セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

JACCSリーダーズカードは日本最強のポイント還元率を誇る節約にピッタリのカード

   

最近はクレジットカードは日々の生活の節約に使うというのが浸透してきていますね。

ショッピングでは翌月に一括で返せば利息はかからない上にポイントがもらえて、それを使って別の買いもので割り引きを受けるという感じで「トータルで考える節約術」が主流になっています。

そうすると利用明細に支払いが全部載るので管理もしやすいし、ポイントも貯まるしで一石二鳥以上にお得なわけです。

より節約できる額が増えていきます。

ですので、クレジットカードはポイント還元率が高いものを選ぶ、というのが昨今のクレジットカード選択の常識になっていますね。

そんなことを踏まえた上で、オススメしたいのがJACCSリーダーズカードです。

還元率目的の人は持っていて損はない


節約をこなす人たちの間で今一番人気と言ってもいいカードなのです。JACCSリーダーズカードの還元率はとても高いんです。

還元率というのはカード決済した金額からどのくらいのポイントが還元されるかを示すもので、一般的なカードだと還元率は0.5%くらいしかなく、1万円の利用で50円が還元されるくらいです。

キャンペーンとかではない中でいい率といってもせいぜい1%前後でしょう。

ところが、このJACCSリーダーズカードは一般的なクレジットカードの3倍以上もの1.5%という還元率を誇っています。

コースによってはさらにお得な 1.8%!

これは節約に大きく影響するでしょう。

JACCSリーダーズカードの1.5%と1.8%の違いは

  • お得なポイントプラスコース
  • 通常ポイントコース

これら2つの違いです。

■通常ポイントコース 1.5%:指定ポイント数までいくと1.5%分をキャッシュバック

■お得なポイントプラスコース 1.8%:指定ポイント数までいくとポイント上乗せ

ここで注意したいのは「お得なポイントプラスコース」はポイント上乗せがされる代わりにAmazonでしか利用できないという点です。

ですので、Amazonでよく買いものをする方なら、間違いなくJACCSリーダーズカードは節約に大いに役立つこととなります。

具体的にどれくらい節約できるか検証

では、実際にどれくらい使ったら、どれだけ節約できるのか、その差を比べてみましょう。

毎月の利用額が5万円と10万円の場合でその違いを確認してみます。

月に5万円を使った場合

もし一般的なカードの0.5%と比べて見ると、年間で7800円の差が出てきます。

年間利用額は5万円×12ヶ月なので60万円。一般的な還元率0.5%では還元される金額は3000円にしかなりません。

JACCSリーダーズカードの1.8%では還元額は10800円。その差は7800円というわけです。

これが毎月10万円であれば、一般的なカードで6000円還元に対し、JACCSリーダーズカードは21600円ですから、その差は実に15600円にもなります。

これはあくまで1年間の利用額です。2年、3年、5年と長い目で見ればどれだけのポイント差が生じることでしょう。

これはかなり大きいですね。

月に10万円を使った場合

もし毎月10万円を10年間利用したとしたら、一般カードの還元額は6万円に対して、JACCSリーダーズカードは21.6万円が戻るので、その差はなんと15.6万円にもなります。

光熱費などをカードで返済するだけで結構な額になりますから、一般的なクレジットカードからJACCSリーダーズカードに切り替えるだけで、大幅な節約が可能になります。

たった1.8%とはいえ、長くなればかなり大きな額になることを憶えておいてください。

還元率を超絶アップさせる裏技がある!


