セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードは世界の航空会社のマイルを効率的にためることができるカードです!

   

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードとはどのようなカードなのでしょうか?

世界の航空会社を利用することで効率的にマイル相当ポイントを貯めることができるクレジットカードが、「アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカード」です。航空会社が発行するクレジットカードよりもさらにお得であるとして、現在多くの人たちからの注目を集めています。年会費税別3万5千円が必要となりますので高いと感じる人が多いかもしれませんが、マイル相当ポイントが圧倒的なスピードで貯まりますので飛行機を利用する機会が多ければ年会費を支払っても十分にお得になるはずです。

入会時や更新時、また提携する航空会社の初搭乗時などにボーナスポイントを獲得することができますし、また提携航空会社の航空券を窓口や公式サイトなどで直接購入すれば、利用100円ごとに3~5ポイント(3~5マイル相当)を獲得することができるのです。貯めたポイントは提携航空会社のマイルに交換することができますし、有効期限はありませんのでポイントを集めて高額な長距離搭乗券との交換を目指すこともできます。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードは、旅行好きの人にとって最適な究極のカードだといえるのです。

カード入会と毎年の継続時には5000マイルのボーナスを獲得することができます!

・アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードはマイルを効率的に貯めたい人におすすめのカードです

マイルを効率的に獲得できることが、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの大きな特徴となっています。5000マイル相当のボーナスポイントを入会時にもらうことができますし、さらに毎年におけるカード更新契約の際にも同様に5000マイル相当のボーナスポイントをもらうことができるのです。ボーナスポイントを他社のカードと比較してみると、例えばANAカードの場合には入会時のボーナスは一般カードで1000マイル、ゴールドカードで2000マイルとなっています。プラチナカードに相当する「ANA JCBカードプレミアム」

の場合であれば10000マイルを獲得することができるのですが、こちらの場合には年会費が約70000円必要になります。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの2倍以上の年会費を支出することが必要なのです。各カードで獲得できるボーナスの詳細は次のようになります。

アメリカンエキスプラス・スカイトラベラーカード(年会費1万円) 入会時ボーナス3000 更新時ボーナス1000
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカード(年会費3万5千円) 入会時ボーナス5000 更新時ボーナス5000
ANAカード一般(年会費2000円) 入会時ボーナス1000 更新時ボーナス1000
ANAワイドゴールドカード(年会費1万4千円) 入会時ボーナス2000 更新時ボーナス2000
ANAアメリカンエキスプレス・ゴールドカード(入会金3万1千円) 入会時ボーナス2000 更新時ボーナス2000
ANA JCBカードプレミアム(年会費7万円) 入会時ボーナス10000 更新時ボーナス10000

※ただしスカイトラベラーカードではマイルではなく、マイル相当のポイントを獲得することができます。また獲得したポイントをANAマイルに移行する場合には別途手数料が必要です。

・獲得したポイントを世界の航空会社のマイルに交換することができます

スカイトラベラープレミアカードでは入会時や更新時などに豊富なポイントを獲得することができるのですが、さらに貯めたポイントを世界各国の航空会社のマイルと交換できることも大きなメリットになっています。マイルへの交換に対応しているのはANA、JAL、デルタ航空、ヴァージンアトランティック航空、ブリティッシュエアウェイズ、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、中国南方航空、チャイナエアライン、タイ国際航空、アリタリア航空、スカンジナビア航空、フィンランド航空、エティハド航空の14社です。貯めたポイントについては1ポイント=1マイルのレートで交換することができますが、ANAの場合には交換手数料が必要になります。(ANA以外は手数料不要で交換することができます。)ポイントのマイルへの交換は基本的にいつでもできますし、貯めたポイントの有効期限はありませんのでポイントとして貯めておくことも可能です。ポイントを多く貯めれば高還元率の長距離航空券との交換も可能になりますので、それだけお得に活用することができるのです。

・カード更新時にもお得にポイントを獲得することができます

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードではカードの更新の際にも5000マイル相当のポイントを獲得することができます。ちなみに一般カードに相当するアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードの場合には更新時のポイント獲得は1000マイル相当ですから、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードであれば更新時には通常の5倍もお得になるのです。更新でボーナスマイルが獲得できるカードとしては「デルタ・スカイマイル・アメックス」などが人気なのですが、こちらは更新時に2000マイルのボーナスを獲得することができます。さらに同じく上級カードの「デルタ・スカイマイル・アメックスゴールド」では更新時3000マイルのボーナスを獲得することができます。これらと比較してみても、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの更新時ボーナス5000マイル相当はお得だといえるはずです。カードを長く利用していると定期的に更新が行われますので、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードは長く使えば使うほどお得なカードだということになります。各カードで獲得できるボーナスの詳細については次のようになります。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード(年会費1万円) 入会時ボーナス3000 更新時ボーナス1000
アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカード(年会費3万5千円) 入会時ボーナス5000 更新時ボーナス5000
デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス(年会費1万2千円) 入会時ボーナス5000 更新時ボーナス2000
デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールド(年会費2万6千円) 入会時ボーナス8000 更新時ボーナス3000

