セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

揚げずに簡単フライパンでカリカリ大学芋!

大学芋は油で揚げるのが普通ですが、油であげてしまうと、カロリーが気になってしまう …

ホットケーキミックスでいつでもすぐできてお茶うけにぴったりなミニブッセを作る

今回紹介するブッセは、フランス菓子の一種です。 ブッセはフランス語で一口という意 …

おやつにもお食事にもなる野菜のパウンドケーキレシピ

パウンドケーキというと甘いお菓子のイメージがありますが、こちらで紹介するパウンド …

パンに塗るだけじゃもったいない!絶品玉ねぎジャムレシピ

玉ねぎジャムと聞いてもいまいちピンとこない人が多いかもしれません。 ジャムと聞く …

鶏の胸肉で安くつくっちゃう節約ミートローフ

普通ミートローフと言ったら合挽き肉を使うことが多いと思うのですが、こちらでは安い …

余った野菜を消費!簡単に豪華なロシア料理、ボルシチ!

世界の三大スープ料理の一つ、ボルシチ! ロシアのみそ汁とも呼ばれるくらい、ロシア …

ホットケーキミックスだけでできる簡単!チャンククッキー

急なお子様のおやつ、プレゼント用にも、当日にすぐにつくれちゃう!ホットケーキミッ …

ブランデー、飾っておくだけでは勿体ない!エビの殻を使って高級フレンチにチャレンジ

お土産で頂いたり、一体いつ買ったのか分からないなど、謎に眠っているブランデーはあ …

トマトをジャムに大変身!ケーキやサラダにも大活躍

安い時に箱買いしたり、余ってしまって使い道に困ってしまったり、気付いたら熟し過ぎ …

粉チーズとパセリを混ぜることで本格的!簡単鮭のムニエルレシピ

鮭料理といえば、塩焼きやちゃんちゃん焼き、酒蒸し、といった和風なメニューもありま …