セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

返済ができなくなったらからと踏み倒したらどうなる?

   

昨今のクレジットカードは、カード利用だけで借金が膨れあがり返済不能になることは稀です。

しかし、もし複数利用した上で、他社のローンなどに手を出していた場合、今でも借金で苦しむことはなくなありません。こういうのを多重債務者と言います。
もし返済ができなくなくなった場合、督促を無視して借金を踏み倒すことはできるのでしょうか。

これは常識的に考えて不可能です。一応、日本には銀行や信販会社、消費者金融からの借金は5年という時効(商事消滅時効)があります。しかし、債権者が訴訟を起こせばその時点で経過した期間は無効になります。つまり、時効は裁判になった時点で成立しないのです。例えば、4年と11ヶ月で業者が訴訟を起こせば、手続き中に5年が経過しようと時効は関係なくなるのです。これはカード会社もよく使う手法で、簡単に時効には持ち込ませないのです。

ですので、時効を利用しても借金を踏み倒すことはなかなかできるものではありません。昔ほど取り立てが乱暴だということはなくなったのですが、そう簡単に踏み倒すことはほぼ不可能なのです。まじめにコツコツと返す方法を考えるべきです。

それでも返済できなくなったら?

まず借金の返済ができなくなったとき、カード会社などは債権回収を行います。それは次のような手順で進みます。
まずは請求と督促を送ります。多くがまずはハガキなどで案内を出しますが、ときには電話での通知もあるでしょう。電話の場合、悪質な業者だと繋がるまでかけてくるので、精神的なプレッシャーはかなりのものです。

そんな案内を無視して延滞が3ヶ月を超えると、強制解約になったり、事故情報として信用情報機関に登録されます。こうなると新たな借り入れだけでなくクレジットカードや住宅ローン、自動車ローンなども信用情報登録後5~10年間は利用できなくなる可能性が高くなります。強制解約の場合は、同時にほかのクレジットカードも強制解約されたりします。
しかし、これで借金がなくなったわけではありません。次に内容証明郵便が届きます。つまり、裁判所に訴えられてしまったことになり、指定された期日までに支払わないと最終的に財産や資産を差し押さえる強制執行が行われます。

どんなことをしても返せないという場合、債務者が最終的にできる手段は債務整理です。弁護士などに相談して実行できますが、その後ブラックリスト掲載で生活にもかなり苦労する結果となります。こうなる前に、カードは計画的に利用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

飲み会に率先してクレジットカードを利用すれば断然お得!

会社員や学生は日々、同僚や仲間、取引先の人と食事や飲みの機会が多く訪れていること …

ポイントを貯めるための重要なコツ

ポイントを貯めるにはそれなりにコツを知っていなければなりません。 それはどのよう …

審査が厳しい?銀行系のクレジットカードは“優等生”が持つべき!?

銀行系クレジットカードは大手銀行や地方銀行、ネット銀行などが発行しているクレジッ …

カードを使う場合は実質年率を把握しておくべし!

当たり前ですが、クレジットカードで買いものをしたり、現金を借りた場合は返済をしな …

クレジットカードとローンカードを間違ってはいけない!

ローンカードというのは消費者金融以外の貸金業者が発行するローン、つまり貸し付け専 …

返せなくなったら債務整理という手段もあるが…

総量規制などでクレジットカードの利用のみで返済ができなくなるということはそう滅多 …

ドコモが参入ポイント業界-dポイントで勢力図はこう変わる

dポイントの業界への影響力はいかに?! 今までドコモユーザーなら誰もが持っていた …

公共料金もカードで支払えば節約間違いなし!

暮らしている限り、必ず電気代や水道代がかかってきますね。 これが公共料金というも …

「ご利用は計画的に!」は真理? カードの使いすぎには注意

クレジットカードを持つようになると、普通はそれなりにうまく使えるのですが、一部の …

サラリーマンなら交通費節約ならクレジットカードで!

サラリーマンなら出勤時に電車やバスに乗ることでしょう。 51回1回はそんな額では …