セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

普通預金にお金を預けると利息が付く・利息はどうやって算出される?

   

普通預金口座を開設している人は、一度自分の預金通帳を確認してみましょう。

そうすると、年に2回くらいのペースで利息という文字が出てくるはずです。普通預金にお金を預けていると、利息が金融機関から支払われます。

基本的に皆さんが口座に入れているお金に対して、一定の割合で利息が支払われます。今後どの程度の利息が振り込まれるのか、利息の計算方法を頭に入れておくと予測ができます。

また最近ではネットでの手続きに特化したネット銀行も台頭しています。このネット銀行は、メガバンクや地銀と比較して、金利が高めといわれています。実際どうなのかについても、以下で検証しましょう。

利息は毎日つく

おそらく銀行に預けていると、年に2回くらいのペースで利息が支払われているはずです。しかし支払われるのは年に2回かもしれませんが、利息そのものは毎日ついています。
ほとんどの金融機関では変動金利をベースにして、計算がなされます。その時々の景気状況を見て、定期的に見直される金利です。景気が好調であれば金利は上がり、低調であれば下がるのが一般的です。

利息の計算方法ですが、ほとんどの金融機関がパンフレットやホームページで紹介している利率は年利です。もし金利が0.1%の銀行があったとします。この場合10万円を預けて1年間そのままの状態でいると、1年後には100円の利息が支払われます。

金融機関では先ほども紹介したように、毎日利息をつけています。そこで日割り計算をする必要があって、預入残高×金利÷365×預入期間で利息額を決めます。そしてその利息を積み重ねて、年に2回くらいのペースでまとめてそれまで分の利息を支払います。
ちなみに利息に対しては、20.315%の税金が発生しますが、この税額は差し引いた金額が支払われます。

ネット銀行がお得?

せっかく普通預金口座にお金を預ける以上、より多く利息のもらえる所が良いと思うのが普通です。普通口座を開設している金融機関として、メガバンクと地方銀行、ネット銀気宇に大別できます。この中でもネット銀行はメガバンクや地銀と比較するとやや抜きんでているといえます。

メガバンクと地銀の普通預金の金利は、ほとんど一緒です。しかしネット銀行の金利を見てみると、中にはメガバンクの設定の2~4倍程度の金利にしているところもあるほどです。メガバンクの定期預金に預けるよりは、ネット銀行の普通預金の方がお得なケースも出てきます。
なぜネット銀行はほかと比較して高めの金利にできるかというと、コストの安さにあります。メガバンクや地銀の場合、支店をいくつか構える必要があります。その店舗運営費がありますし、それぞれの支店で働く行員たちの人件費もあります。

ネット専業の場合、すべての手続きをインターネットの中で済ませるため、支店を持つ必要がありません。まず店舗運営コストをカットできます。また各支店に行員を配置するのと比較して、ネット銀行の場合行員もそれほど必要ありません。よってメガバンクや地銀と比較すると、人件費も少なく抑えられます。

余計なコストがかからないため、その分をお客さんに還元できるわけです。結果、メガバンクや地銀と比較すると高金利で運用ができるわけです。

高金利でおすすめのネット銀行とは

ネット銀行の中でも金利でおすすめの金融機関をいくつか紹介しましょう。ネット銀行の中でも大手の一つに、楽天銀行があります。楽天銀行の普通預金の金利は、2015年8月時点で0.02%となっています。

これは正直言って、メガバンクの普通預金とあまり変わりません。しかし一工夫すると、金利が一気に高くなります。それは関連会社の楽天証券に口座開設する方法です。

楽天証券に口座開設をして、マネーブリッジが適用されると同じく2015年8月時点で0.10%の金利にジャンプアップします。つまりメガバンクの5倍もの高金利を獲得できるわけです。

楽天銀行と似たような手法をとっているネット銀行に、住信SBIネット銀行があります。SBIハイブリッド預金がそれで、同グループのSBI証券に口座を開設することで適用されます。
SBIハイブリッド預金にした場合、0.07%の金利になります。楽天銀行ほどではないものの、メガバンクや地銀と比較すればかなりの高金利です。

まとめ

ここしばらく、日本の景気が停滞している影響もあって超低金利が続いています。このため、数百万円お金を預けていても、利息が数百円程度しかつかないこともざらにあります。
しかし上で紹介したように、メガバンクとネット銀行を比較するとネット銀行は高金利のサービスを提供しています。少しでも効率的に資産を増やしたいと思っているなら、ネット銀行を積極的に利用しましょう。主要銀行の金利一覧を表示して、比較しやすくしているサイトもありますから、これから普通預金口座を開設しようと思っている人にはおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

知名度が低いからこその好条件!あおぞら銀行の戦略。

インターネットバンキングは今や便利で、なくてはならない存在になってきています。ほ …

普通預金と定期預金がセットになった総合口座でもっと便利に銀行口座を活用しよう

新しく銀行の口座を作る場合、ほとんどは「総合口座」の申込みになると思います。 何 …

資産運用の普通預金でお得になるのはどこ?メガバンクVS地銀VSネット銀行

資産運用のスタンダードのひとつが普通預金による金利です。 こちらは銀行の選び方ひ …

大人のお小遣い帳「マネーフォワード」って何?

子どものころ何度か挑戦してはあまり長く続かない「お小遣い帳」のように、大人になっ …

おさえておきたいネット銀行とATMの提携数!イオン銀行と住信SBI銀行の関係。

最近特に「便利」と「お得」を兼ね備えたネットバンクが人気を集めています。とはいえ …

大和ネクスト銀行の魅力と特徴!

目次1 大和ネクスト銀行の魅力2 大和ネクスト銀行とは3 特徴とメリット4 特徴 …

定期預金の利息は複利型と単利型のどちらがお得?

日本人が大好きな資産運用のひとつ「定期預金」。 定期預金は一定の期間、例えば1年 …

人気のネットオークション、フリマアプリ!利用するなら持っておきたいネットバンクはどこ?

昔から人気のフリーマーケットやネットオークションですが、今はフリマアプリと呼ばれ …

海外口座の開設にはメリットとデメリットがありますので慎重に検討しましょう!

最近は資産運用のために「海外口座」の開設を検討する人が増えているようです。 海外 …

銀行でよく利用する普通預金・その魅力は決済性の高さと出し入れのしやすさにあり!

銀行にお金を預けている人も多いでしょうが、口座開設の手続きを行うと通常普通預金口 …