セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

まだ少ない「銀行」と「証券会社」の連携サービス!「住信SBIネット銀行とSBI証券」の特徴

   

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

最近よく聞かれるようになってきたネット銀行ですが、実はもうすでにたくさんのネット銀行が開行しています。やはり、それぞれの銀行の特徴を理解したうえで、銀行やサービスを選びたいものですね。

中でも、株式投資に使いたいという方におすすめなのが、住信SBIネット銀行SBI証券との提携で提供する預金商品、SBIハイブリッド預金です。仕組み自体は普通預金と同じですが、高い金利と同グループのネット証券であるSBI証券と連動できるというものです。

聞きなれないサービスですが、株式投資に関心があるという方はぜひ知っておいていただきたい情報が満載です。では、この住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の特徴とは何でしょうか。また、基本的な利用方法について知っておきましょう。

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の特徴

ハイブリッド預金とは、住信SBIネット銀行(ネットバンク)とSBI証券(ネット証券)をつなげて、連動できるようにしたサービスです。銀行でも証券でも利用できるので「ハイブリッド預金」と呼ぶわけです。同時に口座開設ができ、ネットの簡単な操作で自由にそれぞれの口座のお金を移動させることができます。

あたかも二つの生活費用の財布と投資用の財布に、必要な分のお金を自由に移動させることができるようなものですね。普通預金が投資資金としても使えるという点でとても便利なサービスといえます。

また便利さに加えて、ハイブリッド預金の金利が普通預金よりも高いのももう一つの特徴です。通常の銀行預金が年利0.02%なのに対し5倍の年利0.1%と高金利に設定されています。高い金利にもかかわらず、いつでもATMの入出金ができるので、余分なお金はハイブリッド預金に設定してしまうのがお得だというわけです。

住信SBIネット銀行SBIハイブリット預金の利用方法

888ea456591855ff6350378ea87a6600_s

住信SBIネット銀行の公式サイトから住信SBIネット銀行の普通口座と、SBI証券の証券口座を同時に開設することができます。口座開設費・維持費は完全無料なので安心して利用できます。

口座開設時は、保険証などの身分証明のコピーや、印鑑が必要です。そして、開設後は、自分の口座の支店番号や口座番号、ログインIDとパスワード、WEB取引パスワード、テレフォンバンキングパスなどを忘れないようにしましょう。

一つだけ注意すべき点として、ATMや振込によって住信SBIネット銀行の銀行口座に入金しただけでは、SBIハイブリッド預金の特別金利は適用されないので、SBIハイブリッド預金への振替えを行う必要があります。これはネットで簡単に行えます。そうすると、SBI証券に入金をした場合は、自動的にハイブリッド預金口座での運用ができるようになっています。

逆にSBIハイブリッド預金の状態だと、実質上SBI証券のお金なのでATMの出金ができません。それで出金したいときは、SBIハイブリッド預金を住信SBIネット銀行の通常預金にもどしておく必要があります。これもネットで簡単に行えます。

ATM入出金はコンビニやゆうちょ銀行などで24時間無料で取引することができます。入金はどのATMを使っても何度でも手数料が完全無料です。出金についても、セブン銀行ATMを使えば何度でも無料で、他のゆうちょ銀行やローソンでも5回まで無料ですので安心して利用できます。

他行へお金を送金するときはどうでしょうか。これも住信SBIネット銀行の魅力の一つなのですが、なんと月3回まで無料なのです。4回目以降でも振込手数料は150円と、どの銀行とくらべても最安です。

実際、振込手数料が無条件に無料になる銀行というのはそうそうありません。この住信SBIネット銀行と大和ネクスト銀行くらいなので株をやらないという方でも利用する十分の価値があるといえますね。

ここでまとめ

このようなネット銀行と証券会社の連携サービスを展開している銀行は、今のところ今回取り上げた「住信SBIネット銀行とSBI証券」のほか楽天などで、あまり多くありません。

普通預金の金利を大きく増やす一つの方法として、その「楽天銀行」と「住信SBIネット銀行」の双方に対応するネット証券に口座を開設する方法があります。

また住信SBIネット銀行は他社への振込手数料が無料などと便利さに加えてお得だという特徴があります。これから株式投資を考えておられる方や余分な貯金を投資や高金利の口座にお金を預けたいと考えている方にはぴったりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

新生銀行では様々な提携ATMを手数料無料で利用することができます!

目次「新生銀行」は、1998年に経営破綻した日本長期信用銀行をルーツとして設立さ …

普通預金と定期預金がセットになった総合口座でもっと便利に銀行口座を活用しよう

新しく銀行の口座を作る場合、ほとんどは「総合口座」の申込みになると思います。 何 …

迷ったときに必見!便利でお得なネット銀行ランキング!

今、人気を集めているネット銀行ですが、種類の多さとサービスの多様化によって、どの …

大和ネクスト銀行の魅力と特徴!

目次大和ネクスト銀行の魅力大和ネクスト銀行とは特徴とメリット特徴を考えて比較考慮 …

人気のネットオークション、フリマアプリ!利用するなら持っておきたいネットバンクはどこ?

昔から人気のフリーマーケットやネットオークションですが、今はフリマアプリと呼ばれ …

最も身近な資金運用「定期預金」の金利が高いのはどこ?メガバンクVS地銀VSネット銀行

目次定期預金は私たちにとって最も身近な資産運用だといえます。●定期預金の金利メガ …

定期預金の種類「スーパー定期」ってなんだろう?

定期預金には様々な種類があることをご存知でしょうか。 目次都市銀行、地方銀行、ネ …

大人のお小遣い帳「マネーフォワード」って何?

子どものころ何度か挑戦してはあまり長く続かない「お小遣い帳」のように、大人になっ …

使って納得!「あおぞらキャッシュカード・プラス」の利便性

国内・国外を問わず、いつでもどこでも支払いができるカード、それがクレジットカード …

手軽に始められる資産運用「定期預金」の金利について考えてみる

目次私たち日本人の間で最も身近な資産運用が「定期預金」です。普通預金はもったいな …