Amazonでしか1.8%にならないJACCSリーダーズカードですが、裏技を使えばさらにお得にAmazonで買いものができるようになります。特に新品の本を買う場合に有効です。

まず、Amazonでの買いものでチャージされるJACCSのポイントであるJデポを0.5%分もらいます。

今度はそれを使ってJACCSモールを経由してキャンペーン時のhontoで本を買うという方法です。

JACCSモール経由でhontoの買いものはJデポで2.5%の還元が入ります。

さらに、定期的に実施される2000円以上の買いもので300円ポイント還元キャンペーンを利用すれば、hontoの期間限定ポイントをゲットできます。これらを総合すると、最大で19.3%近くもののポイント還元率になるのです。

ただ、一応憶えておいてほしいのは、この方法は定価で本を買う場合であり、中古本やアマゾンのキャンペーンなどでは本自体が半額になるなど安いです。

このためにわざわざ定価で本を買う必要はないということです。

キャンペーン時にタイミングが合えば、利用するべき裏技かなと思います。

最強の節約術は、やはりお金を使わないことです。これに限ります。

しかし、人間には物欲がありますし、どうしても買わなければいけないものもあるはずです。

そんなときにAmazonをよく利用する方はこのJACCSリーダーズカードの1.8&のコースにすればお得なわけです。

ほかのカードと比べて自由度が多少狭まりますが、Amazonなら本だけでなくDVDや家電、食品、衣料品、生活雑貨となんでも購入可能なので、利便性に問題はないかと思います。

そして、ポイントは請求金額から差し引かれ、実際には懐を痛めることなく物欲を満たせるので、なにも買わないで我慢する節約とは全然違ってストレスフリーでもあります。

そもそもどうしてJACCSリーダーズカードは還元率が高いのか

JACCSリーダーズカードが還元率が高いのには訳があります。

それはカードを保有する会員の質がいいことが大きな理由です。

元々JACCSリーダーズカードは30~40代の男性をターゲットにしたカードでした。

コンセプトは「家に帰ることが楽しくなるクレジットカード」です。これがまさにAmazonに最適な1枚であることなのでした。

従来のクレジットカード会社のポイントサービスは交換できるアイテムが限られていたり、提携店でしか利用できないなど、結局は制限がある場合が多かったものです。

これがもしAmazonのサイトをカタログに見立て、そこにある商品と交換することができれば選択肢が無限に広がってきますね。

しかもほかのクレジットカードよりもポイントが貯まりやすければ、よりAmazonでの買いものが楽しくなることでしょう。

しかも懐があまり痛みません。これが家に帰りたくなるカードの由縁というわけです。

家に帰りたくなるJACCSリーダーズカードは1.8%の高い還元率が魅力で、同時に還元されたポイントをAmazon限定デポジットに交換できるというメリットもまた魅力であります。

「Amazon限定デポジット」というのはAmazonでの買いものに際してJACCSリーダーズカードを利用したときにその請求額に充当できるものです。

JACCSリーダーズカードで年間100万円を利用すると還元されるポイントは18000円分ですね。

これを「Amazon限定デポジット」に交換すれば、Amazonで 18000円分の買いものができ、しかも請求額から差し引かれるというわけです。

こういった魅力とコンセプトを開発者がうまくシステム化してできあがったのがJACCSリーダーズカードです。

JACCSリーダーズカードは年間50万円は使うべし!

JACCSリーダーズカードに加入したら、できるだけ年間50万円は使うようにしましょう。

節約をするためにお金を使うのは変な話ですが、うまくまとめることで年間50万円を払えるようにすれば、節約できる金額も大幅にアップします。

というのは、JACCSリーダーズカードは2500円プラス消費税の2700円もの年会費がかかってくるからです。

年会費を支払っているとポイントがお得に貯まっても、差し引きで実はそれほどお得ではないということもあるのです。

節約で利用するのであればなおさらこんな事態だけは避けたいものですね。

この年会費は条件付きで無料になります。

それが年間50万円の利用です。

では、年に20万円や30万円しか使わなかった場合と、それ以上の場合を見てみましょう。

年間50万円を使う意味がよくわかるかと思います。ここでは還元率1.8%のコースで見てみましょう。

・20万円 : ポイント3600円分 →年会費差し引き900円
・30万円 : ポイント5400円分 →年会費差し引き2700円
・40万円 : ポイント7200円分 →年会費差し引き4500円
・50万円 : ポイント9000円分 →年会費差し引き9000円

