セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

分厚い肉に早く火を通すポイントは?時短なのにパサパサにしたくない!

   

肉というのはしっかりと火を通したいけど、火を通し過ぎてしまうとどうしても中がパサパサになってしまう、ということはよくあります。

牛肉は多少レアな状態でも問題ありませんが、鶏肉や豚肉というのはしっかりと火を通さなければなりません
特に、鶏肉の場合には胸肉などは分厚いためになかなか火が通りません。中まで火が通った時には中はパサパサで美味しくない、ということも珍しくないのです。

では、鶏の胸肉などを上手に焼くにはどうすれば良いのでしょうか。

火が通りやすい大きさにする

火が通りにくいのであればまずは一口大の大きさにカットしましょう。そうすればしっかりと中まで火を通すことができますし、余計に焼きすぎることもなく適度に水分を維持した状態で焼くことができます。

どうしても、切らずにそのままの固まりの状態で焼きたいのであれば、分厚い部分の肉に包丁を入れましょう。そして観音開きにしてから厚みを均等な状態にして、皮目を焼いてから焼色がついた状態で蓋をします。それからじっくりと蒸し焼きにすることで、肉内部の水分を蒸発させずにふっくら焼き上げることができます

さらに急いで、短時間で中まで火を通したいのであれば、レンジを使用するのがおすすめです。最初にレンジを使用して2分前後加熱しておきましょう。それから焼くようにすると短時間で中まで火が通ります。

蒸し焼きをした時よりは味は劣るのですが、それでも焼き過ぎた時と比べると水分量はかなり維持したままで焼くことが可能です。胸肉は急いで火を通すために強火で加熱をしてしまうと肉汁がどんどん溢れてしまいパサパサになりますので、強火ではなく弱火から中火で焼くというのが基本になります。

鶏肉をレンジでチンする時には

鶏肉をレンジでチンすることで短時間で、ふっくら焼き上げることができます。しかし、胸肉というのは膨張して爆発してしまうことがあります。そのため、胸肉をレンジで加熱する時にはフォークを使用して肉に数か所穴を開けておくようにしましょう

鶏肉というのは表面だけがこんがり焼けても中は全く火が通っていない、ということも少なくありません。そのため、レンジを上手に活用して、最も美味しい状態で焼き上げることができるようにしましょう。

レンジを使用したくないのであれば、多少時間がかかっても蒸し焼きにする、というのがやはりおすすめです。鶏肉はよほど新鮮でなければ菌などが付着しやすいですので、しっかりと火を通してから食べるようにしてみてください。手軽に実践できる方法ですので、是非試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

おつまみにもピッタリ!もやしと水菜のコチュジャン炒め

少し使いたいだけで買ってしまった調味料、冷蔵庫の隅に眠っていませんか?日持ちはす …

え?捨てるなんてもったいない!食材の端材をごはんの美味しいおかずに変身させよう!

目次料理をしていると、野菜の皮だったり、種だったり捨てるところは結構多いですよね …

煮込み時間は少なくてOK!失敗無しのかれいの煮付け

魚の煮付けを食べたいけど、面倒な下処理があったりするとなかなか作る気になれない方 …

残ったごぼうを使った鶏ごぼうゆず胡椒風味

月末が近づいて懐が寂しいときに、葉物野菜が軒並み高騰して家計に厳しい価格状況。 …

安いささみでも一工夫で変わるアレンジレシピ2つ

鳥のささみは、スーパーでもお手頃な価格で買え、節約にピッタリの食材ですね。ささみ …

お肉もさっぱり食べれちゃう鶏肉の南蛮漬けレシピ

南蛮漬けというと普通はお魚がメジャーですよね。 ですが、ここでは鶏もも肉のお肉を …

ホットケーキミックスがタルトに変身!お手軽レモンタルトのレシピ

今回はレモンタルトをホットケーキミックスで作ります。 タルト生地を作ると聞くと非 …

材料は至ってシンプル!!簡単お好み焼き!

節約料理といえば定番のお好み焼き。 ごはんを炊いていないときにでも主食にもなるお …

手作り鮭フレークでオムライス!和風な鮭フレークライスを活かしたレシピ

鮭フレークは家庭で好きな人が多いご飯のお供ではないでしょうか。 鮭は昔から食卓の …

簡単!ヘルシー!油揚げリメイクライスコロッケ

ライスコロッケって作るのめんどくさそう… ご飯丸めて衣付けて揚げなきゃいけないん …