セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

旅費削減なら日々の支払いをカードで行う!

   

マイレージを貯めることができるクレジットカードを使えば、旅費を大幅に節約することが可能です。

その前にそもそもマイレージとはなんでしょうか。
マイレージは元々はマイレージプログラムやマイレージサービスと呼ばれるサービスで、航空機への搭乗距離に応じて単位をマイルとしたポイントがもらえ、それを貯めることで特典航空券や座席のアップグレード特典、各種景品と交換することができるというものです。海外ではFrequent Flyer Programs(FFP)と呼ばれています。
これらは全航空会社共通ではなく、航空会社各社が独自にプログラムを展開しているので、換算方法や特典はそれぞれ違っています。また、スターアライアンスなどのグループ間では半分だけマイルがもらえるなどもありますが、やはりよく乗る飛行機があればその航空会社のマイレージプログラムに申し込んだ方がいいでしょう。プログラムへの参加は通常は入会金や年会費は無料です。

どんなマイレージプログラムがあるのか

代表的な航空会社には次のようなプログラムがあります。

日系の航空会社

・全日空(ANA) : ANAマイレージクラブ
・日本航空(JAL) : JALマイレージバンク
北米系航空会社
・ユナイテッド航空 : マイレージプラス
・デルタ航空 : スカイマイル
・エア・カナダ : アエロプラン
ヨーロッパ系航空会社
・エールフランス、KLMオランダ航空 : フライング・ブルー
・ルフトハンザ航空 : Miles & More
・ブリティッシュ・エアウェイズ : エグゼクティブ・クラブ
アジア系航空会社
・シンガポール航空 : クリスフライヤー
・タイ国際航空 : ロイヤルオーキッドプラス
・キャセイパシフィック航空 : ザ・マルコポーロクラブ
・大韓航空 : スカイパス
・チャイナエアライン : ダイナスティ・フライヤー・プログラム
・中国国際航空 : フェニックスマイル
・マレーシア航空 : エンリッチ
・ガルーダ・インドネシア航空 : ガルーダマイルズ
オセアニア・中東系航空会社
・カンタス航空 : フリークエントフライヤー
・ニュージーランド航空 : エアポインツ

ほかにもたくさんありますが、日本在住なら全日空か日航、デルタなどがオススメです。
通常はマイレージカードという会員証を持っていればいいのですが、クレジットカードと提携しているマイレージカードにすれば、普段の買いものでもマイレージが貯められますので、より節約が可能です。
ただマイレージに加入するだけでは大きな節約には繋がりません。必ずクレジットカードをセットにして、飛行機に乗っていないときにもマイレージが貯められるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

クレジットカードのステータスって意味あるの?ステータスで選ぶ人はどんな人?

クレジットカードは入会審査があるので、持っているというだけで社会的な信用を得られ …

クレジットカードでもあり得る多重債務の地獄

クレジットカードを無計画に使っていると返済がままならなくなる ほかから借り入れた …

グレードでカードを選べば身分によってよりよいステータスが手に入る

クレジットカードといっても、実はいろいろとあります。 まず、どういった会社が発行 …

お得な機能で人気の「エグゼクティブゴールドフォービズ(EX Gold for Biz)」についてご紹介します!

目次年会費2000円(税別)で様々なお得なサービスを活用することができます!Vi …

クレジットカードの約款は万が一のトラブルのために読んでおく

クレジットカードを申し込み、審査に通過すると契約となります。 その際、必ず約款や …

JCB CARD EXTAGE(ジェーシービーカードエクステージ)は18歳から29歳までの人を対象としたお得なクレジットカードです!

目次JCB CARD EXTAGEとはどのようなカードなのでしょうか?JCB C …

ヤフーショッピングでの買い物で一番お得にTポイントを貯める方法

様々な店舗が参加するモール型の通販サイト「Yahoo!ショッピング」。 およそ7 …

シェルPontaクレジットカードは昭和シェルを利用する機会が多い人におすすめのクレジットカードです!

目次シェルPontaクレジットカードを活用することでPontaポイントを効率的に …

LUMINEカードを利用すればルミネでの買い物が5%オフになります!

目次LUMINEカードはルミネユーザーにも電車ユーザーにもおすすめのカードです! …

高騰したガソリン価格だってクレジットカード次第で安くなる!

車を持っている方は維持費やガソリン代で、維持費となる出費が多いのではないでしょう …