上記を見れば一目瞭然ですが、年間利用40万円と50万円では、節約できる額が全然違ってきますね。この50万円はいかに重要かということがわかるかと思います。

とはいっても、9000円の節約のために50万円を使うのはナンセンスです。ということは、50万円ってなかなかハードルが高いのではないでしょうか。

と思うのは、逆にナンセンスです。

年間50万円は途方もない額のように見えますけど、

  • 電気代やガス代などの公共料金
  • 携帯電話料金
  • インターネットのプロバイダー代
  • NHK受信料

など、日々の生活で絶対にかかってくる支払いをすべてJACCSリーダーズカードで行ってしまえば、年に数十万円は行くでしょう。

仮にですが、1ヶ月あたり以下のような利用内訳で2万円近く行きます。

項目 月額利用料
電気代 月3000円
ガス代 2000円
携帯電話 7000円
ネット代 4000円
NHK料金 2000円
合計額 18000円

これに買いものを1万円として、外食も含めた食費に2万円、コンビニの買いものに5000円としましょう。

そうすると合計53000円になります。これで年間63万円を超えます。

これに加えて、居酒屋などの利用なども見れば、50万円は結構簡単に使っていますね。

というわけで、JACCSリーダーズカードを利用する場合は、できるだけ日々の支払いをまとめましょう

要するに、メインカードとして使ってしまえば結構簡単に50万は行き、年会費を無料にして節約にも役に立つということになります。

付帯サービスも充実している

JACCSリーダーズカードはポイント還元だけが注目されがちですが、付帯サービスも充実しています。

ですので、そのあたりもしっかりとチェックしておきましょう。

盗難補償付き

まずは、盗難補償付きである点です。

JACCSリーダーズカードは万が一落としてしまったり盗まれて不正使用されても、保険会社がその損害を全額補償してくれます。

例えば30万円でも100万円でも悪用された場合において、名義人に負担はかかりません。

完全に損失は0円です。

クレジットカードを持つことの不安が盗難ですが、この点でJACCSリーダーズカードは問題はないということです。

さらにJACCSリーダーズカードは旅行保険も充実しています。

海外旅行傷害保険も付帯

特に優れているのが海外旅行傷害保険です。昨今は出張やレジャーなどで海外に行くことが多くなったかと思います。

この保険によって、日本を出国した瞬間からこのカードの所持者は守られる仕組みになっています。

海外は日本と違い、医療費がべらぼうに高いということが多いです。

例えば、日本では数万円程度で手術もできる盲腸でさえ、海外では数百万円かかる国もざらにあります。

そんなときにこの保険さえあれば医療費が0円になるので、安心して海外を楽しむことができるのです。

最高で2000万円、国内旅行でも1000万円の補償なので、かなり心強いものです。

旅行先というのは、思わぬ事件事故に巻き込まれるものです。こういった保険は安心材料になりますね。

ほかには旅行中に携行品が盗まれたり落として壊れたり、紛失しても無制限で補償してくれる盗難保険や、ネット販売で個人情報が流出してカードが悪用されても補償してくれるネットセーフティーも用意されています。

