セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

まだ現金で買いもの? クレジットカードだけで生活できる時代です!

   

クレジットカードのことを借金の製造機だと思っている人もこの世の中には少なくありません。

一見、確かにお金を借りて、利息がついてあとから返すという点を見ればそうかもしれません。キャッシングをすれば金利がつきますし、リボ払いで返済をしていくと元本はなかなか減りません。ですので、そういった見方も間違ってはいないでしょう。
しかし、それは大きな誤解です。ショッピングで利用した場合に翌月に全額返済すれば、利息はなく、カードを切った額をそのまま返せばいいだけです。リボ払いも余程の事情がない限りは利用しなければ問題ありません。

そもそも、カードの原点は、単に財布に現金がなく、銀行口座には十分な貯金がある場合に利用するものです。決して借金を作るものではないのです。
それどころか、カードを利用することで特別に割り引きされたり、ポイントが貯まって、次の買いもので安くなるなど、現金で生活するよりも節約になります。

ヨーロッパの国々の中には現金を使うことをやめるようになっていて、クレジットカードなどで支払いを済ませるようになってきています。もう時代は現金で買いものをするようなものではなくなっているのかもしれません。そう考えれば、キャッシングだってこれからは廃れていくかもしれません。そうなれば、キャッシングにかかってくる金利もなくなるので、よりカードは借金を作り出すものではなくなるという証明にもなることでしょう。

最早カードで払えないものはない?

昨今はネット環境の発達で、買いものをインターネットで済ませる人も多くなっています。実際にデパートなどに買いものに行くよりも、ネットで買いものをした方が、自宅から遙か遠い小さなショップの商品まで買えるので、楽で得なのです。
その際に必ずと言っていいほど利用されるのがクレジットカードですね。ネット上では当然ながら現金の受け渡しは一切ありません。オンライン上で取り引きされるだけです。
また、実生活においても、よっぽど小さな店などでない限り、クレジットカードはどこでも利用できるようになりました。ステータスによっては何千万円も利用できるものもあり、クレジットカードで買えないものはありません。

現金を所持していると盗難の恐れがあります。もし盗まれたら、恐らく返ってはこないでしょう。クレジットカードにも盗難の恐れがあります。しかし、もし盗まれてもカードが返ってくる確率は高く、返ってこなくても損失は一銭もありません。
現金で買いものをした場合は値札の通りに支払いをしますね。カードで払っても同じですが、ポイントで還元され、次の買いものが安くなります。もしくは、カード・ブランドだけの特別割引が適用されることもあるでしょう。
節約をしながら、安全生活。クレジットカードで現金を所持するのをやめれば、必ずや実現することが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

車好きな人は持っておくべき!自動車メーカーが発行するクレジットカードのススメ

自動車メーカー系クレジットカードはトヨタなどの車メーカーが発行する、もしくは管理 …

クレジットカード入会は特に入会キャンペーンを狙え!

クレジットカード会社は加入者を増やすことが大切なので、入会すると特典をもらえるな …

クレジットカードでもあり得る多重債務の地獄

クレジットカードを無計画に使っていると返済がままならなくなる ほかから借り入れた …

クレジットカードの魅力は付帯サービスで大きく変わる!?

クレジットカードは加入者を獲得するために、ショッピングやキャッシング以外でも使え …

ANA機内限定品はこうすればとっても安く手に入る ANAカード

「この商品はANA機内でのみの購入となります」機内限定品というのは、ちょっと割高 …

飛行機のマイレージを効率よく貯めるなら航空会社系クレジットカードがお得

海外旅行だけでなく、国内移動でも飛行機をよく使うという方で航空会社のマイルを貯め …

飛行機に乗る機会の多い人にはマイルが貯まるJALアメリカンエクスプレスカードをおすすめします!

・JALアメリカンエキスプレスカードを利用すればマイルを効率的に貯めることができ …

飲み会に率先してクレジットカードを利用すれば断然お得!

会社員や学生は日々、同僚や仲間、取引先の人と食事や飲みの機会が多く訪れていること …

ワンランク上のステータスがほしければプラチナカードしかない!

プラチナカードはゴールドカードよりもサービスや特典が充実したクレジットカードです …

中国からやって来たクレジットカード、ユニオンペイ。急速に広まりつつある国際ブランド

・ユニオンペイという名前を聞いたことがありますか。 これは中国発の国際クレジット …