セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ハイリスクハイリターン?株の信用取引の内容やメリット・デメリットを把握しよう

   

株式投資は比較的ハイリスク・ハイリターンな資産運用のひとつだと言われています。

しかし、手堅い運用をすればそこまでリスクを負うことなく、ほどほどのリターンが得られます。

それでももっと株式投資で大きく稼ぎたい、という人のために「信用取引」という手法が用意されています。ここでは信用取引について紹介していきたいと思います。

信用取引とは何だろう?

信用取引は簡単に説明すると「自身が持っている資金以上の株式投資ができる」というものです。

投資家が現在持っている資金や株式を担保にし、これを基にして証券会社からお金を借ります。そしてその借りたお金でさらなる投資を行って大きな利益を目指していく、というものです。

信用取引の「信用」は自分自身にかかる「信用」ということになります。FXをやっている人なら「レバレッジ」と同じようなものだと認識すると分かりやすいかもしれません。

信用取引のメリット

信用取引を利用するメリットは以下の2つに集約されます。基本的には収益のチャンスが増えるのがメリットです。

より大きな取引ができる

一般的な株式投資の手法は「現物取引」と呼ばれるものです。これは自分が持っている資金の範囲内で取引をする、というものですので、限られた範囲内(自己資金内)でのリスクとリターンしか発生しません。

しかし信用取引を使えば最大で3倍の取引ができるようになります。例えば50万円の資金を持っている人は、現物取引の場合だと50万円分までしか取引ができませんが、信用取引ならその3倍になる150万円分までの取引ができるようになります。もし上手く取引が進めば、利益が3倍になる、ということですね。

空売りができる

信用取引では「空売り」という手法がとれるようになります。これは株価が下がっている時でも利益が得られる、というものです。

一般的な株取引の場合、株価が安い時に買って株価が高くなったときに売る、そしてその差額が利益になる。しかし空売りはその逆になります。

具体的には、証券会社から株を借りて、それを市場で売ります。これが空売りです。しばらくたって株価が下がったときに売却した分の株を買い戻し、その株は証券会社に返却します。そこで生じた差額が利益となります。

例えば株価100円の銘柄を証券会社から100株借ります。この時点で1万円の利益に。それを市場に売却します。しばらくして株価90円に下がった時、証券会社から100株借りているので100株分買い戻します。この時点で必要な資金は9000円です。あとは買い戻した株は証券会社に戻します。すると、手元に1000円残ることになります。つまり1000円分の利益になった、ということですね。

少し分かりにくいシステムかもしれませんが、空売りができることでどのような局面でも利益に繋げられる可能性が出てきます。

信用取引のデメリット

信用取引を上手く使えば収益のチャンスを大幅に増やすことができますが、いくつか覚えておかなくてはならないデメリット、注意点があります。確認してみましょう。

金利がかかる

信用取引は証券会社から「資金や株を借りる」取引です。借りたものには「金利」をつけて返すのが鉄則。つまり、信用取引を利用した場合…

取引手数料+金利

で支払う必要が出てきます。信用取引を使って利益の拡大を目指す場合は、金利が余計にかかってくることを頭の中に入れておく必要があるでしょう。

返済期間がある

ほとんどの信用取引は6ヶ月以内に借りたものを返すことが原則となっています。ただ最近では特に返済期間を設けていない信用取引も登場し始めています。

追い証のリスク

追い証は信用取引における最大のリスクであり、デメリットだと言えるでしょう。

信用取引では担保を預けて、これを基にして株や資金を借りることができます。担保として入れられるのは保有株、現金のいずれか。ほとんどの証券会社は委託保証金率30%が目安となっているようです。

例えば、信用取引で300万円分の株を購入のなら、300万円×30%=90万円の担保が必要になります。

株価というのは日々変動し続けています。担保に入れた保有株が90万円に満たないものになってしまった場合、あるいは信用取引で買った株の株価が急激に下がった場合、当然担保を追加しなくてはなりません。追加で保証金を出さなくてはならない。これが「追い証」です。

追い証が発生した時は翌々営業日までに担保を追加しなくてはなりません。もしもこれを用意できなかった場合保有している株式などが自動的に売却されてしまいます。

極端な株価の上下が起こってしまうと、その分だけ追い証のリスクは高くなってしまい、場合によっては破産してしまうこともあります。そこまで極端に株価が上がったり下がったりすることは無いだろう、と甘く見ている人もたくさんいるようですが、いつ何が起こるか分らないのが株の世界でもあります。

ですので、信用取引を行う際には「委託保証金率」に細心の注意を払い続ける必要かけてくるわけです。

まとめ
今回は大まかな信用取引についての紹介でしたが、あまり株式投資に慣れていない方からすると複雑に感じられる話かもしれませんね。慣れていないうちから信用取引を行うのはオススメしかねます。リターンは間違いなく大きいのですが、その分だけリスクも増大してしまうからです。

ということで、信用取引を行う際には、まずは現物取引(一般的な株式取引)である程度取引に慣れてから、そしてリスク管理がしっかりとできるようになってから検討するべきでしょう。

リスク管理さえきちんとできるように慣れば、信用取引は決して恐ろしいものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

国が破綻することはないという常識はなくなった現代 借金が1000兆円もあり、もは …

副業の味方、株取引は本当に稼げる?

副業の代名詞ともいえるほど株取引は一般的に用いられています。 いわゆる、投資系副 …

東京オリンピックに向けてスポーツ株で儲けよう!

合わせてNISAも活用すれば税金対策もバッチリ! 2020年に東京オリンピックと …

株主優待をピンポイントで狙う!クロス取引(タダ取り)について勉強しよう

株式投資の魅力のひとつである「株主優待」。 もしかすると「この銘柄は別に欲しくは …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

住宅ローンなどを節約するために繰り上げ返済をするのは本当に効果的?

まず繰り上げ返済の効果を知っておこう! 住宅ローンなど、高額な買いものでローンを …

外国株式投資における為替リスクとヘッジを確認しよう

証券会社によっては「外国株式投資」を用意しているところもあります。 例えばワール …

中国経済の失速で影響を受ける日本経済と日本人の生活

日本のビジネスモデルが正しいのかどうか問われている 中国の経済が著しく成長してい …

一般信用取引とは何だろう?メリットやデメリットについてチェック

信用取引には2種類あり、一般的に信用取引と呼ばれているのは「制度信用取引」になり …