セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

クレジットカードの審査ってどんなもの?所有する前に必ずカード会社による調査が必要

   

クレジットカードを持ちたいといっても、各クレジットカード会社が設定する基準を満たしていないと所有することはできません。

欧米では審査に通った=社会的ステータスがある程度はあるということで、クレジットカードを持っていないと低く見られてしまうほどです。
ですが、よく聞くのが、申請したけど審査に落ちたという話です。
クレジットカードの審査に通らないのはカード会社の審査基準や条件を満たしていないということなのですが、簡単な「注意すべきポイント」さえ押さえておけば、意外に発行されてしまうケースもあります。
ただし、これはあくまでもアドバイスに過ぎません。というのは、各カード会社によって基準に差異があるので、それぞれで違うからです。

ですが、共通している項目が大体同じで、申込み者の属性、過去の銀行や信販会社におけるローンや他社クレジットカードの利用履歴、返済情報や事故情報(延滞の記録、金融事故情報、破産情報など)などを確認し、トータル的な判断でカード発行の可否を決定しています。
これらをしっかりと理解して入れば、よほど身の丈に合わないことをしようとしない限り、クレジットカード審査に落ちることはないでしょう。

クレジットカード審査を受ける上で最も大事なこと


大切なのは申込者情報をできる限り入力または記入することです。
そのときにウソや偽りがまったくないように正しく申告することが重要です。他社のカード会社や消費者金融からキャッシングなどで借り入れを行っているのに、申込書には他社借り入れがないと書くとあとで厄介です。例え返済に滞りがなくとも、ウソを書かれると全体が信用できなくなって、結局審査に通ることはありません。

では、各クレジットカード会社はどのようにウソを見破るのでしょうか。
それは個人信用情報機関(CIC、JICC、全銀協など)に登録されている内容を照会しているのです。ウソを書いたところで、借り入れなどの記録がすべてその機関に残っており、カード会社があっさりと事実を確認できてしまうのです。
ただ、多少の見栄は許されるようです。年収や勤続年数などをほんの少し割り増しさせるような場合です。例えば年収380万円を400万円にしたり、勤続年数3年10ヶ月を4年にしたりです。というのはクレジットカード会社は申込者本人が勤務する企業規模や役職、職種、年齢から状況を判断するので、細かいところはあまり見ないようです。
それから気をつけたいのは半年未満などの短期間に何度も申し込みを行ったり、審査落ち直後に再び申し込みをすると不審に思われます。タイミングも大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

知らないと損をする! 年会費のかかるクレジットカードだって節約は可能!

クレジットカードは年会費がかかるものと、年会費無料のカードに分かれ、最近は年会費 …

ブラックリストなんて本当に実在する?

クレジットカードの返済が遅延すると事故として信用情報機関が記録します。 この記録 …

飲み会に率先してクレジットカードを利用すれば断然お得!

会社員や学生は日々、同僚や仲間、取引先の人と食事や飲みの機会が多く訪れていること …

返済方法の基本中の基本は元金を返すこと

クレジットカードで使った分は必ず返済していかなければならない その際に最も重要な …

飛行機のマイレージを効率よく貯めるなら航空会社系クレジットカードがお得

海外旅行だけでなく、国内移動でも飛行機をよく使うという方で航空会社のマイルを貯め …

なくしたときにどうなるかが怖い? 盗難保険に入っていれば問題なし!

クレジットカードには基本的に盗難保険が付帯しています。 カードを落としたり盗まれ …

上限金利以上の利息は断固拒否!

日本でクレジットカードを、特にキャッシングで利用する場合にしっかりと知っておきた …

カード入会特典をもらって入会した方が得!

クレジットカードは入会すると特典をもらえるものもよくあります。 ライフスタイルに …

クレジットカードのアンケートに答えて節約+副収入GET!

主婦などちょっとした時間が持て、大きく稼ぐつもりはない方に人気の副職としてアンケ …

楽天スーパーポイントを無料で賢く貯める方法を全て調査しました

家電、食品、書籍、ファッション、インテリアなどから不動産、自動車、保険などまでの …