セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

アサリは苦手!な人へ。ベーコンでつくるクラムチャウダー風スープ

寒い季節には、食卓に登場回数の増えるスープ。 クリーム系のスープが食べたい!と思 …

シーフードミックスと塩からが絶妙なハーモニーを奏でるパスタ!

我が家の定番シーフードパスタに塩辛を加えることによって、磯の風味が倍増し、うまみ …

そば粉の代わりにジャガイモを使った簡単節約ガレットレシピ

一般的にガレットと聞くとそば粉を使っていると思いますよね。実際にそば粉を使ったガ …

オリーブオイルでつくる!簡単きゅうりのお漬物レシピ

約95%が水分というきゅうりは夏を代表する野菜です。シャキッとした食感がおいしく …

おしゃれで簡単!次の日も飽きられない肉じゃがリメイクのスコップコロッケレシピ

大きなお鍋でたっぷり作ると美味しい肉じゃが。 つい食べ切れないほど作ってしまうこ …

簡単につくれる里芋の揚げ出のしレシピ

揚げ出しというと、お豆腐だったり茄子だったり・・・というのが定番ですよね。 ちょ …

シリアルの食感がたまらない、パリパリ唐揚げ

最初は友人宅で出され、子供達も大喜びだった1品です。 衣の部分にシリアルをまぶす …

鶏砂肝とクレイジーソルトのやみつき料理

安い鶏の砂肝を使ったマリネ?ピクルス?新しいサラダ感覚の料理です。 クレイジーソ …

ナンとバターチキンカレーは、冷蔵庫で一晩寝かすのがコツ

ナンの手作りなんて難しそう。。。と思っていませんか? 試してみると案外簡単なので …

出汁を取った後の出がらしを捨てないで!!美味しい小魚の佃煮にしちゃいましょう♪

煮干しの出汁で作ったお味噌汁ってとても美味しいですよね…。 しかし、その出汁を取 …