セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

調理時間10分以下!新生姜の炊き込みご飯

   

生姜のシャキシャキとした歯触りが心地良い炊き込みご飯です。

生姜は初めから混ぜて炊き込むので、ツンとせずさっぱり優しい風味に仕上がります。
食べた後は身体がじんわりと温まります。ポイントはできるだけ生姜を細くせん切りにすることです。

おにぎりにしても美味しく食べられます。調理時間は10分以下なので忙しい方にもおすすめです(浸水時間や炊く時間は除く)。

<材料>(4人分)
・米    2合
・生姜   50g
・油揚げ  1/2枚
・だし汁  350ml
・醤油   大さじ2と1/2
・酒    小さじ4
・みりん  小さじ4″

〈作り方〉

米を研いで30分~1時間ほど浸水させておきます。
生姜は洗って汚れを落とし、汚れが気になる部分は更にスプーンでこそげ落とします。4~5㎝の長さの細いせん切りにして一度水にさらします。
油揚げは5㎜四方の粗みじん切りにします。
米が浸水できたら、ザルにあけてしっかり水気を切り、炊飯器の釜に移します。そこに醤油・酒・みりんを加え、それからだし汁を入れ、さっと全体を混ぜ合わせます。
4に具材を上から加え、炊飯器のスイッチを入れて炊きます。炊き上がったら、底からさっくりと混ぜ合わせます。

<ポイント>
できるだけ生姜を細かく千切りにすることがポイントです。浸水なしでも問題ありませんが、炊飯器によっては仕上がりが変わってくるので、間違いなくふっくら炊くためには浸水するといいです。

米が調味料を吸収しやすいので、調味料を入れたらすぐにだし汁を入れて下さい。上品な仕上がりにしたい場合は、油揚げの油抜きをするといいです。

生姜の炊き込みご飯は素朴な味わいのご飯なので、日々の食事にぴったりだと思います。美味しいのはもちろんですが、生姜の効果で身体が芯からぽかぽか温まって冷え性の対策も期待できるので、冷えを感じる時に食べたくなります。

冷えが気になる女性の方が来られる時に作って出すときっと喜ばれるのではないでしょうか。おにぎりにしてお弁当に持って行ってもいいと思います。
生姜はどちらかというと調味料や香辛料として使うことが多いと思いますが、こちらは生姜がメインの料理になります。冷え性の対策にもなると思います。合わせるおかずも選びません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ヨーグルトでやわらか♪鶏もも肉のトマト煮込み

ヨーグルト効果でお肉もやわらか♪ ヨーグルト煮込みと聞くと味の想像がしにくい方も …

カルシウムたっぷりちりめんじゃこのトースト

毎日の朝ごはんで食べるバタートースト、ジャムをぬってみたり、ピーナッツバターをぬ …

餃子の皮が余ったら、簡単サクサクチョコパイ

使い切れずに中途半端に余ってしまった餃子の皮で、簡単にスイーツを作ってみませんか …

ベビーコーンとオクラとごぼうの自家製ピクルス

ピクルスが大好きで必ず作り置きをしています。大根・きゅうり・にんじん・タマネギ・ …

3つの材料でシンプルおいしいアボカドサラダ

アボカドを買って来たらいつも、ついついそのままわさび醤油で食べてしまう・・・でも …

簡単!おいしい!余ったご飯でできるみたらし団子

ちょっと小腹がすいたときに、お子さんの健康を考えたヘルシーなおやつに、余ったご飯 …

隠し味投入!短時間でコクが格段にアップするボロネーゼ

材料を切って、炒めてほんの少し煮込むだけで、隠し味のチョコレートのおかげでコクの …

はんぺんでボリュームアップの海老マヨネーズ

海老がちょっと小ぶりで量があまり取れないわとか、食べ盛りの子供達には海老だけだと …

お菓子のイカフライを使ったお餅フライ

お正月に買ったお餅って必ずといっていいほど余ってしまいますよね。 お雑煮やぜんざ …

厚揚げとガリとじゃこの味付けいらずな簡単炊き込みご飯

ガリの甘酸っぱい味が大好きなのですが、お寿司と一緒に食べる以外に、何か良い方法は …