セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ポリシーで裏面にサインをしない? そんなカードは使えません!

   

クレジットカードの裏面にはサインを書く欄がありますね。

ここには必ず名義人のサインが必要です。日本はサイン文化ではないのでなかなか馴染めないのかもしれません。そのためか、裏面にサインをしない人が意外に多いです。
書き忘れの人もいますが、中にはあえて書かないという、ある種のポリシーを持っている人も少なくありません。どんなポリシーかというと「サインを真似されたくない」「自分のサインを他人に見せたくない」「盗難されて適当にサインを書かれるのと、そこにあるサインを真似しても、結局不正利用されるのに変わりがないから」など様々です。

ですが、いずれにしても、裏面にサインがないクレジットカードは受け付けられないというのがワールドスタンダードです。そのカードの持ち主であることがわからないと、飲食店や物販店ではそのカードを受け付けることができないのです。
ですので、必ず裏面にはサインをしておいてください。

裏面にサインをしなければならない理由

先ほども書いたように、裏面にサインがないと、それを受け取った店員などはそのカードが本当にその人のものであるかどうかがわかりません。彼らが裏面を見て、明細に顧客がサインしたものを見比べて確認するのです。そして、そのカードが問題ないかを見ているのです。
裏面にサインをしなければならない、大きな理由はもうひとつあります。先ほど、ポリシーを持ってサインしない人の意見として「盗難されて適当にサインを書かれるのと、そこにあるサインを真似しても、結局不正利用されるのに変わりがないから」というのがありましたが、これなんかは大きな間違いです。
確かに真似されるかもしれないし、サインがなければ適当に書いて使って、と結局不正利用には変わりないですね。

しかし、サインがないと盗難保険は適用されません。例えば、100万円使われた場合、サインがあれば保険適用で名義人は一切負担を強いられることはありません。しかし、サインがないと使われた100万円は名義人が負担しなければならなくなる可能性もあります。
ですので、無用な出費を避ける大切な節約術のためにも、裏面にサインはしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

クレジットカードの約款は万が一のトラブルのために読んでおく

クレジットカードを申し込み、審査に通過すると契約となります。 その際、必ず約款や …

返済方法の基本中の基本は元金を返すこと

クレジットカードで使った分は必ず返済していかなければならない その際に最も重要な …

ワンランク上のステータスがほしければプラチナカードしかない!

プラチナカードはゴールドカードよりもサービスや特典が充実したクレジットカードです …

繰り上げ返済で早めに返すのも節約的返済方法

クレジットカードで使った分は翌月以降にカード会社に返済していかなければなりません …

節約はカードで楽しめばさらにお得になる!

クレジットカードは現金で生活するよりもずっと有利に節約が可能です。 正しく利用す …

日本では知名度こそ低いが、ハイグレードなダイナースクラブカード

・実は世界初のクレジットカード会社がここなのです ダイナースクラブカードは日本で …

「年会費無料のクレジットカードがほしい。」そんな人にオススメするクレジットカード5選

目次年会費無料のカードは最近多い年会費無料のクレジットカード●三井住友VISAカ …

海外旅行を安く楽しむなら、クレジットカード持参は必須!

海外旅行に行くにはクレジットカードはパスポート、現金の次に大切なものです。 この …

カードを持ちたくないは損!クレジットカードを持っててお得なメリットって?

クレジットカードは考え方によっては借金ですから、それをデメリットと捉える人が少な …

クレジットカードは複数枚持つとちょうどいい~何枚持つのがベストなのかを考察

クレジットカードは実は1枚だけよりも複数枚持つと便利です。 といっても、どれくら …