セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

出産を黒字にはこうしたらいい。 出産一時金を活用する方法

   

出産は病気ではないため健康保険の対象外、何かとお金がかかると感じている人は多いことでしょう。

しかしこの少子化社会において子どもを産むという行為は大歓迎されることで、国も大々的なサポート制度を打ち出しています。このサポート制度を活用すれば、出産の費用が全てまかなえるどころか、黒字になることさえ良くあることです。

その制度とは出産一時金の申請です。どのように申請するのでしょうか。どんな人がもらう権利があるのでしょうか?

出産一時金とは?もらう条件

出産一時金とは出産に伴う費用をバックアップするために、国が設けている制度です。基本的に42万円が一時金(一度だけ)として支給されます。そのためには次の3つの条件を満たす必要があります。

・申請を自ら行なう
・何らかの健康保険に入っている(国民健康保険も可能)
・妊娠4ヶ月以上で出産(流産死産でも可能)

出産一時金は何も申請しなければもらえるものではありません。自ら医師に出産一時金のための証明書を書いてもらう必要があります。たいていは病院側から出産一時金の用紙を提示してもらえます。

社会保険でも共済保険でも国民健康保険でもかまいません。何らかの健康保険に加入している必要もあります。提出場所は社会保険の場合は会社の社会保険を取り扱う所になりますし、国民健康保険の場合は市町村役場に提出することになります。

妊娠4ヶ月以上とは1ヶ月を28日とみなす4週目、つまり妊娠してから85日目以降が申請の対象となります。いつから妊娠とみなすかは医師の判断によります。死産や流産のときも出産一時金を受け取れますが、医師による死産届けの中で妊娠85日目以降であったことが証明されている必要があります。

直接支払制度と産後申請

申請するときに出産一時金を支払う2つの方法を選べます。1つは直接支払制度で、申請後直接病院が42万円の費用を受け取り、その中から必要な病院費用をまかなっていきます。出産後精算が行なわれ、余ったら余った分のお金を病院から受け取れますし、足りなかったら超過分の料金請求をされます。

もう1つは産後申請というもので、全ての費用を一旦自分で支払い、申請を行なって自分が42万円受け取るというものです。さてどちらのほうが黒字になりやすいと思いますか?どちらの制度でも取り扱い方に違いのない病院も多いかもしれませんが、通常産後申請の方が黒字になりやすいでしょう。

病院側は42万円を直接支払制度で受け取ると、その費用の範囲の中では部屋の割り当てや出産の方法、万が一のときに備えての準備などの点で自由にお金を使ってもいいと考えるからです。産後申請の場合は妊婦の家族に一旦費用を請求することになるので、できるだけ費用の掛からない方法を選択をしてくれる傾向があるようです。

出産一時金の使い道

ほとんどの場合は出産一時金は余るようです。子どもが生まれてきたときの衣類費用などの必要経費にも利用できます。といっても出産となるとおじいちゃんおばあちゃんや友人が子どもに必要な備品は備えてくれるものです。

つまり出産一時金は家族の臨時収入となるのです。少し落ち着いたら家族で温泉など行くのもいいかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

トイザらスのポイントカード制度に騙されるな 本当に安く買い物する3つの方法

子どもの遊び道具どうやって揃えますか?子どもがすくすくと育つには安全な遊び道具は …

確認しないと大損! 産後にやっておきたい4つの申請

出産は非常に嬉ばしいときですが、人生で一番負担が大きいときとも言われています。心 …