※スカイトラベラーカードで獲得できるのはマイルではなくマイル相当のポイントです。

2013年に誕生したばかりの新しいカードであるのがアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードです。新規会員の獲得や知名度アップのため、様々な期間限定キャンペーンなども積極的に開催しています。上記でご紹介した入会時や更新時のボーナス以外にも、キャンペーンなどでは利用金額の合計や航空券の購入などに応じてポイントの上乗せが可能になりますので、キャンペーンを上手に活用して積極的にポイントを貯めてみてください。”

航空券の初回購入時に10000マイルのボーナスを獲得することができます!

・提携する航空会社でファーストフライトボーナスポイントを獲得することができます

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードに入会してから1年以内に、提携する航空会社(12社)でカードを利用して航空券を購入した場合には、初回限定でボーナスとして10000ポイントを獲得することができます。一般カードに該当するアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードの場合には同条件で5000ポイントのボーナス獲得ですから、プレミアカードを選べば通常の2倍もお得になるのです。この最初の航空券の購入でもらえるボーナスポイントは「ファーストフライトボーナスポイント」と呼ばれています。獲得のための条件はカードの入会から1年以内に提携する12の航空会社のいずれかで航空券を購入すること、また代金の支払をスカイトラベラープレミアカードで行うこととなっています。

・ファーストフライトボーナスポイントを獲得することができれば圧倒的にお得になります

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードで獲得することができるファーストフライトボーナスは圧倒的にお得だといえるでしょう。例えばANAカードの場合には航空券の初回購入でもらえるボーナス自体が存在しませんので、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードを選んだだけでお得になります。またJALカードの場合には入会や継続の直後の初回搭乗でボーナスマイルが獲得できるのですが、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードを同時に保有しているのであればポイントの二重取りが可能になります。JALカードの場合には会員の資格があれば他社のカードを利用して航空券を購入してもボーナスを獲得することができますので、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードでJALの航空券を購入すれば10000マイル相当のポイントとJALの初回搭乗ボーナスマイルを同時に獲得することが可能になるのです。

・ANAカードやJALカードを保有していれば区間マイルの上乗せ特典を獲得することができます

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカード自体には、利用に応じて獲得できる区間マイルの上乗せ特典はありません。ただしANAカードはJALカードを保有していれば各社における区間マイルの上乗せ特典を獲得することができます。ANAもJALもカード会員の資格があれば他社のカードで航空券を購入した場合でもボーナスの獲得ができますから、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードでANAやJALの航空券を購入すれば区間マイルの上乗せ特典を獲得することができることになります。ANAカードやJALカードなどとアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードを同時に保有しているのであれば、使い方しだいで双方の特典を最大限に獲得することができるのです。

カード業界の常識を超えた「100円分の利用で5マイル」の高還元率を実現しました!

・提携する航空会社で航空券を購入すればマイル相当ポイントを3~5倍獲得することができます

アメリカンエクスプレス・スカイトラベラープレミアカードにはボーナス以外にも様々なメリットがあります。特にメリットが大きいのは提携する航空会社で直接航空券を購入した場合です。提携する航空会社で直接航空券を購入すれば通常の3~5倍のポイントを獲得することができます。これは数あるクレジットカードの中でも屈指の高還元率だといえるでしょう。アリタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ANA(全日空)、エールフランス航空、エティハド航空、オーストリア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、JAL(日本航空)、フィンランド航空 、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空のいずれかで直接航空券を購入すればマイル相当ポイントを3~5倍獲得することができますので、是非とも積極的に活用してみてください。

・高還元率でお得にポイントを獲得することができます

通常のショッピングにアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードを利用した場合には100円当たり1マイル相当のポイントが付与されます。しかし提携する航空会社で航空券を購入すればこれが3~5倍となりますので、最高の5倍であれば50000円の航空券の購入で2500ポイントを獲得することができるのです。また100000円の航空券の購入では5000ポイントを獲得することができます。一般的な航空系カードの場合には区間ごとのマイルの上乗せ特典が適用されることが一般的なのですが、一方で航空券の購入でマイルを獲得できるサービスなどはほとんど行われていないようです。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードであれば最大で100円当たり5マイル相当のポイントを獲得することができますので、1マイル=2円相当で計算すると100円分の利用で10円分のポイントが獲得できることになります。

