セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

クレジットカードの審査ってどんなもの?所有する前に必ずカード会社による調査が必要

   

クレジットカードを持ちたいといっても、各クレジットカード会社が設定する基準を満たしていないと所有することはできません。

欧米では審査に通った=社会的ステータスがある程度はあるということで、クレジットカードを持っていないと低く見られてしまうほどです。
ですが、よく聞くのが、申請したけど審査に落ちたという話です。
クレジットカードの審査に通らないのはカード会社の審査基準や条件を満たしていないということなのですが、簡単な「注意すべきポイント」さえ押さえておけば、意外に発行されてしまうケースもあります。
ただし、これはあくまでもアドバイスに過ぎません。というのは、各カード会社によって基準に差異があるので、それぞれで違うからです。

ですが、共通している項目が大体同じで、申込み者の属性、過去の銀行や信販会社におけるローンや他社クレジットカードの利用履歴、返済情報や事故情報(延滞の記録、金融事故情報、破産情報など)などを確認し、トータル的な判断でカード発行の可否を決定しています。
これらをしっかりと理解して入れば、よほど身の丈に合わないことをしようとしない限り、クレジットカード審査に落ちることはないでしょう。

クレジットカード審査を受ける上で最も大事なこと


大切なのは申込者情報をできる限り入力または記入することです。
そのときにウソや偽りがまったくないように正しく申告することが重要です。他社のカード会社や消費者金融からキャッシングなどで借り入れを行っているのに、申込書には他社借り入れがないと書くとあとで厄介です。例え返済に滞りがなくとも、ウソを書かれると全体が信用できなくなって、結局審査に通ることはありません。

では、各クレジットカード会社はどのようにウソを見破るのでしょうか。
それは個人信用情報機関(CIC、JICC、全銀協など)に登録されている内容を照会しているのです。ウソを書いたところで、借り入れなどの記録がすべてその機関に残っており、カード会社があっさりと事実を確認できてしまうのです。
ただ、多少の見栄は許されるようです。年収や勤続年数などをほんの少し割り増しさせるような場合です。例えば年収380万円を400万円にしたり、勤続年数3年10ヶ月を4年にしたりです。というのはクレジットカード会社は申込者本人が勤務する企業規模や役職、職種、年齢から状況を判断するので、細かいところはあまり見ないようです。
それから気をつけたいのは半年未満などの短期間に何度も申し込みを行ったり、審査落ち直後に再び申し込みをすると不審に思われます。タイミングも大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

2016年最新 お得に使えるクレジットカードランキング(TOP5)

「現金を使って買うのはお得じゃない、だってポイントがつかないから」この事実に気付 …

クレジットカードの魅力は付帯サービスで大きく変わる!?

クレジットカードは加入者を獲得するために、ショッピングやキャッシング以外でも使え …

意外と知らなかった!Amazonで買い物するとポイントが貯まる!その貯め方は?

目次Amazonを利用する機会が多い人には独自のポイントを貯めやすい高還元率のカ …

支払いの基本は一括払い。便利な分割払いのメリット・デメリットは?

クレジットカードは支払い方法がいろいろなものがあります。大きく分けて一括払い、分 …

ANA機内限定品はこうすればとっても安く手に入る ANAカード

「この商品はANA機内でのみの購入となります」機内限定品というのは、ちょっと割高 …

クレジットカードで医療費を節約する方法

なにかあったときにかかってくるのが医療費ですが、これらもクレジットカードで節約す …

JCB EIT(ジェーシービーエイト)は8つの優れたメリットを持つカードです!

JCB EITとはどのようなカードなのでしょうか? 「JCB EIT」(ジェーシ …

旅費削減なら日々の支払いをカードで行う!

マイレージを貯めることができるクレジットカードを使えば、旅費を大幅に節約すること …

エクスペディアで買い物って何?ポイントが貯まる秘訣!

・エクスペディアを利用する機会が多い人には各種優待が充実したカードをおすすめしま …

審査が厳しい?銀行系のクレジットカードは“優等生”が持つべき!?

銀行系クレジットカードは大手銀行や地方銀行、ネット銀行などが発行しているクレジッ …