セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

じゃがいもで一工夫。ドイツ料理の「クヌーデル」

皆さん、クヌーデルと言うお料理を聞かれたことはありますか? 実はあまり知られてい …

心も舌もとろけるふんわりしっとりブッシュドノエル

特別な夜は、心も舌もとろけるリッチなケーキをみんなで囲みたいですよね。 しっとり …

安いささみでも一工夫で変わるアレンジレシピ2つ

鳥のささみは、スーパーでもお手頃な価格で買え、節約にピッタリの食材ですね。ささみ …

チーズケーキはフライパンで作る-2つのオススメレシピ

チーズケーキが大好きな方は大勢いらっしゃるかもしれません。ただ、お店で販売してい …

サバの水煮缶で!サバチーズカレー春巻き

そのまま食べても美味しい水煮缶をアレンジして更に美味しく! 材料もシンプルなので …

オーブントースターで作る小麦粉のプレッツェルのレシピ

今回はほとんどのご家庭にある「オーブントースター」と「小麦粉」を使って今までとは …

常備菜のきんぴらごぼうで、簡単手間いらずのスタミナレシピ

常備菜として定番のきんぴらごぼう。 たくさん作り置きしておきたい便利なおかずです …

冷蔵庫に眠っているわさびとお酢でで箸付け代わりの簡単キュウリのわさび酢漬け

わさびは何かと使用することも多い調味料ですが、ふと気が付くと冷蔵庫で半分残ったわ …

自宅で手軽に油そばを作りたい!どんなレシピがあるの?

ラーメンといえば今や日本における国民食と言っても過言ではありません。このラーメン …

余り物同士で簡単に作れる*てりたまピザ*

ご家庭で作る手作り餃子は美味しいですよね♪しかし…餃子の皮ってついつい余らせてし …