セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

JCBは日本人なら持っておくべき!日本ではほぼ最強とも言える1枚

   

JCBは日本のクレジットカード会社で、一応世界5大国際ブランドのうちのひとつに数えられています。

日本国内では6000万人以上の所有者がいて、加盟店舗数も非常に多いです。
JCBという名前は前身の社名「日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)」の頭文字から取ったものです。1978年にJCBという社名に変わりました。
JCBには株式会社ジェーシービー発行のものと提携カードがあります。両方ともJCBカードですが、JCB社のサービスを100%受けたい場合は直接発行しているものを持つべきでしょう。

それから、JCBはとにかく日本国内で強いクレジットカードです。海外にあまり行かないのであれば、迷うことなくJCBを選らんでもいいでしょう。ざっと見ても、日本国内でクレジットカードが使える店であれば99%はJCBカードが利用できます。
さらに、JCBカードは様々な不正に対処する会社として知られています。例えば、加盟店がクレジットカード利用手数料を別途請求している場合、即刻加盟店契約解消などの措置を取ります。安全に利用できるのが魅力です。

国内より海外は使いにくくなるが……


JCBは日本国内で強いのですが、日本人の多いハワイやグアム、香港、台湾、ロサンゼルスなどはJCBの加盟店がそれなりに多く、それほど困ることはありません。
それどころか、そういった国こそ実はJCBカードを持っていくべきなのです。というのは、そういったエリアには大抵JCBのデスク(JCBプラザやJCBプラザラウンジなど)があるので、会員であれば日本語でトラブルなどの相談ができるからです。
それから、一時期こそVISAなどと比べて加盟店が少なかった海外ですが、最近は増加中ですし、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブとの連携も強めているので、アメリカなどではJCBカードをそれらの加盟店などでも利用できます。日本人が増えているタイやベトナムでも、各国の銀行と提携をしてJCBカー ドを発行している場合もあります。
とにかく、これ1枚あれば、デスクがある国では日本語で相談ができるので、かなりメリットはあることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

節約のためにはまず!お金の仕組みを理解してから行動にしよう!

お金を貯めたり、節約するにはいろいろな方法がありますが、まずはお金の仕組みを簡単 …

電子マネーやデビットカードとクレジットカードの違いは即時決済か否かが大きく違う

クレジットカードに似たものでデビットカードと呼ばれるものがあります。 デビットカ …

【持ちすぎは危険度増加】クレジットカードを複数枚持つとデメリットがザクザク出てくる

クレジットカードは審査にさえ通れば複数枚持つことができます。 他社のと合わせて同 …

イオンカードセレクトのメリット・デメリット、サービス内容を全解説

目次イオンカードセレクトはどのようなカード?ポイント還元率ポイントの有効期間WA …

ETCカードが欲しい人はETCに特化してポイントが貯まりやすいカードを選べ!

目次数あるクレジットカードの中から、ETCのポイント還元率のいいETCカードも存 …

カードを持ちたくないは損!クレジットカードを持っててお得なメリットって?

クレジットカードは考え方によっては借金ですから、それをデメリットと捉える人が少な …

これからの時代はシルバーカードがおもしろくなる!?

クレジットカードにはゴールドカードやブラックカードなど、グレードがあります。 実 …

NTTグループカードはNTT関連サービスを利用している人に最適なカードです!

NTTグループカードの特徴をご紹介します! 「NTTグループカード」は、普段から …

入会特典付きカードは加入するだけで確実に節約に役立つぞ!

クレジットカードに申し込み、審査に通って入会するだけで節約に役立つカードが存在し …

クレジットカードのアンケートに答えて節約+副収入GET!

主婦などちょっとした時間が持て、大きく稼ぐつもりはない方に人気の副職としてアンケ …