セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

預金していてもだめだから…資産運用したいけれどもどれが良いの?

   

人気の資産運用5つを紹介!

img54

資産運用したいけれども…

預金をしているだけではデフレ経済の中、利息だけで財産を増やすことはなかなか難しいでしょう。老後の安定した生活のために、最近では個人レベルで資産運用する人も増えています。皆さんの中でも資産運用でお金を増やしたいと思っている人もいるでしょう。

しかしそうは思っても、具体的にどのような方法で資産を増やせばいいのかわからないという人もいるでしょう。そこで現在人気の試算方法を5つほど紹介します。

投資信託

投資信託は資金を出して、実際の運用はプロのファンドマネージャーにお願いする投資方法です。投資や金融商品に関してあまりよくわからない初心者でも気軽に投資参加できるのが魅力です。確実にもうかるわけではないですが、素人が運用するよりは確実性は高いでしょう。

投資信託の良いところは、少額でも運用できる点です。1万円から始められますし、商品によっては500円とか1000円といった金額でも投資が可能です。これならお小遣いを少し我慢して投資に回すこともできるでしょう。

ただし投資信託でも損失を計上する可能性はあります。運用がうまくいっているかどうか、ファンド会社の提供するレポートなどを定期的にチェックすることです。

定期預金

資産運用する人にもいろいろなタイプがいて、とにかく今の資産を増やしたいという人もいれば、それほど増やさなくても良いけれども減らすことだけは絶対に避けたいと思う人もいるでしょう。自分が後者のタイプだと思っているのなら、定期預金の資産運用がオススメです。

定期預金の魅力はほかの資産運用とは違って、元本保証のなされている点です。つまり今所有している資産が目減りすることはありません。損失を計上したらどうしようと思っている人でも、これなら安心して運用できるはずです。

ただし金利は低めですから、一挙に大きく儲けることは無理です。現在のところ0.03%程度の金利に設定している商品が多いです。しかしキャンペーンなどをうまく利用すれば、0.4%程度の利回りまでアップできます

国債

国の発行する国債を購入して、資産運用する方法も人気です。一定期間国債を保持すると、購入した金額分と利息を受け取れます。国にお金を貸すような感覚です。

国債も国が発行しているわけで日本という国が破たんする可能性は、ほとんどゼロに近いと言って良いでしょう。このため購入した国債が紙くずになることはまずなく、貸していたお金と利息をほぼ確実に手に入れられるローリスクが魅力です。

金利がどのくらいか気になる人もいるでしょう。2016年1月現在10年物の日本国債の金利は、0.223%となっています。この金利ですが、マーケットの状況によって上下動する可能性がありますから推移は注目しておくべきでしょう。

株式投資

資産運用と聞いて、株式投資をイメージする人は多いでしょう。オーソドックスな資産運用方法の一種です。

株式投資の場合、自分の購入した銘柄が値下がりするリスクも大きいとか、会社が倒産して紙切れ同然になるリスクがあると否定的に考える人もいるでしょう。確かにリスクは多少たりともあります。しかし株式投資は、いろいろな儲け方ができるのも魅力です。

株式の売買によって利ザヤを稼ぐ方法をイメージする人も多いでしょう。しかしこのほかにも株式を所有して、その会社の業績が好調であれば配当と言って株主に利益の一部を還元することがあります。この場合、株式を持っていれば配当がもらえますから、中長期で考えれば、安定した企業の株主になった場合、安定した運用のできる可能性が高いです。

FX

FXと言って、世界各国にある通貨の為替取引で資産運用する方法も注目されています。株式投資の場合、平日の日中しか取引できません。これではサラリーマンの方は、活発に株式運用するのは難しいです。

しかしFXの場合、平日なら世界中で取引されているため、24時間いつでも取引できます。ですから仕事終わりにパソコンで取引状況をチェックして、取引することも可能です。

またFXにはスワップ金利で儲ける方法もあります。低金利の通貨を売って、高金利の通貨を購入するポジションを持ち続けると、毎日スワップポイントという利息の一種が手元に入ります。特に南アフリカの通貨ランドやニュージーランド・オーストラリアのドルは高金利ですから、低金利の日本円で購入するとなると大きなスワップポイントを手に入れられます。

資産を守る意識を持つこと

img53

資産運用と言われると、手持ちのお金を増やすことだと思ってしまいがちです。確かにそれも一理あるのですが、それよりも資産を守るという意識を持つことも大事です。

お金儲けに意識が行ってしまうあまり無理な運用をして大損を計上する投資家も少なくありません。イケイケドンドンにならずに、冷静にマーケットの情勢を判断する視点も安定運用のために求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

機械と二人三脚で運用するロボット投資は収益が安定する?

人間の心は投資の邪魔をすることも 淡い期待が判断を誤らせることも 投資で儲ける方 …

証券会社を上手く使えば銀行間の資金をタダで移動できる!

証券会社は株の売買に利用するものです。そして、それ以外の用途というのはぱっと思い …

証券会社が取り扱うのは株だけじゃない!債券について学ぼう

証券会社で取引できるのは株だけ、というイメージがあるかもしれませんが、実は様々な …

太陽光発電(ソーラー電池)の売電で収入アップは期待できる?土地を購入する効果は?

太陽光発電(ソーラー電池)によって作られた電気は電力会社に売電することができます …