・航空会社の窓口や公式サイトなどで直接購入することが必要です

ANAやJALの上級カードとアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードではどちらがお得なのか、具体的な数字で確認してみましょう。例えばANAを利用して日本-サンフランシスコ間を往復した場合には、ANAのゴールドカード(上級カード)を持っていれば区間上乗せ分として2564マイルを獲得できることになります。一方アメリカンエキスプレススカイトラベラープレミアカードであれば航空券の料金が6万円であれば3000マイル相当のポイントを獲得することができますので、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの方がお得だということになるのです。ただしアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードでポイントを獲得するためには、航空会社の窓口や公式サイトなどで航空券を直接購入することが必要になりますので注意してください。旅行代理店を経由したり格安航空券ショップなどで購入した場合などには、ポイント付与の対象外となります。”

獲得したポイントは国内・海外14航空会社のマイルに交換することができます!

・ポイントを貯める航空会社と使う航空会社を自由に使い分けることができます

航空会社を利用するだけでマイル相当ポイントを貯めることができるのがアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの特徴なのですが、貯めたポイントは提携する航空会社のマイルと自由に交換することができるのです。ポイントを貯めた航空会社とは異なる航空会社のマイルに交換することもできますので、例えば帰省や出張などの際に国内航空会社を利用して貯めたポイントを海外の航空会社のマイルに交換して、国際便のチケットを購入して海外旅行を楽しむことなどもできるのです。

・国内の利用でポイントを貯めて海外で利用することをおすすめします

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードを利用して直接航空会社の航空券を購入すれば、通常の3~5倍のマイル相当ポイントを獲得することができます。この特典は国際便だけでなく国内便も対象となりますので、国内の利用でポイントを貯めて海外で利用することでお得に活用することができるはずです。

例えばですがANAの東京-札幌便を往復で利用した場合には、初搭乗のボーナスとして10000ポイントを獲得することができます。また東京-札幌便の料金が3万4千円であれば、5%に相当する1700ポイントを獲得できるのです。これを入会時ボーナスの5000ポイントと合わせると、合計で16700ポイントを獲得したことになります。1ポイント=1マイル相当ですからこれは16700マイルに相当します。

この貯めた16700ポイントをANAマイルに交換する場合には手数料が必要になります。しかし海外の航空会社のマイルに交換するのであれば手数料は必要ないのです。例えばデルタ航空のマイルと交換すればそのまま16700マイルを獲得することができますので、これをデルタ航空のアメリカ行きの航空券購入のために利用することもできるのです。ちなみにデルタ航空のアメリカ行きの航空券は閑散期であれば35000マイルで交換することができます。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードで貯めたポイントに有効期限はありませんので、ポイントを貯めて無料航空券でアメリカ旅行を楽しむことも決して夢ではありません。

帰省や出張などで国内航空便を利用する機会が多い人には、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードをおすすめします。国内航空会社の航空券を購入する際にアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードを利用すればポイントが次々と貯まりますので、貯めたポイントを海外の航空会社のマイルに交換して気軽に海外旅行などを楽しむことができるはずです。

補償最高限度額5000万円の海外旅行保険・国内旅行保険が付帯します!

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードは、一般カードであるスカイトラベラーカードの上級カードに相当するカードです。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードは様々な豪華な特典が揃ったカードなのですが、充実した保険サービスが付帯することも嬉しいポイントだといえるのです。アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードに付帯する保険サービスの内容について、さらに詳しく確認してみましょう。

・海外旅行傷害保険の最大補償限度額は5000万円です

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードには、最大補償限度額5000万円の海外旅行傷害保険が付帯します。一般カードであるアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードでは最大補償限度額は3000万円ですので、大幅に補償が充実した安心の保険だといえるでしょう。ただし海外旅行傷害保険については利用付帯が条件となっていますので、保険を利用するためには旅行の料金などをアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードで支払うことが必要です。

・国内旅行傷害保険も最大補償限度額は5000万円です

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードには、海外旅行傷害保険だけでなく国内旅行傷害保険も付帯します。最大補償限度額も同額の5000万円です。国内旅行傷害保険については一般カードであるアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードでは最大補償限度額は2000万円となっていますので、海外旅行傷害保険同様に充実した補償内容だといえるのです。やはり利用付帯が条件となっていますので、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードで旅行の料金などを支払った場合のみが補償の対象になります。

・「キャンセル・プロテクション」「リターン・プロテクション」が付帯します

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードには「キャンセル・プロテクション」「リターン・プロテクション」が付帯します。自分や家族のケガなどで旅行をキャンセルしなければならなくなった場合に、キャンセル費用の補償が受けられるサービスが「キャンセル・プロテクション」です。またアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードで購入した商品を返品したい場合に、販売元が返品を受け付けない場合にアメリカンエキスプレスによる補償が受けられるサービスが「リターン・プロテクション」になります。これらは一般カードのアメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカードには付帯しない、上級カードであるアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードのみに付帯する独自の特典なのです。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードのメリットについてまとめてみました!

