セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ダイレクト型と代理店型・自動車保険を節約したいならどっちを選ぶ?

   

自動車保険に加入するにあたって、ダイレクト型代理店型の2種類の保険のあることを理解しておきましょう。

代理店型とは昔ながらの方式で、代理店を通じて保険会社と契約する方式です。ダイレクト型自動車保険はインターネットや電話を使って、保険会社と直接契約する方式です。

保険料を節約する意味で比較した場合、ダイレクト型の方が条件は有利です。

■代理店型の特徴

代理店に赴くなどして、実際に担当者と話をしながら保険を決めていく方式を取ります。

このため、もし自動車保険についてわからないことがあればプロのアドバイスを受けられるのが代理店型の特徴です。

しかも事務的手続きもすべて代行してくれるため、お客さんの負担は軽減されます。

代理店の中には保険を総合的に取り扱っているところもたくさんあります。このため、生命保険や医療保険も一気に決められるところも見られます。

■ダイレクト型の特徴

一方ダイレクト型の場合、インターネットや電話を使ってやり取りをしながら自分で自動車保険の保障内容を決めて契約する形式をとります。

相談や見積りなど、何度か担当者に聞きながら試行錯誤する形になります。見積もりを取って、納得できるプランをとことん見つけられます。

インターネットを使って手続きするため、店舗に出向く必要がありません。インターネットであれば24時間好きな時に手続きできるため、日中仕事などで忙しい人でも手軽に契約ができます。

■保険料節約ならダイレクト型自動車保険

代理店型とダイレクト型にはそれぞれに異なる特徴があります。

自動車保険選びに当たって、保険料をとにかく安くしたいと思っている人も多いでしょう。保険料を節約したいのなら、ダイレクト型の自動車保険にターゲットを絞った方が良いです。

ダイレクト型の自動車保険は押しなべて、保険料が代理店型と比較すると安めに設定されているからです。

なぜ保険料が安くなるのか、自動車保険の保険料の内訳について理解すればお分かりになるはずです。

保険料は純保険料と付加保険料という2種類によって構成されています。純保険料とは、保険金を契約者に支払うためにプールするためのお金です。

付加保険料とは、保険会社は企業の一つですから、利益を追求することも重要です。

そこで会社運営のための必要経費、広告費や人件費、店舗のコストといったものを付加保険料という形で契約者に負担してもらいます。

ダイレクト型の自動車保険は、代理店型のように店舗を持つ必要がありません

また人件費も代理店型ほどの大人数を必要としません。つまり付加保険料の部分のコストカットがより大きくできるわけです。結果、ダイレクト型はより安い保険料で商品提供できるわけです。

■保障内容は十分?

ダイレクト型の保険料は安いといわれると、「きちんとした保障が受けられるのか?」と不安に感じる人もいるでしょう。

しかし上で紹介したように、付加保険料のコストカットで保険料の安さを実現しています。

純保険料は代理店型とほとんど違いはありませんから、ダイレクト型は代理店型よりもサービスが悪いとは一概には言えません。

むしろダイレクト型の中には、代理店型よりも保障内容やロードサービスを充実させている商品も見受けられます。

代理店コストや手数料、人件費などをカットできる分、その余った資金をそちらのサービスに転用することも可能だからです。

主要なダイレクト型の自動車保険を見てみると、24時間・365日のロードサービスに対応しています。また個別のサービスを比較しても、代理店とそん色のない内容になっています。

■コールセンターのレベルも高い

ダイレクト型自動車保険の場合、見積もりや各種申し込み、問い合わせはインターネットもしくは電話ですべて行います。

電話でのやり取りは必要不可欠なコミュニケーションになるため、コールセンターに力を入れているところが多いです。

よってもしわからないことや保険について確認しておきたいことがあれば、気軽に問い合わせできます。しかも丁寧に回答を寄せてくれるため、納得して保険に加入できるでしょう。

インターネットを通じて保障内容を決めたり、見積もりを取ったりすることも可能です。その内容に関して納得できれば、その場で契約することも可能です。

■まとめ

保険料の節約を重視しているのであれば、上で紹介したことを踏まえるとダイレクト型自動車保険の方が有利といえます。

また実際の保障やロードサービスなど商品の質に関しても、代理店型と比較して決して見劣りはありません。このためダイレクト型の自動車保険に加入希望する人が増えています。

ただしデメリットのあることも理解しておきましょう。何度も紹介したように、インターネットや電話を使ってすべて自分で手続きしないといけない点です。

ある程度自動車保険に関する知識を持っていないと、保険内容を誤る可能性があります。もし専門家と一緒に確実な保障内容にしたいのなら、少し割高でも代理店型の利用を検討すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

生命保険の見直しのタイミングはこの6つを意識せよ!

生命保険に加入するときに、インターネットの比較サイトなどを使って慎重に選んでいる …

車両保険と免責金額、年齢条件や運転者限定条件、走行距離…自動車保険加入に当たって必要な知識を理解する

一昔前までは自動車保険というと、どこも似たような保障内容・保険料でどれでも一緒と …

生命保険見直し時期をつけること3つを公開

生命保険の見直しは定期的に行って、その時々の自分にマッチする保障内容に変更するこ …

節約中でも加入しやすい、節約効果の高い保険の選び方は?

家計を改善するためには、節約する、収入を増やす(投資などもこれに含まれる)のいず …

初めてのマイカー購入!自動車保険の選ぶ時のポイントを徹底解説

初めてマイカーを購入した人は、まず自賠責保険に加入しないといけません。 これは道 …

医療保険に加入していればがん保険不要論を検証する・保険料を節約すべし?

テレビを見てみると、がん保険のコマーシャルをしばしば目にする人も多いでしょう。 …

がん保険選ぶ時のポイントは全部で5つだと思うべし!

医療保険の中でもがんに特化したがん保険に興味のある人は多いでしょう。 コマーシャ …