セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

初めてのマイカー購入!自動車保険の選ぶ時のポイントを徹底解説

   

初めてマイカーを購入した人は、まず自賠責保険に加入しないといけません。

これは道路交通法で決められていることで、自賠責保険に加入していない自動車を公道で運転すれば法律違反になります。

ただし自賠責保険は交通事故で相手を死傷させてしまった時の補償だけです。自分自身や物に関する保障は一切ついていません。

そこでマイカーを運転するのであれば、任意保険といわれる自動車保険に加入すべきです。現在、いろいろな保険会社から自動車保険は販売されています。

その中でどの保険に加入すべきかについて、段階を追ってみていきましょう。

■保障内容を決めること

自動車保険探しに入る前に、保障内容をどうするか決めないといけません。

最近の自動車保険はオーダーメイド型になっていて、自分で補償金額などを自由に決められるようになっています。

主要な保障として、対人・対物賠償保険無保険車傷害保険、自損事故保険、人身傷害補償保険、搭乗者傷害保険、車両保険があります。

対人・対物賠償保険は、無制限とするのがセオリーです。過去の判例を見てみると、いずれも賠償金額が数億円に上ることも考えられます。

対物も店舗や商用車に突っ込んだ場合、利益損失の賠償も負わないといけないためです。

また有限と比較しても無制限がべらぼうに保険料も高いわけでもなく、無制限にしておいた方がいざというときに安心です。

無保険車傷害保険と自損事故保険に関しては自動車保険に加入すると、自動的に付帯してくるのが一般的なようです。

このため、あまり深く検討する必要はないでしょう。人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険に関しては、保障内容のかぶる部分があります。

このため、どちらか一方に加入した方が保険料節約効果も期待できます。

搭乗者傷害保険は自動付帯になって、人身傷害保険に加入すると自動的に外れるような商品も見受けられます。

自動車保険の保険料をなるべく節約したいと思っている人もいるはずです。その場合に重視したいのは、車両保険です。

自動車保険の保険料の中でも車両保険の保険料の占める割合がかなり大きいためです。

車両保険はその時々の自動車の価値で補償額が決まります。

中古車でかなり年月の経過している自動車であれば、保障内容が軽く保険料の安いエコノミー、かなり古い自動車なら車両保険を外す方法もあります。

ただし新車や外車のような価値の高い自動車であれば、手広く補償してくれる一般タイプの車両保険に多少保険料が高くても加入した方が良いです。

■見積もりを複数からとる

保障内容の決まったところで、自分の決めた条件で保険料がいくらになるか、見積もりをとりましょう

保険料の算出法は、保険会社によって独自に作っている基準をベースに決めます。このため、同じ保障内容でも保険会社により、保険料は異なります。

見積もりを取るにあたって、車検証が必要になりますから手元に置いておきましょう。

中にはまだ納車前の段階で、車検証が手元に届いていないケースもあるでしょう。

その場合ディーラーなど自動車を購入した店舗にお願いすれば車検証の発行された時点で、ファックスもしくはメールでコピーを送ってもらうことは可能です。こちらの手配も整えておきましょう。

保険会社のホームページでも見積りサービスを実施している所は多いです。

しかしいちいち個別のホームページを回って見積もりを取ると、面倒です。そこでおすすめなのが、自動車の一括見積りサービスです。

一括見積りサービスは、申し込みフォームに自動車情報を1回入力します。

すると複数の保険会社にその情報がもたらされ、皆さんの提出した条件で保険料がいくらになるのか、見積もってくれます。入力は1回きりのため、かかる時間も数分程度です。

そしてたいていの所で10社前後の保険会社の見積りを一斉にとれます。これだけの会社から見積りを集めれば、自分の条件でより保険料の安い自動車保険が見つかるはずです。

■見積りチェックの際の注意点

見積りが出そろったところで内容をチェックするのですが、中には保険料だけを見て高いか安いかだけで自動車保険を決める人もいます。

しかし見積書を見るときには、保障内容がどうなっているかを確認しましょう。

基本的に申し込みフォームで補償内容を指定しているので、それに即した見積りにはなっています。

しかし細かく情報を見てみると、保険会社によって微妙に内容が異なっているケースがあるのです。

具体的には、自動付帯の保険や特約が若干異なっている、ロードサービスの内容に違いが見られるといったことです。

このような内容の違いも確認して、自分の頭の中でいったんならしたところで各社の保険料の比較をすることです。

■まとめ

自分にマッチする、かつ無駄な保険料負担のない自動車保険に加入するには上で紹介したように、いくつかのステップを踏んで保険選びをすべきです。

対人・対物賠償保険を無制限にする、この部分さえ間違えないようにすれば、大きく的外れした保険を選ぶことはまずないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

生命保険見直し時期をつけること3つを公開

生命保険の見直しは定期的に行って、その時々の自分にマッチする保障内容に変更するこ …

がん保険選ぶ時のポイントは全部で5つだと思うべし!

医療保険の中でもがんに特化したがん保険に興味のある人は多いでしょう。 コマーシャ …

生命保険の見直しのタイミングはこの6つを意識せよ!

生命保険に加入するときに、インターネットの比較サイトなどを使って慎重に選んでいる …

節約中でも加入しやすい、節約効果の高い保険の選び方は?

家計を改善するためには、節約する、収入を増やす(投資などもこれに含まれる)のいず …

車両保険と免責金額、年齢条件や運転者限定条件、走行距離…自動車保険加入に当たって必要な知識を理解する

一昔前までは自動車保険というと、どこも似たような保障内容・保険料でどれでも一緒と …

医療保険に加入していればがん保険不要論を検証する・保険料を節約すべし?

テレビを見てみると、がん保険のコマーシャルをしばしば目にする人も多いでしょう。 …

ダイレクト型と代理店型・自動車保険を節約したいならどっちを選ぶ?

自動車保険に加入するにあたって、ダイレクト型と代理店型の2種類の保険のあることを …