セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

美容関連資格を取って収入アップを目指す!自宅でサロンを開業しよう

   

私たちの身の回りには実に様々なサロンがあります。

美容院、ネイルサロン、マツエク、マッサージ、アロマなどなど…挙げればきりがないほどですよね。そして、大手が幅広くやっている印象もありますが、地域密着型の小ぢんまりとしたサロンもたくさんあります。実はこれらのサロン、最初は個人サロンからスタートした、というところも結構多いんです。また、今働いている会社を退職して、自宅サロン、個人サロンとしてやっていきたいと考える方も結構多いです。ということで今回は個人サロンの強みや持っていると心強い資格について紹介していきたいと思います。

■個人サロンも強みとは?

個人のサロンを強みは大手サロンには無い魅力がたくさんある、ということです。それを理解するためにはまずは個人サロンの特性をチェックすることが先決。

●モチベーションの高い施術ができる

大手サロンの場合はスタッフを雇って、施術するのはその雇われたスタッフです。ですので、技術が一定ではありませんし、モチベーションも人によってばらつきがあります。利用者の中にはこれを嫌う人もいて、毎回同じスタッフを指名する人が多いです。実際にそういう話を耳にしたことは無いでしょうか。

個人サロンの場合だとオーナー自らが施術をするわけですので、技術、モチベーション、接客ともに高い施術を提供できます。結果的に満足度が高くなってリピーターがつきやすい、というわけですね。

●リーズナブルな価格設定ができる

個人サロンを選ぶお客さんにとって最大の魅力はやはりリーズナブルに施術が受けられるということでしょう。店舗や機材などにかかる費用はもちろん、人件費が基本的に自分だけなのでほとんどコストを意識しなくても大丈夫。その分だけ価格を安く抑えて提供できるので価格設定をリーズナブルにしてより気軽に多くのユーザーに楽しんでもらえるサロン作りが目指せます。

●プライベート感

サロンに通う人は美や癒しへの意識が高い人が多いです。そのため「他の人たちと同じ施術を受けているだけでは満足できない」という人も結構多いです。個人サロンの場合、1度に何人も訪れるわけではないため、スタッフ以外の人と会うことはほとんどありません。そのため、非常に強いプライベート感が出ます。お客さんからすると「私のためだけにお店をオープンしている」くらいの気持ちになれるものです。もちろんここで技術が伴わなければすぐに離れてしまうかもしれませんが、心地好いサービスを提供できれば必ず実を結ぶでしょう。

●友人からの口コミで広がりやすい

個人サロンは最初は友人や近所の人たちからスタートしていくと思います。リーズナブルで良心的な内容であれば、施術を受けた友人はそのまた友人に紹介してくれるかもしれません。十分な収益をあげている個人サロンほど口コミで広がっていっています。

もちろんこれらの他にも様々な強みがありますが、共通して言えることは「安くて居心地が良い、そして気軽に通える」ということではないでしょうか。

■個人サロンの味方になる美容関係の資格

優れた施術ができればそれで良い、と考える人も多いかもしれませんが、お客さんの中にはエステやマッサージ、アロマ、マツエク、ネイルに関するかなり専門的な知識を持っている人もいます。そんな人に具体的な質問をされて、それに応えることができないと「しょせん個人サロンだったか…」と思われても仕方がありません。

ということで、自分自身の知識を高めるためにも、そしてより安心して通ってもらうためにも資格を取っておくことは決して無駄ではありません。では具体的にどのような資格があるのかチェックしてみましょう。

●アロマテラピー検定

アロマオイルが持つ効果、有効成分などを限定する資格です。1~2級が用意されていて、合格率は比較的高いのでは簡単に取得できる資格でもあります。例えば、マツエク、ネイルなどの個人サロンであったとしても、良い香りのする空間でこれらの施術を受けることに価値がある場合もありますよね。

似たような資格にアロマテラピーアドバイザー、アロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト、アロマコーディネーターと言ったものもあります。

●アロマハンドリラックス

アロマの力を使ったリラックスマッサージ、全身トリートメントを行うための資格です。アロマそのものの知識はもちろんですが、より効果的なマッサージができる技術を持ちあわせていることを証明する資格にもなります。

似たような資格にアロマフェイシャルリラックスがあります。こちらはフェイシャルマッサージに特化した資格です。どちらもあわせて持っていればより強みになってくれるでしょう。

●ネイルスペシャリスト

ネイル関連の資格の中で注目度の高いものとなっています。正しい知識、技術はもちろん、日々のネイルケアに関する技術と知識も培われます。

同じような近くにJNAネイリスト技能検定、ネイリストと言ったものもあります。

■まとめ

個人サロンを開業してそこから収益を得たい、と考える人は結構多いかもしれません。しかし「個人サロンは3年もてば良いほう」と言われているのもまた事実です。それだけ継続し続けるのはなかなか大変。大手のように広告を出すだけの予算を組むのが難しいので、いかにして多くの人に知ってもらうか、そしてリピーターになってもらえるかが鍵となってきます。

そのためにも、施術に関する資格はもちろん、マーケティングに関する勉強も合わせて行うと良いかもしれません。まずは「自分だったらこんな個人サロンに通いたい」と思える環境を作り上げてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

食品関連の資格を取って在宅ワークや収入アップにつなげよう

ネット収入を目指すために在宅ワークを検討している人も多いと思います。 確かにこれ …

自宅でカウンセラーとして活躍するための覚えておきたいポイントと役に立つ資格

生活水準そのものは昔よりもずっと豊かになっている現代の日本ですが、心にわだかまり …

ヨガ講師の資格を取って自宅でヨガ教室を開業しよう

自宅を使ったり、貸しスタジオを使ってお金をかけることなく事業を始めたいと考える人 …

資格を取って自宅をピラティス教室として開業しよう

海外でブームになり、日本でも流行しているピラティス。 体と心をコントロールするこ …

簡単にとれてけっこう稼げる!フォークリフトの資格を目指してみよう

求人情報誌や求人サイトなどを見ていると「フォークリフトの資格を持っている人募集! …

意外と稼ぎに使えるかも?誰得な面白い資格たち

資格を取る=稼ぐため、あるいはキャリアアップのためというイメージがありますが、世 …

語学に関する資格取得でネット収入を目指す!在宅翻訳など仕事がたくさん!

在宅ワークもネットを通じてやり取りできるようになってきたため、昔と比べれば随分と …