セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ポリシーで裏面にサインをしない? そんなカードは使えません!

   

クレジットカードの裏面にはサインを書く欄がありますね。

ここには必ず名義人のサインが必要です。日本はサイン文化ではないのでなかなか馴染めないのかもしれません。そのためか、裏面にサインをしない人が意外に多いです。
書き忘れの人もいますが、中にはあえて書かないという、ある種のポリシーを持っている人も少なくありません。どんなポリシーかというと「サインを真似されたくない」「自分のサインを他人に見せたくない」「盗難されて適当にサインを書かれるのと、そこにあるサインを真似しても、結局不正利用されるのに変わりがないから」など様々です。

ですが、いずれにしても、裏面にサインがないクレジットカードは受け付けられないというのがワールドスタンダードです。そのカードの持ち主であることがわからないと、飲食店や物販店ではそのカードを受け付けることができないのです。
ですので、必ず裏面にはサインをしておいてください。

裏面にサインをしなければならない理由

先ほども書いたように、裏面にサインがないと、それを受け取った店員などはそのカードが本当にその人のものであるかどうかがわかりません。彼らが裏面を見て、明細に顧客がサインしたものを見比べて確認するのです。そして、そのカードが問題ないかを見ているのです。
裏面にサインをしなければならない、大きな理由はもうひとつあります。先ほど、ポリシーを持ってサインしない人の意見として「盗難されて適当にサインを書かれるのと、そこにあるサインを真似しても、結局不正利用されるのに変わりがないから」というのがありましたが、これなんかは大きな間違いです。
確かに真似されるかもしれないし、サインがなければ適当に書いて使って、と結局不正利用には変わりないですね。

しかし、サインがないと盗難保険は適用されません。例えば、100万円使われた場合、サインがあれば保険適用で名義人は一切負担を強いられることはありません。しかし、サインがないと使われた100万円は名義人が負担しなければならなくなる可能性もあります。
ですので、無用な出費を避ける大切な節約術のためにも、裏面にサインはしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

知らない人が多い ANAカードでマイルを加速度的に溜めてしまう方法

ちょっと上級の旅をするならANA、やっぱりANAの乗り心地は他とは一味違いますよ …

サラリーマンなら交通費節約ならクレジットカードで!

サラリーマンなら出勤時に電車やバスに乗ることでしょう。 51回1回はそんな額では …

カードで膨らんだ借金を借り換えすれば楽に返済できる!?

クレジットカードでの買いものはときに気をつけていないといつの間にか返済できないほ …

ポイント相互交換可能な時代へ 2016年一番メリット多いカードはどれ?

家に溢れたポイントカード 無駄になっていることが実に多い 電子マネーやポイントカ …

消費者金融系のクレジットカードはなんといっても素早い発行が最大のメリット

消費者金融系クレジットカードというのもあります。 これは、その名前の通り消費者金 …

ドコモが参入ポイント業界-dポイントで勢力図はこう変わる

dポイントの業界への影響力はいかに?! 今までドコモユーザーなら誰もが持っていた …

ミニマムペイメントで返済を続けることのデメリット

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いや分割返済での毎月の最小返済額です。 契 …

エクスペディアで買い物って何?ポイントが貯まる秘訣!

・エクスペディアを利用する機会が多い人には各種優待が充実したカードをおすすめしま …

身に覚えのない請求が来たらすぐに行動を!

カード会社から身に覚えのない請求が来るケースは意外と多くあります。 クレジットカ …

盗難保険があるといっても紛失は身を滅ぼす可能性あり

クレジットカードの紛失にも注意しましょう。 昨今は盗難保険が自動的についているの …