セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

子供(未成年)でも口座開設できる証券会社は?必要書類なども併せて確認してみよう

   

証券会社に口座開設して株式投資などを行うのは社会人になってから、というイメージが強いですが、最近になって新しい流れができつつあります。

それは子供(未成年)のうちから投資について学ぶ、というものです。もちろん、保護者が、子供が将来使えるようにという意味で口座を作っておきたい、というパターンもあるでしょう。

ということで今回は子供でも口座開設できる証券会社や、必要となるものなどを確認していきましょう。

(※ちなみに、豆知識として…未成年というのは20歳未満の人のことを言います。しかし、証券会社の口座開設の場合は未成年であっても既婚者なら成人扱いになります。)

■子供でも口座開設できる証券会社

最近では続々と子供(未成年)でも口座開設できる証券会社が増えてきています。

現在確認できるのは以下の通り。なお、新しく対応し始める証券会社も出てくるでしょうから、気になるところがあったら公式ホームページなどで確認することをオススメします。

●マネックス証券

現物取引など親権者の責任下で取引できます。ただし、信用取引、FXに関しては不可です。ちなみに子供が通学中でも取引してくれる自動売買ツールも充実しているのが特徴です。

●SBI証券

未成年口座の開設が可能です。15歳未満の場合親権者または後見人が主体となり、15歳以上なら本人または親権者が主体となって取引できます。夜間取引もできるので、学校から帰ってきてリアルタイム取引ができるのが魅力。

●松井証券

資産や取引に関しては親権者の責任下で管理することになります。10万円まで取引手数料が無料なので、この点が他の証券会社よりも優れている部分です。

●カブドットコム証券

取引に関しては親権者の責任下で管理することが前提で子供の口座開設を認めています。1株からでも取引ができる「プチ株」を用意しているので、そちらで株式投資の勉強をさせたい、という保護者の声が多いです。

●楽天証券

15歳未満の場合は親権者、もしくは後見人が主体となって、15歳以上の場合は子供本人が取引できるようになります。何といっても楽天スーパーポイントを貯めながら取引できるのが魅力です。

■未成年口座の開設に必要なものは?

それでは証券会社の未成年口座を開設する際に提出しなくてはならないものをチェックしてみましょう。

・親権者の同意書
こちらはそれぞれの証券会社が用意しています。資料請求と一緒に送られてくるケースがほとんどです。

・親権者の本人確認書類
こちらは一般的には運転免許証やパスポート、住基カードなどの写しが認められています。証券会社によっては口座開設する子供本人の本人確認書類も提出しなくてはなりません。

・続柄が分かる書類
未成年者と親権者の続柄が分かる書類として住民票だったり、母子健康手帳などの提出が求められます。

・親権者も口座が必要
未成年口座を開設する場合、親権者が口座を持っていることが前提であることがほとんどです。もちろん、持っていない場合は子供の口座と一緒に開設することになります。

■まとめ

証券会社の子供に対する口座開設は今後どんどん広まっていくことが考えられます。

特に年齢制限を設けておらず、赤ちゃんだったとしても口座開設ができるくらいですので。

やはり子供の将来のための資産運用として、あるいは株主優待、IPO(新規登録株)の抽選確率を上げるために開設する人がほとんどのようです。

もちろん子供本人の株式投資の勉強のために開設するケースも多いです。

なおここではあまり深く紹介しませんでしたが、未成年口座を開設して保護者のお金を入金した場合「贈与税」がかかってきます。年間110万円までなら非課税なので、忘れないようにしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

なかなか見れない絶景の夜景は株主優待で サノヤスHD

妻の喜ぶ顔が見たいなら…サノヤスHDの株を買おう 造船業で有名なサノヤスホールデ …

金利の変動が負担に?「金利リスク」について考える

投資におけるリスクには色々なものがありますがそのひとつとして「金利リスク」が挙げ …

収入保障保険で節約しながら残された家族を守る!

シンプルな保険ゆえに保険料が安い! いくら節約をしなければならないと言っても、削 …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

マイナス金利の時代だからこそ、国際分散投資でリスクヘッジ!

日本国内で資産運用をしている時代じゃない! 金利が下がると株価が上がる。 株式投 …

株式投資には価格変動リスクがある!リスクと同時にリターンとなる可能性も

証券会社を通じて、株式投資を行う場合、注意しておきたい市場リスクのひとつに「価格 …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

株価の値下がりを気にしないで株主優待ゲット!つなぎ売りのやり方をマスターしよう!

株式投資の魅力である「株主優待」。 銘柄自体はそこまで魅力的ではないけれど、株主 …

株式投資には「市場リスク」がつきもの!どう向き合ってどのように対策するか

「株式投資はギャンブルだ」という人もいます。 しかし一方で「やり方によっては安全 …