最後にアメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードのメリットについてまとめてみました。

・対象となる航空会社の航空券を窓口やウェブサイトなどで直接購入すれば、ポイントを3~5倍獲得することができます。
・通常のカードの利用では、利用100円ごとに1ポイントを獲得することができます。また貯めたポイントは提携航空会社のマイルと1ポイント=1マイルのレートで交換することができます。
・貯めたポイントに有効期限はありません。時間をかけて貯めたポイントをマイルに交換して、長距離航空券などを手に入れることも可能です。
・入会時にボーナスとして5000ポイントを獲得することができます。また入会から1年以内に提携する航空会社の航空券を購入すれば、初回のみ10000ポイントを獲得することができます。
・更新時には継続ボーナスとして5000ポイントを獲得することができます。カードを更新した場合も提携する航空会社の航空券を購入すれば、初回のみ10000ポイントを獲得することができます。
・海外旅行傷害保険(最大補償限度額5000万円)とショッピング保険(最大補償限度額500万円)が付帯します。
・海外遅延補償が付帯します。海外で航空機の遅延により宿泊費や食事代などの臨時の費用が発生した場合には補償を受けることができます。
・手荷物宅配サービスを利用することができます。成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港のいずれかを利用する場合には、空港から自宅まで無料でスーツケース1個を配送してもらうことができます。
・空港ラウンジを利用することができます。国内28空港・海外2空港の専用ラウンジを、カード会員本人様と同伴者1名様まで無料で利用することができます。
・「オーバーズ・アシスト」サービスを利用することができます。海外の旅行先でも電話で日本語のサポートを受けることができますので気軽に相談することができます。レストランの予約からケガなどによる病院の紹介まで幅広く対応しますし、世界中のほとんどの国から24時間無料またはコレクトコールで通話が可能です。
・海外用の携帯電話をレンタルすることができます。特別割引料金で海外用の携帯電話を借りることができるのです。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードはマイル相当ポイントを効率よく貯めることができるカードなのですが、その他の特典についても充実しているといえるでしょう。仕事やプライベートなどで航空会社を利用する機会が多いという人は、アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアムカードへの申し込みを是非とも検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

楽天PINKカードの評価やデメリットとは?楽天カードとの違いやサービス内容を全解説

  楽天から女性向けカードである「楽天PINKカード」が登場しました。 …

復権すればクレジットカードを持つことができる?

多重債務に陥り、返済ができなくなって自己破産したとします。 すると、向こう5~1 …

クレジットカード界の最強のグレードはブラックカードだ!!!!

・ブラックカードはアメリカン・エキスプレスが始めたグレードなんです。 クレジット …

偽物ではない! あくまで本物だが、維持費が安い低年会費ゴールドカード

ステータスの証としてゴールドカードを持ちたくても、実際にはそんな社会的ステータス …

アピタやピアゴなどが近所にある人がUCSカードを持っていないと損するワケとは?

目次アピタやピアゴ、サークルKやサンクスが近所にある人はUCSカードを持っている …

消費者金融系のクレジットカードはなんといっても素早い発行が最大のメリット

消費者金融系クレジットカードというのもあります。 これは、その名前の通り消費者金 …

ANAカードの使い道 ANAホリデイ・インリゾートで極楽ってのもありみたい

マイルが貯まった!さあ何か自分のご褒美という場合どうしますか? 海外旅行は大量の …

リボ払い専用クレジットカードは使い方次第で諸刃の剣!?

・意外に多いリボ払い専用カード クレジットカードの中には最初からリボ払いをするこ …

ウォルマートカードセゾン・アメリカンエキスプレスカードは西友で買い物をする機会が多い人におすすめのクレジットカードです!

・ウォルマートカードセゾン・アメリカンエキスプレスカードがあれば西友での買い物が …

クレジットカードの又貸しはNG過ぎるほどNG!

クレジットカードの又貸しもまた絶対にやってはいけないルール違反です。 そもそもカ …