セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

手作り鮭フレークでオムライス!和風な鮭フレークライスを活かしたレシピ

   

鮭フレークは家庭で好きな人が多いご飯のお供ではないでしょうか。

鮭は昔から食卓のレギュラーメンバーとして日本の食卓をにぎわせていて、誰でも馴染みの深い食材であるといえます。その鮭のメニューでも人気上位にあるのがご飯のお供として名高い鮭フレークです。鮭フレークは買ってくる家庭も多いかと思いますが、自分で作ることも意外と簡単です。

少しの食材でも簡単に作れ、なおかつ保存がきくとなれば家庭での食卓はもちろんのこと、お弁当などにも非常に重宝するでしょう。
さらにその自家製の鮭フレークを使ったメニューを紹介し、レパートリーの増加にも鮭フレークが使えることを紹介します。ちなみに鮭には脳血栓予防や活性酸素の除去、眼精疲労などを改善する効能があるため、普段からデスクワークをする機会が多い方などには特におすすめです。

<鮭フレークの材料> 2人分
塩鮭:2切れ

◎合わせ調味料
醤油:小さじ1
みりん:大さじ1
和風だしの素:小さじ1/2

<オムライスの材料> 2人分
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:2個
手作り鮭フレーク:大さじ3
ごはん:茶碗2杯分
顆粒コンソメ:少々
塩コショウ:適量
バター:20g
醤油:大さじ2
卵:大4個(1人分2個)
塩:少々


1.耐熱容器に塩鮭を入れてラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600W)で2分加熱します。
2.電子レンジから取り出し、触れる程度まで冷めたら皮と骨を取り除きます。
3.フライパンに②の鮭と◎の合わせ調味料を入れて火にかけ、水分がなくなるまでほぐすように炒めます。

<鮭バターライスの作り型>
1.玉ねぎをみじん切りにします。ピーマンは1㎝角に切ります。フライパンにバターを熱し、玉ねぎ、ピーマンを入れて炒め、軽く塩コショウをしておきます。
2.ご飯を入れ、全体がなじむように混ぜながら炒めていきます。さらに醤油、顆粒コンソメ、鮭フレークを加え、混ぜ合わせます。塩コショウで味を整えましょう。

<オムライスの作り方>
1.ボウルに卵2個を割り入れ、塩を少々加えてよく混ぜます。
2.よく熱したフライパンに油をひき、薄焼き卵を焼きます。
3.卵の中心に鮭バターライスを半分入れ、両端を中央にパタパタと折ります。
4.フライパンより一回り小さいお皿でふたをするように置き、ひっくり返して出します。形を整えれば完成です。

<ポイント>
鮭フレークのポイントはどこまで水分を鮭に含ませながら余分なものを飛ばせるかです。
そのためレンジで火を通してから炒めるまでの間にできるだけ細かく鮭の身をほぐしておきましょう。そうすることにより鮭の身に味が格段にしみやすくなり、味が薄いということはなくなります。

またフライパンで加熱する際も火加減が強いと調味料が早く蒸発するので、鮭も身をほぐしておくことをお勧めします。
オムライスを作る際には、ご飯を投入する際に中の具にしっかりと味付けをする必要があります。そのためご飯をフライパンに入れてから調味料と鮭フレークを混ぜるまでの間にできるだけしっかりとご飯と具を混ぜて、油が回っている状況にしておきましょう。

また薄焼き卵は手早くやることが肝心なので、フライパンに流しいれたらすぐにご飯の投入、そして巻きを行えるように準備しておきましょう。

鮭フレークはスーパーでは取り扱っていないところがないのではないかというほど普及しています。
それほど全国的に浸透していて、食卓の代表となっている鮭フレークですが、実は手作りした方がお得でおいしいというメリットがあります。それは他の魚に比べ鮭が安く売られていることにも関係があります。

つまり冷蔵庫に鮭がいる確率が高いため、レシピさえ分かれば無添加なので体にもよく、沢山食べられます。

そういったきっかけで鮭フレークを自作するレシピを紹介しました。また鮭フレークをオムライスに投入することに関しては、ご飯に味をつけるときに、しっかりと味がつき、かつ少し和風のテイストに仕上げることができるためであり、いつもの家庭の味に一工夫プラスすることで飽きが来ないようにしたかったということもあります。

御飯のお供は日本中で数多くあり、それぞれの家庭において様々であると思います。またそれらの食品は買うことが多く、手作りすることはあまりないかもしれません。

しかしながらご飯のお供である鮭フレークは実は非常に簡単であり、かつおいしく出来上がるので、自作した方が間違いなくお得で健康的です。
その健康的な鮭フレークで、これも家庭の味であるオムライスと組み合わせることにより、和風のオムライスを簡単に作ることができます。今回のレシピ紹介のまとめとして、簡単なポイントを押え、鮭の身をほぐすこと、後はおいしくいただくことができれば、家庭料理のレパートリーはもっと広がるはずです。

このレシピを活かして、是非家庭や自宅でご飯のお供を自作してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

がんもからまさかのピザ!?子供にも嬉しいパーティーレシピ

大人数でのパーティーや昼食時に覚えておくと便利な逸品です。 家に残った材料を使え …

本格中華の味!簡単に作れる春雨ニラ玉炒め!

春雨は戻すとボリュームたっぷり!給料日前で節約にもなり、「春雨ニラ玉」は、炒める …

濃厚!簡単!さつまいもで作る絶品!洋風芋ようかんのレシピ

秋の味覚!ほっくりおいしいさつまいもの季節。子どもたちが幼稚園や学校でもらってき …

みんな大好き!ごはんがすすむ牛肉のしぐれ煮

牛肉は少しお高くて、ちょっと贅沢というイメージがあってなかなか手が出ませんが、ス …

「漬けるだけ!あっさりおいしいローストビーフ」

ローストビーフと聞くと、難しそう、ソースは?と少し身構えてしまうかもしれませんが …

バルサミコ酢、使い切れなかったら煮詰めてソースにしておけば便利!

「何かオシャレ♪」という理由で買ったり、お土産でもらったりしたは良いけれど、そも …

節約していてもお酒は飲みたい!果物で作る洋酒レシピ4選

目次1 お店で買うより自分で作った方が安上がりに!果物ベースの美味しいお酒を楽し …

太りにくくて美容効果も◎!簡単おしるこのアレンジレシピ

寒い季節や疲れている時、自然と食べたくなるのがおしるこ。 甘くて美味しいだけでな …

麺類が食べたくなったらコレ!白滝を代用してヘルシーエスニック焼きそば

しらたきはどこのスーパーに行ってもこんにゃく売り場にはある可能性が高い食材です。 …

さきいかを使って旨味アップ!もやしのかき揚げレシピ

一年を通して安く手に入るもやしは何かと便利ですよね。 野菜炒めやスープに入れたり …