セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

東京オリンピックに向けてスポーツ株で儲けよう!

   

合わせてNISAも活用すれば税金対策もバッチリ!

2020年に東京オリンピックとパラリンピックの開催が決定しているのはご存知の通りです。オリンピック開催はたくさんの企業が様々な分野で大きく活躍をしますので、大金が市場を動いて景気動向を刺激します。

ですので、特に東京オリンピックおよびパラリンピックに関連する企業の銘柄は今後も確実に株価を大きく上げると予想され、実際に開催決定直後には一時ストップ高になるほどの銘柄もたくさんありました。
スポーツの国際大会ですから、中でも注目なのは日本発祥のスポーツ用品メーカーなどになります。外国ではナイキやアディダスなどもありますが、日本で開催される大会ですから日本のメーカーが活躍する可能性が大いに期待できるのです。

元々日本のスポーツ用品も世界的に評価はそれなりにありますから、東京オリンピックを機会に大きく飛躍する可能性があるわけです。ですので、今のうちにスポーツ株に手を出しておいて、じっくりと値上がるの待つのもいいかもしれません。

また、オリンピックで注目されるのはスポーツ株だけではありません。競技場やインフラ整備のために建設業界にも莫大な資金が流れ込みます。さらに、選手や観戦者を迎え入れるホテル業界、観光関連業界も間違いなく大きな利益を上げるチャンスになるので、2020年に向けて投資が始まっています。

ほかにはキャラクタービジネスや食品関連も期待できると言われています。というのは、オリンピック観戦で日本にやってきた外国人に滞在中にPRできれば、その後、それらのビジネスが海外進出できるのではないかと言われているのです。そうなれば、例えば建設業界などはオリンピックまでが株価上昇のトレンドでその後は収束気味になるのでしょうが、スポーツ株やキャラクタービジネス、食品関連はその後も値上がりが期待できるのです。

2014年1月にNISA(ニーサ)、つまり少額投資非課税制度もスタートしています。株や投資信託などの運用益や配当金を一定額非課税にする制度で、2016年1月からは年間120万円まで非課税投資枠が設定されました。投資金額が120万円分までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金(分配金)が非課税になるのです。

大化けの可能性があるスポーツ株などをNISA口座で保有すれば、さらに節税対策にもなって有利です。東京オリンピックで儲けるのは企業だけではありません。あなたもこのウェーブに乗ってみましょう。

オリンピックで値上がりが期待できる日本のスポーツ株とは?

では、ここで東京オリンピックで期待できる日本のスポーツ株の銘柄を見てみましょう。

アシックス

出典:asics.com

アシックスは兵庫県神戸市に本社があるスポーツシューズなどのメーカーです。ブランドには「アシックス」と「オニツカタイガー」があり、後者は海外のファッション業界ですでに大きく注目されてもいます。

しかも、アシックスはシューズだけでなく、最近はウエアや山岳シューズにも強力なラインアップを揃え始めています。すでに世界各地のマラソン大会などで協賛もしていて、ブランド力は世界的に高くなっています

ミズノ

出典:item.rakuten

ミズノはカタカナのイメージがありますが、株式市場の銘柄名は実は「美津濃」と漢字で書きます。大阪に本社があり、1923年創業と歴史の長いメーカーです。

アシックスと共に日本を代表するスポーツ用品メーカーとされます。アシックスはシューズが中心ですが、ミズノは野球、サッカー、競泳、ゴルフなどと各種ジャンルで用品を発表している総合スポーツメーカーです。世界的にはランニングシューズが有名で、オリンピック後にも成長が期待されます。

ゼビオ

出典:spjob.jp

ゼビオは福島県郡山市の企業で、元はアパレル小売会社でした。紳士服店として創業し、2005年4月にスポーツ用品店「ヴィクトリア」を完全子会社化、紳士服部門はAOKIホールディングスに営業譲渡したので、今はスポーツ用品販売が主流です。

2008年9月にはゴルフ用品店「ゴルフパートナー」を傘下に収めたので、今後もスポーツ分野で非常に期待できる株であると言えます。ほかにもたくさんのスポーツ関連銘柄があるので、オリンピックという目標期限を設定して株式投資を行うのもひとつの投資スタンスではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

赤字拡大で日本経済が破綻するとき、我々はなにをする?

国が破綻することはないという常識はなくなった現代 借金が1000兆円もあり、もは …

医療保険には一体いつ入ったらお得になるの?

結論から言うと、若いときに入っておくべき! 医療保険はいつ加入するのがお得なのか …

娯楽費節約にぴったし ラウンドワンの株主優待が拡大!

娯楽業界を牽引するラウンドワンの株主優待 週末は友達と一緒にワイワイと遊びたい! …

円安トレンドが生活に悪影響を与えていることは日本人なら実感するべき

実は消費税増税よりも危ないのが円安 円安とは文字通り日本円が安くなることです。円 …

株価アプリを導入してスマートフォンで株取引を実現する

スマートフォンの普及に伴い、今では1人1台所有する時代になってきました。 これに …

生活してるとどうしてもかかる日用品はマツモトキヨシの株主優待で節約しよう!

全国各地に店舗展開しているドラッグストア「マツモトキヨシ」。 もちろん株主優待を …

付加価値抜群?それともガラクタ?エイベック・グループHDのこんな株主優待

目次1 今も残っている付加価値の高い株主優待2 エイベックス・グループHDの株式 …

スマホ料金を節約する最短ルートは格安SIMを使うこと?

目安としてどれくらい節約できるのか 昨今は生活の必需品となったスマートフォンです …

素直に嬉しい!株主優待でディズニーランド利用券がもらえちゃう

ディズニー好きにはたまらない株主優待 もはや説明が要らない日本で最も愛されるテー …

アトムボーイ、にぎりの徳兵衛、えちぜん、カルビ大将、がんこ炎…アトムの株主優待で節約しながらお腹もお財布も満足!

アトムの株主優待はグループ店舗で使える優待ポイントを進呈! アトムは主に東海地方 …