セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

   

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。

これによって、パソコン環境下でなくても株のやりとりができるようになっています。手持ちのスマホに株価アプリを入れれば、通勤時間、外出中、仕事の空き時間など一部もどこでも株に関する情報収集、そして取引ができるようになります。今回は株価アプリの選び方から活用術、オススメの株価アプリを紹介していきます。

株価アプリで何ができる?

まずは株価アプリをスマホにインストールするメリットから考えていきたいと思います。

株の取引ができる

各証券会社からリリースされている株価アプリにはほとんどが注文機能が搭載されています。各株価アプリによって様々な注文方法が用意されており、「通常」「逆指値」「板注文」といったものが代表的です。自分が取引したい銘柄を選択し、後は注文ボタンをタップするだけで簡単に取引できます。

銘柄情報がリアルタイムで見れる

パソコンと同じように、株価アプリを利用すればそれぞれの銘柄情報をリアルタイムで参照することができます。高機能なスマホの機能をフルに活かして、パソコンと同じくらいの情報量を取得できます。

高性能チャート

各アプリによって性能は異なりますが、パソコン並みに豊富なチャット機能を搭載しているものもたくさんあります。例えばカブドットコム証券が提供している「kabu smart」は26種類もテクニカルチャートが搭載されています。

マーケティング情報もチェック

株の取引で欠かせない情報コンテンツのひとつに「マーケティング情報」が挙げられます。例えば各種指標、ニュース、為替レートといったものをリアルタイムで確認できます。

基本的にはこれらの機能が搭載されていますが、高性能な株価アプリならパソコンとほぼ同じことが手元のスマートフォンでできます。またパソコンとは違って直感的に操作できるようにデザインされていることが多く、これから株式投資を始めようと思っている人にとっても使い勝手が良いものだと感じられるのではないでしょうか。

株価アプリでチェックしたいポイント

どの株価アプリを利用するべきなのか悩んでいる方は次のようなポイントをチェックしてみてください。

対応している取引の種類

現物株、信用取引はもちろん、どのような取引方法に対応しているのか。もちろん多い方が使い勝手が良いでしょう。

注文機能

先述した通り株価アプリによって豊富な注文機能が搭載されています。自分が使いたいと思える注文機能があるか確認してみましょう。

個別銘柄情報

各銘柄に関する詳しい情報が取得できるかどうかは必ず確認しておきたいポイントです。

株価チャート

テクニカルチャートをはじめ、どのようなチャート機能が搭載されているのかチェックしておきます。

マーケティング情報

海外指標、為替の表示、さらには更新頻度に至るまでマーケティング情報に強いスマホアプリほど使い勝手が良いでしょう。

ランキング

ほとんどの株価アプリにはランキング機能が搭載されています。どういった種類のランキングが用意されているのか確認してみましょう。

パソコンとの連動

外出中は株価アプリを利用するとして、自宅にいるときはパソコンで取引したい、という方はかなり多いです。銘柄登録をはじめとしたパソコンサイト、パソコンアプリとの連動ができるか否かは必ず確認しておきましょう。

入出金

アプリから入出金の操作、口座情報の閲覧ができるか。これができるのとできないのとでは使い勝手に大きな差がでてきます。

その他

その他に自分が使いやすいようにカスタマイズできるか、画面の見やすさはどうかなど使い勝手に関する面もあわせてチェックしておきたいところです。

オススメの株価アプリ

松井証券:株touch

定番の証券会社である松井証券から提供されている株価アプリです。ほぼリアルタイムで自動更新される株価ボードを搭載しているのが最大の強みです。また約定をスムーズにお知らせしてくれる約定Push通知機能がとても便利。

楽天証券:iSPEED

テクニカルチャートの種類が非常に豊富で、全14種類が搭載されています。また非常に細かい情報の確認が可能で、四季報、株主優待といった情報まで閲覧可能です。チャートによる分析を中心に取引をしていきたい方のメインアプリとしてオススメ。

エイチ・エス証券:スマ株

非常に分かりやすい、直感的な操作が魅力の株価アプリです。これから株式投資を始める方、普段はパソコンでしか取引をしていない方の入門アプリとして最適だと思います。便利なメモ帳機能も。

カブドットコム証券:kabu smart for iPhone/Android

26種類ものテクニカルチャートを搭載している、銘柄の分析を重要視している方に絶対的にオススメしたい株価アプリです。ちなみに「みんかぶリサーチ」と連携しています。

まとめ
どれも同じように感じられる株価アプリですが、搭載されている機能やデザインなどにかなりの違いがあります。もちろん「情報が見れてチャートが使えて、取引ができればそれで良い」という方にとってはどれでも良いでしょう。
しかし、細かい情報閲覧やチャート分析にこだわった株式投資を行いたいなら株価アプリにこだわるのは大切だと思います。

と言っても、結局のところ自身が普段使っている証券会社のアプリに落ち着くことになるでしょうから、取引手数料が安いネット証券会社だったり、独自のサービスを提供しているところのものを利用することになると思います。

アプリが使いやすいからこの証券会社を選びたい、というのは手数料などコストの面でネックになる可能性もあるのでこのあたりのバランスはきちんと取っていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …

副業の味方、株取引は本当に稼げる?

副業の代名詞ともいえるほど株取引は一般的に用いられています。 いわゆる、投資系副 …

子供(未成年)でも口座開設できる証券会社は?必要書類なども併せて確認してみよう

証券会社に口座開設して株式投資などを行うのは社会人になってから、というイメージが …

住宅ローンなどを節約するために繰り上げ返済をするのは本当に効果的?

まず繰り上げ返済の効果を知っておこう! 住宅ローンなど、高額な買いものでローンを …

東京オリンピックに向けてスポーツ株で儲けよう!

合わせてNISAも活用すれば税金対策もバッチリ! 2020年に東京オリンピックと …