セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

JCB EIT(ジェーシービーエイト)は8つの優れたメリットを持つカードです!

   

JCB EITとはどのようなカードなのでしょうか?
JCB EIT」(ジェーシービーエイト)はJCBブランドのクレジットカードであり、

ポイント2倍、
年会費無料、
6種類のカードデザイン、
充実した付帯保険

などが特徴となっています。

リボ払い専用のカードですが、支払の余裕があれば一括払いを利用することもできます。

利用できる国際ブランドはJCBのみであり、VISAやマスターカードの利用はできません。

日本国内で利用する場合には全く問題ありませんが、海外で利用する機会が多い人の場合には若干不利になるかもしれません。

JCB EITの年会費やポイント還元率について解説します!

年会費無料であることが「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)の特徴です。

原則として年会費は永年で無料となります。またカードを利用すると1000円の利用に対して2ポイントが付与されます。1ポイントはおよそ5円相当になりますので、JCB EITのポイント還元率はおよそ1%です。

ちなみに一般のJCBカードの場合にはおよそ0.5%の還元率になりますから、JCB EITであれば2倍お得にポイントを貯めることができるのです。

JCB EITには8つのメリットがあります!

その名前からもわかりますが、8つのメリットを持つことが「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)のメリットなのです。具体的には、JCB EITには次のようなメリットがあります。

1)永年で年会費が無料です。
2)OkiDokiポイントがショッピング利用で2倍になります。
3)無料で海外旅行保険が付帯します。
4)無料でショッピング保険が付帯します。
5)初回のリボ払い手数料が無料になります。
6)JCBでe安心制度が利用できます。
7)6つのカードデザインからお好みのデザインを選ぶことができます。
8)利用内容をWEB明細サービスでチェックすることができます。

JCB EITはリボ払い専用のカードです!

「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)はリボ払い専用のカードです。

毎月自分で設定した一定の金額を支払えば、残額の支払は翌月以降でOKになります。

利用限度額の範囲内であれば毎月の支払額を気にすることなく、好きな商品を自由に購入できることがリボ払いの大きなメリットになります。

ただしリボ払いについては金利手数料の支払が必要になります。金利は15%程度と高めですから、返済が長期化すると金利の負担が大きくなってしまうのです。

余裕が少ない時期にはリボ払いで毎月の負担を抑えて、逆に余裕のある時期には一括払いで残額を支払って金利の負担を減らすことが上手な使い方になります。

この方法であれば「安心感の高いリボ払い」と「金利の負担の少ない一括払い」のそれぞれのメリットを生かすことができますので、上手に活用してみてください。

JCB EITはリボ払い専用カードですが、余裕があれば残額を一括で支払うことも可能です。

ちなみにリボ払いについては毎月の支払額を高めに設定しておくという方法もあります。この方法ならば少額の利用であれば実質一括払いになりますので、支払に余裕があるという人は是非とも試してみてください。

JCB EITは各種保険が付帯します!

「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)には無料で各種の保険のサービスが付帯します。
具体的な内容は次のとおりです。

海外旅行傷害保険」は、海外旅行中の怪我による入院を補償する保険です。また携行品の破損や盗難に対しても補償が行われます。補償額は最大で2000万円(死亡、重度の後遺障害の場合)です。

ショッピングガード保険」は商品をJCB EITを利用して購入した場合に、購入から最大90日間損害を補償する保険です。

ただし国内における損害については自己負担金として3000円が請求されます。また補償額は年間あたり最大で100万円までです。

JCBでe安心」制度は、インターネットショッピングにおいて利用した覚えのない不正な請求を受けた場合に、その請求の取り消しをしてくれるサービスになります。

最近ではインターネット上の不正請求が増えていますので、安心してインターネットショッピングを楽むためには欠かせないサービスだといえるでしょう。

JCB EITでは別料金で各種トッピング保険を利用することもできます!

「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)ではJCBカード会員限定で利用できる各種トッピング保険を利用することもできます。

特におすすめなのはスポーツやレジャーなどが補償の対象となる「日常生活賠償プラン」です。

安価で個人賠償責任保険を利用することができますし、スポーツやレジャーなどの最中に誰かにケガをさせてしまった場合や、自転車による事故なども補償されますので安心です。

トッピング保険プランには日常生活賠償プラン(月額利用料金130円)以外に自転車プランや旅プランなども用意されています。またゴルフを対象としたプランなどもありますので、ゴルフ保険を検討しているという人にもおすすめです。

JCB EITにはデメリットもありますので注意が必要です!

