セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

パートの年収の基礎控除は?年金や健康保険はどうなるの?

   

サラリーマンの収入というのはなかなか伸びない現代において、パートで働いている女性が増えています。家計のために働いているのですから、少しでも家計にプラスになるように働きたいものです。

夫がサラリーマンであれば、妻はある一定の範囲内における収入で働くことで税金における優遇を受けることができます。そのため、パートで働く場合には、税金の知識がある程度必要なのです。

ここでポイントになるのは、自分が税金を払わなくて済むのかどうか、扶養内範囲内なのか、社会保険料を支払わなくても良いのか、ということです。健康保険料や厚生年金保険料がこの社会保険料になります。

税金優遇というメリットを得られる103万円の壁

パートで働く時に注意すべきポイントは、自分で税金の支払いをするのかどうか、ということです。パートの年収が103万円以下なのであれば、給与所得控除65万円にプラスして基礎控除38万円を合わせて103万円になります。つまり、全額控除になりますので所得税を支払う必要はないのです。

所得に対して課税をされる税金というのは、所得税以外にも住民税があります。住民税を支払わなくて済む年収というのは各自治体によってことなるのですが、給与所得控除65万円プラス基礎控除35万円、になります。配偶者手当を受けている人は、妻の年収が103万円以下とされていることが多いようです。税金の優遇においても配偶者手当においても年収の基準となっている額というのは103万円になるのです。

ここで大切なポイントは長期的に先を見据えた目を持つということです。目先のお得な情報に飛びつくというのも悪いことではありませんが、長期的に考えて得をすることを考える必要があるのです。

妻の収入が130万円を超えると支払う基礎控除が減り世帯収入自体は少なくなってしまいます。しかし、妻が負担をした保険料によって年金の額は増えるので、現在支払う保険料は上がってしまいますが年金の支給額はアップするので結果的には得をすることになるのです。

また、夫と妻とで別々に収入があると、どちらか一方に病気などで万が一のことがあった時にも安心です。さらに、実は配偶者控除や所得税控除についての見直しもされており、将来的には配偶税制がいつまでも続く保障はないのです。現在基礎控除を受けている方も、自分で保険料を支払うべきなのかどうか、ということも一度考えてみる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

パート妻ができる年収と年金の増やし方とは

共働き家庭において欠かせないことは、夫婦での収入についてです。扶養範囲を超えるこ …

SWFファイルのダウンロード・再生方法とは?何かのソフトが必要?

Flash動画やゲームを入手した、でも再生できずに困っている…このような悩みを抱 …

サラリーマンが節税するには?税金優遇の上手な使い方

サラリーマンというのは会社が税金などの計算等はすべて行ってくれています。確定申告 …

サラリーマンが直面する3つの危機

サラリーマンは人生において3つの危機に晒されると言われています。その1つが住宅の …

お金の教養は格差への対抗策? 自己投資のために身につけたい4つの知識

お金を稼いだり、貯めたりするには無知ではいけません。 無知ではお金を賢く貯めたり …

マイナンバーで副業や扶養手当の不正がバレる!

2015年から16年にかけて非常に大きな出来事としてはマイナンバーです。このマイ …

租税特別措置の一種である政策減税・その効果はどのような感じ?

政策減税に効果なし?税制改正論議に影響?? 一般減税と政策減税 仕事などをして所 …

お金に無知は結構恐いことなのだと知っておくだけでも違う

生きていく上で大切なのはお金です。 なにはともあれお金さえあれば、大概のことはな …

知らないと損するスマートレターのちょっと変わった取り扱い方法

スマートレターの取り扱い場所は郵便局だけではない 節約を愛する人にとって情報は重 …

スマートレターを使ったほうがお得になる3つのケース

スマートレターの使い道を探る 以前は普通郵便だけだった郵便事業も、郵政民営化もあ …