でも子どもが小さいうちにどんどん貯蓄をしましょう。

保険だけではなく、定期預金や積み立てを活用していくのも良い方法になります。
小学校に入学し、高学年になると一気に教育費用も大きくなりますから、低学年までがチャンスと言えるでしょう。

幼稚園や保育園で私立に入ることになると、ここでも大きな出費となってしまうので、将来的な貯蓄額や現在の出費、優先度を考えて入園先を選ぶことも大切です。

低学年のうちは教育費用もさほど大きくありませんので、節約をしながら貯蓄に回すことを優先する方が良いでしょう。

 

【中学以降は出費ばかりとなる】

 
子供が小学校のうちは、家計がきつくても何とか少しずつ貯蓄をすることができますが、中学に上がると出費は一気に大きくなります。

ですから中学以降の出費の詳細を知り子どもを大学に行かせるための貯金計画を立てなければなりません。

何とかなるだろう、といった気持ちで乗り切れるものではありません。

中学から高校に上がる際には学校によって入学金や年間での授業料が違うので、平均ではなく比較的高いと言われる学校の費用を目安にすると良いです。

受験をするために塾に通わせることを考えた場合にも、夏期や冬期などには集中講習があり、ここではまとまった費用が必要です。

塾によって違いますが一度の講習で五万円前後は最低でも考えておくようにしましょう。

高校が私立の場合には年間で管理費用などが必要になるケースや、部活動での必要経費、更に学校によってはスポーツ部に対する協力金なども必要になるケースがあります。

更には大学受験に備えて予備校などに通う必要が出てくるので、そこでもお金が必要になるでしょう。

 

【大学に入ってからの出費】

 
無事に大学に入学したからといって、安心できるわけではありません。
大学への入学金、授業料があります。
四年生での平均は入学金として数十万前後、年間授業料は120万円前後を考えておきましょう。

私立の医科大学などになると、入学金だけでも100万円以上、年間授業料は200万円を軽く超えることもあり、6年制となるので、最低でも1500万円前後が必要になってきます

大学に通うためには

 

 
・定期などの通学費用
・毎日のお昼代
・一人暮らしをするのであれば仕送り
・一人暮らしのための住居確保
 

 
などの部分も考慮しなければなりません。
子どもがアルバイトをするケースであっても、やはり親としては全面的にフォローするつもりでいた方が良いでしょう。

 

【奨学金を上手に活用する】

 
大学への入学について、奨学金を利用する方法もあります。
ただし奨学金は基本的に返済が必要なものであり、親ではなく子ども本人への未来返済型融資ですから、ここで審査に通過できなければ利用出来ません。

また、入学してから審査結果が分かるケースが大半ですので、入学前の段階でまとまったお金を準備する際には間に合いません。

奨学金を活用するのであれば、給付型を選んだ方がメリットは大きく、返済の必要がありませんので精神的な負担も少ないですね。

ただ、こちらもタイミングとしては入学後になるケースが多いので事前に費用を確保しておかなくてはなりません。

 

【貯金が足りなければ借りるしか無い】

 
子どもを大学に行かせるための貯金計画を立てていても、予定外の出費が重なったりすると貯金だけでは足りなくなってしまうことがあります。

だからといって大学を諦めさせるというのは子どもの将来にとって良いことではありません。
何とかして大学に通わせるための最終手段としては融資を受ける方法になります。

融資先としては公庫、銀行、更に民間の消費者金融などになってきます。
自治体によっては行政で支援制度を設けていたりすることもあるので確認してみましょう。

特に公庫や銀行の教育ローンは金利が低く返済をする上での負担も少ないと言えます。

もちろん返済計画をしっかり立てた上で利用することになりますが、最終手段として意識しておくことも大切です。

 

【早めの準備ほど親子で安心できる】

 
上記のように、子どもを大学に行かせることを想定した上での貯金計画は、早いうちから始めることが重要だとお分かりになるでしょう。

可能な限り早めにコツコツと貯蓄を積み上げておくことで、預貯金だけでなく保険などの安心面が生まれます。
経済的に心配があると、親も余裕がなくなってしまうことがありますが、ある程度の余裕が持てれば素直に応援し、おおらかに見守ることが出来るでしょう。

子どもが経済面を気にして大学の選定をすることが無いように、親として出来るだけの計画性を持ち貯金を心掛けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

5年で100万円!無理なく貯金するための節約術

5年で100万円貯金するために1日548円貯める環境を作る 子供の教育資金だった …

公共の制度を利用して申請しないともらえないお金をゲットしよう

対象者と申請先をしっかり確認しよう   いろいろな制度を利用して節約し …

本多式4分の1貯金法をマスターして貯蓄体質を作り上げよう!

本多式4分の1貯金法はちょっとした心構えで自然と貯金ができるようになる! 貯金し …

アベノミクスで景気が回復!でも実感がわかないのはなぜ?

景気回復しても給料の上がらない4つの理由を紹介 アベノミクスで景気回復しても… …

日本人は仕事でも家庭でも満足できない?その理由は何?

家庭でもリラックスできない日本人が多い理由もチェック 世界的に見て仕事の満足度の …

3年で1000万円貯金するための節約・投資術

3年で1000万円貯金するために1日9133円貯める環境を作る 1000万円と言 …

先にとらわれずゆっくり10年間で1000万円を貯めてみる。

10年で1000万円貯金するために1日2740円貯める環境を作る 1000万円貯 …

じっくり派のあなたに10年コツコツ100万円の貯金をするやり方。

5年で100万円貯金するために1日274円貯める環境を作る 長期的なスパンでじっ …

景気と安保法案可決の関係性は?節約による影響は?

日本は長い間法律によってがんじがらめの状態になっていました。その法律によって身動 …

ゆったり5年のスパンで1000万円の貯金をはじめる。

5年で1000万円貯金するために1日5480円貯める環境を作る 1000万円とい …