セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

夢はマイホーム!節約するなら家から節約!購入VS賃貸実際どっちが安いの?

   

月々の固定費で大きな割合を占める家賃。


ずっと支払い続けるよりは、マイホームを購入した方が節約になるのでは?と考える方も多いようです。しかし、現状として住宅購入を取り巻く環境は厳しくなりつつあるのが実際のところ。一戸建て、マンションの購入にかかる費用自体はそこまで変わってはいませんが、給与所得平均は右肩下がりになっているのが現状です。とはいえ、マイホーム購入にはメリットもありますし、当然賃貸には賃貸ならではのメリットも。そこでここでは、家を建てた方が節約になるのか、そうでないのかを考えてみたいと思います。

●50年間の支払い総額で比較してみる


まずは、一戸建てを購入した場合と、賃貸に住み続けた場合の50年間の支払い総額を比較してみましょう。

条件としては、一戸建ての購入代金は4000万円前後、マンションは家賃12万円で計算してみます。

その場合だと、一戸建ての家を建てた場合、50年間の支払い総額はおよそ9700万円になります。内訳としては、購入代金4000万円、維持費や設備費用で2600万円、リフォームにかかる費用として1000万円、ローンの金利が2100万円となります。実際にはローンの金利はもう少し低くなる可能性の方が高いですがその時々によって金利が上下するのでその都度計算してみてください。

次に、マンション賃貸にかかる50年間の支払い総額ですが、こちらはおよそ9800万円前後になる計算です。内訳をみると、家賃が8600万円、更新料や引越し費用などで1200万円となります。賃貸の場合だと、何十年も同じところに住み続けることの方が珍しいと思うので、これくらいの金額になると予想されます。

●家を建てた方が節約の工夫がしやすい


単純な支払い総額だけで比較すると両者ともそこまで大きな違いがあるとは言いがたいです。しかし、家を建てることで幅が広がるのは事実。例えば、太陽光発電システムを導入したり、蓄電池を導入して電気代が高い昼間の電気を電気代が安い夜間の電気で補う、といった節約術が使えるようになります。賃貸の場合だと最初からこれらのシステムが組み込まれている物件を探さなくてはなりません。

ですので、長い目で見るとやはり節約効果が高い、あるいは節約しやすい生活環境を手に入れるなら家を建てたほうがやりやすいのは事実です。とはいえ、誰でも住宅ローンに通るわけではありませんし、ある程度の頭金を用意しなくてはならないのがネックとなってくるので、将来的なプランを計画して、自分にとって最も利益が高そうな方を選ぶのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

楽ちんネット通販で節約するテクニック教えます!

目次食費を節約するために、激安スーパーや業務用スーパーを活用する方も多いと思いま …

アーク引越しセンターは低料金と幅広いネットワークが特徴の引越し業者!口コミ・評判をチェック!

知名度は他の引越し業者よりも若干低いかもしれませんが、アーク引越しセンターは低料 …

【節約大掃除特集】特別な物なんて必要なんてありません!節約お掃除方法で気持ちよく新年を迎えましょう☆

目次大掃除アイテムを節約することで、年末年始の出費を抑える!100均の道具やいつ …

欲張り厳禁!節約するならこそ安い物件に引越して固定費を節約しよう!

月々の出費の中で最も大きいのが「家賃」な人も多いと思います。 一般的に家賃の目安 …

アリさんマークの引越し社は低料金を実現した引越し業者!特徴や口コミ・評判をチェック!

赤井秀和さんが登場するテレビコマーシャルでおなじみの引越し会社が、アリさんマーク …

水圧もよくなる?!節水効果のあるシャワーヘッドを取り付けて水道代を節約しよう

目次水道代がかかる最も大きなポイントはお風呂関係ではないでしょうか。●年間1万円 …

赤帽は荷物を運ぶことに特化した低料金で利用できる引越し業者!特徴や口コミ・評判を確認してみよう!

厳密にいえば赤帽は引越し業者とは異なるのですが、実際には単身者の引越しなどに利用 …

アクティブ感動引越しセンターは若いアルバイトを中心とした活発な引越し業者!特徴や口コミ・評判を確認してみよう

アクティブ感動引越しセンターは、東京を中心に東北地方や新潟などを主な営業エリアと …

アート引越しセンターは日本全国に支店を持つ大手引越し業者!特徴や口コミを確認してみよう

大手引越し業者のひとつであり、日本全国に支店を有するのがアート引越しセンターです …

節約の準備を整える!お金の使い方をシミュレーション♪

目次節約生活は充実度も高く、やり始めると楽しく感じられる方も大勢います。●まずは …