セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

地味に思われがちな内職は副業向きのお仕事?メリットやデメリットは何がある?

   

昔から「自宅でできる副業」といえば内職が定番です。

内職にも本当に様々なものがあります。ここでは副業としての内職について考えてみたいと思います。

●副業としての内職のメリット

・頑張った分だけお金がもらえる

最大のメリットは「やったらやった分だけ収入につながる」ということ。バイトやパートは時給制なので、極端な話だと一生懸命取り組んでいても、適当にやっていてももらえる金額は同じです。

働いていて「あの人はサボってばかりなのにもらえる金額が同じなんておかしい」と思った経験はないでしょうか?内職ならこの心配は一切不要です。自分の頑張りがすべてそのまま帰ってくるので、実力のある人、頑張り屋さんほど報われる副業だといえます。

・柔軟に働ける


「時間を取りやすい」「自宅から一歩も出ないで作業ができる」といった点も内職を副業として選ぶポイントになってきます。

例えば、自宅に小さな子供がいたり、介護しなくてはならない人がいると外に出て働くのは大変なこともありますよね。

内職は自宅に材料が送られてきて、それを組み立て、あとは運送会社の人に持っていってもらうだけなので完全に自宅で作業ができます。

本業を終えて、自宅に帰ってきてから副業先へと移動するのも心身ともにきつい部分がありますよね。そういった方にもオススメです。

・スキルに応じて働ける

内職のお仕事は誰でもできる、ながら作業でもできる簡単なお仕事から、ある程度スキルを持っていることが前提となるお仕事まで様々。

例えば、袋詰めやラベル貼りといった作業は誰でも簡単にできますよね。一方でバッグ作りや服作りといった裁縫スキルが必要となってくる内職もあります。

また最近ではネットを通じてライター、デザイナー、エンジニアなどのお仕事も選べるので(いわゆるフリーランス、SOHO)スキルや作業環境が整っているならこれらを選択するのも良いですよね。全体的な傾向としては、誰でもできるお仕事よりもスキルが必要な内職の方が単価が高く、より効率よく稼げます。

●副業として内職を選ぶデメリット

・単価が低い

先述した通り、ある程度スキルや作業環境が整っている人なら月に10万円以上稼ぐのも十分視野内。しかし、誰でもできる系の作業だとそうはいえません。

かなり時間をかけて、相当な作業をこなしても単価1円、2円といった内職だと月に3~5万円くらいが限界なこともあります。

ですので、本格的に稼ぎたいと思ったらある程度スキルが必要不可欠。これを機に色々と勉強してみるのも良いと思います。また未経験者OKのライター業やデザイナー業も多いので、まずはそちらで経験を積んでいくのもオススメ。

・モチベーションが続きづらい


内職は自分の作業量に比例して収入となります。バイトやパートとは異なり、自宅で作業するのが前提となってくるため、すべてが自身のさじ加減。

お金がほしい、仕事をがんばりたい、という人にとっては働きやすいお仕事だといえますが、周囲に人がいないと仕事に打ち込めない、やらざるを得ない状況でないと働けない、というタイプの人だとモチベーションを保つのが大変です。

●内職を探すのにオススメなサイト

【各求人サイト】

タウンワークやマイナビといった、大手の、いわゆる一般的な求人サイトに内職求人情報が掲載されていることが多いので、そちらからエントリーするのがメジャーではないでしょうか。ただしサイトによって掲載されている量がかなり違うので、複数登録しておいて随時確認したほうが、より条件の良い内職を探しやすいと思います。

【ランサーズ】

国内最大級のフリーランス、SOHO向け仲介サイトです。非常に多彩かつ膨大な量のお仕事が登録されています。

特にライター、デザイナー、エンジニア関連のお仕事が多く、どちらかというと内職というよりはフリーランサー、SOHO、個人事業主向けの内容が多いです。

もちろん誰でもできる、多くの人がイメージする内職のお仕事も多数掲載されているので、ネット環境があるならまず最初に登録を検討したいサイトです。

【@SOHO】

上記したランサーズと同様、在宅ワーク向けのお仕事情報が大量に掲載されている定番サイトです。

ジャンルはやはりライターやデザイナー、エンジニアが多いのですが、ランサーズよりも中小企業、地域密着系店舗からの依頼が多い印象。

また仲介手数料を気にせずに(支払うのは企業だけ)利用できるのも大きなポイントです。柔軟なやりとりがしやすいので、メインサイトとして活用するのにオススメ!

●まとめ

このように、最近の内職はウェブ関連、ネット経由で探せるようになっているので、以前よりもずっと仕事が探しやすくなっていると言えます。

これまでだと単価1円未満のお仕事をひたすらこなし、ようやく月2~3万円…といったケースもかなり多かったのですが、今なら同じ作業時間で倍以上稼げる案件もたくさん見つかります。

まずはここで紹介したサイトを利用して、自宅で副業として始められそうな案件を探してみてはいかがでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

副業を始めたら所得税はどうなる?課税される所得税のおさらい

本業のほかに副業を始めれば、当然所得総数は増えますよね。そこで気になるのが【所得 …

副業を始めたら支払う住民税は変わる?知っておきたい住民税のあれこれ

自身が籍を置く地方自治体に納めなくてはならない【住民税】。 これは前年度の所得に …

派遣会社で副業はあり?無し?向いている人は狙ってみるのも

副業といえば内職やバイト、パートのイメージが強いですが、副業として派遣社員を選び …

副業フリーランスは可能?実力次第で稼げる可能性は無限大!

最近ではネットを使って手軽にやりとりができるようになったので、副業としてフリーラ …

副業をすると健康保険料って上がるの?意外に知られていない社会保険の仕組み

サラリーマンが副業を始めると、色々な税金に関する手続きが出てきます。 大体は確定 …

アルバイト・パートで副業!スタンダードな収入アップのメリットやデメリットは?

手っ取り早く収入アップを目指すなら、副業としてアルバイト・パートをはじめるのが一 …