保険に守られているという安心も、プライスはありませんが、一種の節約術に繋がります。

マネーリテラシーが高い20代後半~50代前半の男性に人気


JACCSリーダーズカードは一般的なクレジットカードと違い、マネーリテラシーが高い20代後半~50代前半の男性に人気です。

実はこの事実がJACCSリーダーズカードが還元率の高い良質なサービスを維持できる秘訣と理由にもなっています。

このカードがマネーリテラシーの高い人に人気かどうかがわかる指標に限度額の設定があります。

一般的なクレジットカードだと最初は30万~50万円程度で設定され、返済が滞りなく行われるという実績を作れば限度額が引き上げられる、というのが普通でしょう。

しかし、JACCSリーダーズカードは最初から限度額が100万円に設定されています。

これにはわけがあり、当初は60万円設定だったのですが、限度額を引き上げてほしいという要望が多く、100万円に上げました。

年間50万円を使いたいのに、確かに60万円では少なすぎて不安になったのかもしれませんね。

家族カードを発行している利用者が多い

それから、このカードの保有者は、その30%程度の人が家族カードを発行しています。

一般的なカードの家族カード発行割合は10%にも届かないといわれている中、驚異的です。

これはつまり、JACCSリーダーズカードの保有者はスーパーなどで奥さんにもリーダーズカードを渡し、休日のポイントアップのときだけスーパー発行のクレジットカードを利用させ、平日はJACCSリーダーズカードでできるだけポイントを獲得しているのかと思います。

家計もコントロールできる旦那ということで、マネーリテラシーの高さが伺えます。

また、コンビニでの利用も非常に多いのがこのカードの特徴です。

高い還元率を生かすために、使い方も徹底しているようなのです。

一般的な感覚ではコンビニでクレジットカードを利用する人はそれほど多くありません。

ところが、JACCSリーダーズカードではすごく多いのです。これは、それだけ少額決済でもポイントを還元させる努力をしている証拠になります。

こういった、節約やカードの使い方に前向きな人が会員に多いので、このカードにおいては支払いの滞納も、他社のクレジットカードと比べて極端に少ないのです。

ちゃんと返済されるということはカード会社の運営状況も良好になり、様々な経営コストがかからなくなります。

そんなことがサービスとして高い還元率を用意できる理由のひとつになるわけです。

これだけ滞納者が少ないのは他社のゴールドカードの会員にでさえあまり見られない傾向で、会員の属性は非常に高いようです。

というわけで、高還元率のJACCSリーダーズカードを選んでいる人は、間違いなくマネーリテラシーがかなり高い人たちが多いと言えますね。

しっかりとカードの魅力を捉え、賢くカードで運用する。

得られるポイントは余すところなく確保し、より節約を大きくする。

これがJACCSリーダーズカードの会員の姿なのです。

マネーリテラシーが高い人たちに選ばれている高還元率のJACCSリーダーズカード。切り替えるだけでも相当な節約術を実施できることでしょう。

本気の節約術はJACCSリーダーズカードが最強のパートナーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

利用明細を家計簿に!!メインカードを作ってラクラク節約

クレジットカードは、例えば同じVISAでも提携会社によってその個性は大きく違って …

知らない人が多い ANAカードでマイルを加速度的に溜めてしまう方法

ちょっと上級の旅をするならANA、やっぱりANAの乗り心地は他とは一味違いますよ …

年会費無料のクレジットカードにだって、選び方のコツはある!

クレジットカードの中でも年会費が無料のものが昨今は増えています。 年会費は使って …

楽天スーパーポイントを無料で賢く貯める方法を全て調査しました

家電、食品、書籍、ファッション、インテリアなどから不動産、自動車、保険などまでの …

ANA機内限定品はこうすればとっても安く手に入る ANAカード

「この商品はANA機内でのみの購入となります」機内限定品というのは、ちょっと割高 …

若くたってゴールドカードがほしい! というならヤングゴールドカードを要チェック!

社会的身分まで反映するようなゴールドカードは、審査の厳しさゆえにカード会社も年齢 …

LUMINEカードを利用すればルミネでの買い物が5%オフになります!

目次LUMINEカードはルミネユーザーにも電車ユーザーにもおすすめのカードです! …

ポリシーで裏面にサインをしない? そんなカードは使えません!

クレジットカードの裏面にはサインを書く欄がありますね。 ここには必ず名義人のサイ …

自分が使うカードだからこそ自分に合うピッタリなカード選びを。

クレジットカードは世にたくさん出回っています。 新社会人など初めてカードを持ちた …

アコムACマスターカードの審査やメリット・デメリットについてまとめてみました

大手消費者金融であるアコムが発行するクレジットカードが「アコムACマスターカード …