「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)はメリットの多い便利なカードですが、デメリットもありますので申し込みの前に確認しておくようにしましょう。

ただし実際にはそれほど深刻なデメリットは存在しないようです。

まずはリボ払い専用カードであるため、リボ払いの金利手数料として15%相当額の支払が必要になります。できるだけ低コストでクレジットカードを利用したいという人にとっては金銭的な負担が大きいかもしれません。

ただしリボ払いには月々の支払を一定額に抑えることができるというメリットがありますし、また支払いに余裕があれば早期の一括返済によって金利の負担を減らすことも可能になります。

リボ払いについてはメリットとデメリットの両方が存在しますので、上手に活用してできるだけメリットを活かすようにしましょう。

またポイント交換の手続きが若干面倒であるようです。

JCB EITを利用した場合にはOkiDokiポイントを獲得することができるのですが、OkiDokiポイントは原則としてカタログ商品との交換になりますので、使い道が限られてしまうことになります。

例えば楽天スーパーポイントなどであれば楽天市場などで自由に利用することができますので、OkiDokiポイントは自由性の面からは不利だといえるかもしれません。


ただしOkiDokiポイントはカタログ商品との交換以外にTポイントnanacoポイントへの移行も可能となっていますので、交換手続きは面倒ですがお好きなポイントに移行すれば幅広い使い道に対応することができるはずです。

最後にOkiDokiポイントをAmazonで利用する場合には、ポイント交換率が低くなってしまうというデメリットがあります。

OkiDokiポイントをAmazonで利用する場合には、1ポイントが3.5円の交換レートになります。この交換レートではポイント獲得率2倍のJCB EITであっても実質0.7%の還元率になってしまいますので、Amazonを積極的に利用したいという人にはあまりおすすめできないのです。

OkiDokiポイントについては、カタログ商品との交換またはTポイントかnanacoポイントへの移行を検討してみてください。

JCB EITが開催するお得なキャンペーンを活用しましょう!

「JCB EIT」(ジェーシービーエイト)では様々なキャンペーンを時期ごとに開催しています。

特に新規入会者を対象としたキャッシュバックキャンペーンやJCBギフトカードがもらえるキャンペーンなどはお得ですから、積極的に活用してみることをおすすめします。

キャンペーンの内容はその都度変わるのですが、JCB EITではほとんどの場合何らかのキャンペーンを開催していますので、いつ入会を申し込んでもお得に利用することができるはずです。

またキャンペーンの具体的な内容について詳しく確認したいという人は、公式サイトのキャンペーン情報などを参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

公共料金もカードで支払えば節約間違いなし!

暮らしている限り、必ず電気代や水道代がかかってきますね。 これが公共料金というも …

JCBは日本人なら持っておくべき!日本ではほぼ最強とも言える1枚

JCBは日本のクレジットカード会社で、一応世界5大国際ブランドのうちのひとつに数 …

今どきのクレジットカードに欠かせない還元率・損しないようにするための方法は何?

目次効率的にポイントを貯めるための3つの注意点を紹介実質上の値引きになるポイント …

危険なアルバイト? 名義貸しの実態とは

絶対にやってはいけないカード詐欺の中で有名なのが、名義貸しです。 得になると持ち …

クレジット機能無しのANAカードでもマイルが貯まる3つの方法

ANAカードの中にはクレジット機能があるタイプと、クレジット機能がないタイプのも …

流通系クレジットカードってなに?日々の生活で節約ができちゃう魔法のクレジットカードって本当?

・スーパーやコンビニの買いものでコツコツ節約できる! 流通系クレジットカードとい …

クレジットカードの暗証番号の作り方のコツ、教えます

クレジットカードを申し込む際には申込用紙に4桁の暗証番号を記入します。 この暗証 …

ETCだってクレジットカードを使わないと絶対に損をする

高速道路の料金所を颯爽と通過できるのが、ご存知ETCというシステムです。 その際 …

これからの時代はシルバーカードがおもしろくなる!?

クレジットカードにはゴールドカードやブラックカードなど、グレードがあります。 実 …

楽天スーパーポイントを無料で賢く貯める方法を全て調査しました

家電、食品、書籍、ファッション、インテリアなどから不動産、自動車、保険などまでの …