セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

大和ネクスト銀行の魅力と特徴!

   

euro-317926_960_720

大和ネクスト銀行の魅力

今話題のネットバンクですが、今までの銀行と全く違うところは、基本的に独自の店舗やATMを持たないことです。その分、銀行運営にかかるコストをできる限り抑え、金利を高く設定できるという利点があります。

都市銀行の1年ものの定期預金の金利が0.010%ですが、今ネットバンクの金利は円も外貨も高く設定されています。例えば大和ネクスト銀行では、円の定期預金が1年もので 年0.10%と高金利となっています。

では大和ネクスト銀行とはどのような銀行なのでしょうか。特徴やメリットをよく知って、賢い利用方法を探ってみたいと思います。

大和ネクスト銀行とは

大和ネクスト銀行とは、大和証券グループ本社が100%出資する銀行で、2011年に開業した比較的新しいネットバンクです。特徴としては、資産運用にとても有利なネットバンクとして評価されています。また円も外貨も高金利なこともメリットとしてあげられます。

「選べる期間と豊富な通貨で、無理なく効率的に貯められる。」と謳っていますので、目標額までしっかり貯めることができるかも知れません。また、いつでも引出し可能な円普通預金とじっくり取り組む資産形成に有利な円定期預金もあり、「ダイワのツインアカウント」というサービスを利用すれば、外貨預金11通貨を利用して、無理なく効率的に貯蓄することができます。

ATMについてはちょっと特殊な銀行で、大和ネクスト銀行のキャッシュカードはなく、そのままではATMを利用することはできません。それで、大和証券のキャッシュカード「ダイワカード」を利用する事で、大和ネクスト銀行の口座からのATM引き出が可能となります。

特徴とメリット

「他人名義あての振り込みが月3回まで無料」

大和ネクスト銀行なら、自分名義への振り込みはいつでも何度でも無料なのに加えて、なんといっても、他人名義あての振り込みも月3回まで無料なのです。この特典はネットバンクの中でも指折り数えるほどの特典です。例えば、毎月1回振り込むとして、振込手数料が216 円だとすれば、年間 2,592 円 もお得ということになります。

「金利が高い」

先ほども少し取り上げましたが、金利が高いことも一つの大きな特徴です。それもそのはず大和証券との連携サービスがあるからです。それで、2016年09月05日現在、円の定期預金が1年もので 年0.10%、 外貨定期預金で米ドル1年 年0.80%、また 豪ドル1年1.80% と高金利でお得ですね。

「ダイワのツインアカウント」

また、大和ネクスト銀行と大和証券とのお得なセットプランとして「ダイワのツインアカウント」というサービスがあります。これは、大和証券と大和ネクスト銀行の口座を同時に開設できるというもので、株式投資や、個人向け国債などを様々な投資を行うことができるようになります。

これは、住信SBIネット銀行の「ハイブリッド預金」や楽天銀行の「マネーブリッジ」と同じようなサービスで、二つの口座の振替手数料も無料で、円普通預金と外貨普通預金の資金を自動的に移動することが可能なので、手間や無駄を省くことができ、また効率的に資金を使うことができます。

そして、100種類以上の多彩な運用スタイルを持つ「ダイワファンドラップ」というサービスを利用することができます。そうすると、円定期預金の金利がさらに上乗せされさらにお得です。また、「ダイワのツインアカウント」なら全国のATMがお得な手数料で利用することができます。

「資金お取寄せサービス」

このサービスは手数料も0円で、お取寄せ金額の変更や停止も自由にできるものです。インターネットで簡単に設定できるので、余裕のあるときには多めに、または家計が苦しい時には少なめに、他の金融機関から資金を取寄せる金額を気軽に調整することができるのです。

「海外プリペイドカード」

大和ネクスト銀行に外貨普通預金口座を持っているなら、大和ネクスト銀行の外貨普通預金にある外貨が世界210以上の国と地域で利用することができます。世界中の「Master Card®」マーク表示のある海外ATMから現地通貨を引き出したり、Master Card加盟店でショッピングを楽しむこともできます。

「相続定期預金」

家族から引き継いだ資産を預ける「相続定期預金」なら、通常金利に金利を上乗せした特別金利が適用されます。

特徴を考えて比較考慮する

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

簡単に大和ネクスト銀行の特徴やメリットを考えてみました。インターネットの環境が充実していくにつれて、ネット銀行は、今や私たちの生活の一部になっているかもしれません。さらにネット銀行の数も増え続けています。私たちに求められているのは、周りに流されるのではなく、自分で調べて賢く選ぶことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

おさえておきたいネット銀行とATMの提携数!イオン銀行と住信SBI銀行の関係。

最近特に「便利」と「お得」を兼ね備えたネットバンクが人気を集めています。とはいえ …

新生銀行では様々な提携ATMを手数料無料で利用することができます!

目次「新生銀行」は、1998年に経営破綻した日本長期信用銀行をルーツとして設立さ …

楽天銀行の「ハッピープログラム」は会員ランクが上がるほどお得になるサービスです!

目次「楽天銀行」は、楽天市場などを運営する楽天株式会社が運営するネット銀行です。 …

知名度が低いからこその好条件!あおぞら銀行の戦略。

インターネットバンキングは今や便利で、なくてはならない存在になってきています。ほ …

オリックス銀行は独自のサービスを提供する信託銀行です!

目次「オリックス銀行」は、プロ野球球団「オリックスバッファローズ」の経営で知られ …

メイン銀行口座はどこにする?使い勝手の良さとメリットで選ぼう!

目次銀行口座はどこでも開設できますが、メイン、サブと使い分けられると何かと便利な …

最も身近な資金運用「定期預金」の金利が高いのはどこ?メガバンクVS地銀VSネット銀行

目次定期預金は私たちにとって最も身近な資産運用だといえます。●定期預金の金利メガ …

ソニー銀行はおまかせ入金サービスや積み立て定期預金などで人気のネット銀行です!

目次家電製品などでおなじみのSONYが運営する銀行が「ソニー銀行」です。月4回ま …

人気のネットオークション、フリマアプリ!利用するなら持っておきたいネットバンクはどこ?

昔から人気のフリーマーケットやネットオークションですが、今はフリマアプリと呼ばれ …

ネットバンクの定期預金「ネット定期」のメリットとデメリット

インターネットの普及に伴って知名度・利用者ともに増えているネットバンク。楽天銀行 …