セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

   

実は消費税増税よりも危ないのが円安

円安とは文字通り日本円が安くなることです。円安ドル高と表現されるように、基本的には対米ドルの為替レートで日本円が安くなることを指します。基本中の基本ですが、1ドル90円と1ドル110円では、円安は90円の方ではありません。なぜなら、90円で買えた1ドルが、円が弱くなったことで110円も出さないと買えないということだからです。

逆に言えば、例えばそれまで10万円だったブランドバックはドル表示では1000ドルだったとします。つまり1ドル100円ですね。これが円安になって110円になると、11万円になってしまいます。ブランドものを例にしましたが、実は私たちの生活の中でも円安が影響し、スーパーなどで買う食料や日用品が値上がりします

円安は貿易関係の問題ではなく、日本で円を使う人全員に関係があるのです。あるデータによれば円安は消費税増税よりも家計への負担を大きくするというのもあるほどなので、誰もが気にかけなければならない問題です。また、円安が過度に進んでしまうと物価が上がりすぎて日本円の価値を大きく上回ってしまう可能性があります。

例えば、小麦粉など輸入に頼っているものの値段が上がれば、小麦粉そのものだけでなくパンなどの派生する製品も値上がるので、インフレ率が激しすぎればいわゆるハイパーインフレになることも考えられ、日本円、というか日本経済が実質破綻します。

円安を自分には関係ないと思っている人は、その考えを改めなければなりません。円安傾向が今よりも強くなれば、ただお金を持っているだけだと損をする時代になります。円安は簡単に言えば日本の国力や経済が弱まることで起こるので対外的にも資産価値は減りますし、物価上昇で支出も大きくなって負担が増加します。

よって、ただ銀行に預けているだけではなく、株式や不動産に投資したり、外貨を所持したりなど、自身の保有する資産価値を減らさないように運用を考えなければならなくなります。これからは大きな円安に備えて自己防衛を強いられる時代となっているのです。

円安は今後も続くのか?

そうなると円安ではなく円高になった方がいいかと思うでしょう。もちろん、円高になればそれにもメリット・デメリットが出てくるのですが、現状では今後も日本の円安は続くと見られています。その要因はいくつもありますが、まずひとつに国の借金問題があります。借金は1000兆円とされ、日本の財政問題は今に始まったことではないですが、ご存知のように大赤字です。大雑把にいえば、日本は50兆円の税収しかないのに100兆円も支出があります。

毎年50兆円もの赤字を生んでいるのです。一応日本には1500兆円に近いほどの金融資産があるとも言われていますが、先ほども説明したように円安では資産が自動的に目減りしていくわけですから危ないですし、実際に貯蓄率も落ちています。同時に貿易収支もよくありません。

もうひとつ、円安の要因を挙げるとすれば日本が超高齢化社会へ突入しているというのもあります。日本はアジアの他国と比べると社会福祉が充実していますが、それはイコール財政支出にもなります。そして、高齢化社会では社会福祉費用がさらにかかってきます。

これらを解決するには労働人口が増加し、税収アップが必須です。しかし、労働人口を増やすには出生率を上げる必要があります。ところが高齢化社会では若者が結婚するほどの収入もなく、子どもも生まれません。つまり悪循環です。人口問題も実は経済に密接しており、よって、今後もしばらくは日本の赤字は続くいうことです。

さらに日本は近隣諸国との緊張も高まっていて、大きなトラブルを起こす火種を抱えています。金利政策などで政府や日銀も景気回復の努力をしていますが、昨今は教科書通りに金融市場が動かないという問題も抱えています。今、我々ができることは個人的に資産を守る努力をすることです。生活費の節約というのも大切ですし、株式投資などで攻めの運用も必須です。それはごく普通に生活してきた一般の人も同じ。そんな時代になっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

金利変動が株式投資と節約術に与える密接な関係とは?

金利はつまり10年物の国債金利などの長期金利 一般的な生活において節約というのは …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。 これに …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

外国株式投資における為替リスクとヘッジを確認しよう

証券会社によっては「外国株式投資」を用意しているところもあります。 例えばワール …