セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

   

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になります。

こちらは株式投資の大本である証券取引所が設けたルールに従って提供されているものです。

そして各証券会社が設けたルールに従って投資家が利用する信用取引が「一般信用取引」になります。それでは、一般信用取引の特徴やメリット、デメリットなどをチェックしてみましょう。

一般信用取引の特徴

それでは一般信用取引と制度信用取引を比較しながら特徴を確認していきましょう。

対象銘柄が多い

制度信用取引の場合、各取引所が選定した銘柄だけが対象となっています。しかし、一般信用取引の場合だとほぼ全ての銘柄が取引の対象となっているので、自由度が非常に高くなっています。

選べる銘柄が多い、というのはチャンスが広がることに間違いありませんが、その分リスクも考えなくてはなりません。というのも、制度信用取引なら取引所が「この銘柄は大丈夫そう」と厳選した物を取り扱っているわけですが、一般信用取引の場合はこのような「お墨付き」がないわけです。そのため自身でしっかりと銘柄を吟味しなくてはなりません。

返済期限の自由度が高い

制度信用取引は6ヶ月以内に返済しなくてはならない、という明確なルールが決められています。これはどの証券会社を利用していても同じです。しかし、一般信用取引は返済期限を自由に各証券会社が設定することができます。ですので、6ヶ月以上の長期保有のチャンスもあるわけです。証券会社によっては無期限にしているところも。おおむね3年~無期限くらいに設定されていることが多いようです。

金利が少し高い

一般信用取引は金利が少し高い傾向にあります。これには理由があって、各証券会社が取引所から株を借りる際に発生する金利に上乗せしているから。そうでないと証券会社は利益が得られません。大体一般信用の方が1%前後高い傾向にあります。

逆日歩のリスクは無い

制度信用取引で要注意なのは逆日歩の存在です。これは売り建てが増えたときに起こるもので、証券会社が株を用意できないときに他から借りてきて、そこで発生する費用を投資家に負担してもらう、というものです。しかし一般信用の場合は逆日歩は起こらないので、この手のリスクに関しては安心して大丈夫です。

新規売りができない

制度信用取引の場合「新規売り」ができます。これは株価が下落することを予想して売りから入る、というものです。

つまりあらゆる状況で利益が得られるチャンスがある、といえます。しかし残念ながら一般信用取引のほとんどは新規売りに対応していません。

新規公開銘柄(IP O)がすぐに取引できる

制度信用取引では新規公開銘柄の取引は取引所がIPOを選定して初めて取引できるようになります。そのためしばらく時間がかかってしまうのがネックです。
しかし、一般信用取引は上場初日から取引ができます。この点は一般信用取引の大きな強みだと言えるでしょう。

まとめ
制度信用取引と比較してあまりメリットがないと言われがちな一般信用取引ですが、一般信用取引でないとできないような取引方法もたくさんあります。

一般信用取引は次のような方にオススメです。

・新規公開銘柄の取引をすぐにしたい
・返済期限の長さを活かした取引をしたい
・制度信用取引では取り扱っていない銘柄を使った取引がしたい

といった具合でしょうか。

どうしても金利が若干高いので、保有コストがかかってしまうのがネックではありますが、ある程度信用取引そのものに慣れてきたら一般信用取引の活用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

東京オリンピックに向けてスポーツ株で儲けよう!

合わせてNISAも活用すれば税金対策もバッチリ! 2020年に東京オリンピックと …

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。 …

中国経済の失速で影響を受ける日本経済と日本人の生活

日本のビジネスモデルが正しいのかどうか問われている 中国の経済が著しく成長してい …

子供(未成年)でも口座開設できる証券会社は?必要書類なども併せて確認してみよう

証券会社に口座開設して株式投資などを行うのは社会人になってから、というイメージが …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。 もしかすると「この銘柄は別に欲しくは …

史上最大の株式大暴落「ブラックマンデー」について振り返ってみよう

これから株式投資を始めよう!と思っている人は当然利益を期待しての行動でしょう。 …

株価下落時も収益のチャンス!信用取引の「空売り」をマスターしよう

株式投資について色々と情報を集めていると必ず目にするキーワードとして「空売り」が …