セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

新仮想通貨のビットコインキャッシュとは、その正体に迫る

   

仮想通貨のハードフォーク問題とマイニングの限界

出典:btcnews

ビットコインを扱う投資家の中で近年問題となっていたものが、ビットコインのハードフォーク問題であることは広く知られています。
遅かれ早かれこの問題は表面化し、その後のビットコインの在り方自体も変化していく可能性があることも含め、取引参加者には大きな問題となることです。この問題が提起され、2017年8月1日から誕生したのがビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂する形で誕生しましたが、それ以上に現在のビットコインの存在や定義について改変する可能性を残しています。その問題は単純なものではなく、発行上限が決まっているものの境界を破壊する可能性もあります。

そうした危機の裏にも、短期的には利益の可能性が大きくあるということで中国をはじめ取引参加者の中には分裂賛成派の人も多くいました。
ビットコインよりも大きくなることはありませんが、市場に与える影響は小さくないビットコインキャッシュとは何者なのでしょうか。ビットコインキャッシュの正体に迫ります。

ビットコインキャッシュとは何者なのか、その特徴とビットコインとの違い

ビットコインキャッシュとビットコインの違いについてしっかりと理解している人は少ないのではないでしょうか。
それもそのはずでビットコインキャッシュが誕生したのは2017年8月1日であり、取引が開始されてから間もないこともあり、存在すら知らない投資家もいます。しかしこの誕生には大きな問題が提起されてから長い時間をかけて誕生したものであり、突如発生したものではありません。

しかしビットコインの原理原則の範疇を超えたものであるとして取引所は取引を行っていないところも多数あります。
そのほかにはビットコインキャッシュをビットコイン保有者に渡す取引所もあります。その違いはどこなのでしょうか。

ビットコインが分裂してビットコインキャッシュが誕生した経緯は

ビットコインキャッシュはビットコインが分裂することにより発生しました。
しかし通貨が分裂するといっても投資経験のない方はもちろんのこと株式投資家でも分裂できるものとできないものがあることを常識としていますので、すぐに理解できないこともあります。

ここでいうビットコインの分裂とは、その仕組みに由来します。
ビットコインはブロックチェーン技術というものをベースとしてその独立性が保たれてきました。ブロックチェーンとは、それまでの取引の履歴を各ビットコインにデータとして繋げておき、マイナー(マイニング)によって演算された結果をもとに取引の整合性をまとめていく技術です。

したがって時間の経過とともに膨大なデータ量となることにより、マイニングの苦労はもとより、高速取引の足かせとなることが以前から問題視されていました。
しかしビットコインの改ざんを許さない技術の一つとして生み出されたブロックチェーン技術をないがしろにすることはできず、マイナーたちの技術革新による演算の高速化が市場を保たせていました。

そんな中でブロックチェーンを分断し、そこから新たな通貨としてチェーンを組みなおすことにより、取引の連続性を持たせたままでブロック情報を別の場所に保管することで1ブロック当たりの情報量を少なくし、円滑な取引につなげることが大きなメリットとして挙げられていました。
しかしビットコインは発行総量が2100万BTCと決められていることからも、分裂し別の価値を持ち始めると、総量を制限していた意味がなくなり、市場にとっての希少価値の部分について大きな問題となります。

また分裂によって派生したコインと元のコインとの関係はブロック情報が同一であるとの前提条件があるため、その分裂したという情報と元のコインとの関係を整理しなくてはならないという問題もありました。
その中でビットコインはビットコインキャッシュと分裂をすることとなりました。

ビットコインキャッシュの分裂後の主な特徴

ビットコインはビットコインとのハードフォーク問題による分裂を行った後、同数量のビットコインキャッシュが付与されることとなりました。
ビットコインキャッシュの特徴として、これまでのビットコインとのブロック容量の違いがあります。
ビットコインに比べビットコインキャッシュは8倍の容量を持っているため、取引による情報の連続性が非常に高められたということになります。

取引開始から7年程度で取引情報が上限に達してしまい、それ以上のデータが入りきらなくなったときは、送金や取引が停止する可能性があります。
そのため上限を超えたデータ容量を持つブロックが必要となります。この点が従来のビットコインから進化した特徴です。

ビットコインとの共通点や相違点はどこなのか、仕組みとしての部分

ビットコインは2010年に交換がなされてから130万倍を超える上昇率を計上してきました。
数字で表現すると非常に大きな数字ですが、もともと価値がゼロに等しかったビットコインからするとおかしくない比率といえます。ビットコインキャッシュは新しく登場した通貨ですが、その性質はビットコインのそれを引き継いでいます。

つまりほぼ同じであるといえます。その中でもビットコインとビットキャッシュの共通点はどこで相違点はどこなのかということを押さえなければ、どちらに妙味があるのか判別がつきません。

単純なところでは、通貨が扱われている量が有限であるか不明であるかという点は異なるでしょう。
ビットコインキャッシュはビットコインから分裂して誕生するということであり、ビットコインすべてから分裂したわけではありません。したがってこれから先もビットコインのブロック容量が限界に近づくにつれて分裂するスピードも早くなるでしょう。

共通点としてはビットコインの仕組みであるブロック技術が用いられていることです。
ブロック技術はもちろんほかの通貨にも採用されているところもありますが、発行体がなく民主的な通貨であるビットコインには、管理されないという共通点があります。

どちらも取引者には直接は関係がないかもしれませんが、ビットコイン保有者にはこれから有益になる可能性が高い情報です。

ビットコインとビットコインキャッシュの関係はどのようなものか

ビットコインとビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂誕生するという関係にあります。
これまでのこういった形式のものでは、株式の分割という形でなじみがあるかもしれません。そのため分割後は同じ数量となる比率になるまで株式がもらえるという仕組みとなっています。

ビットコインの場合はそのまま同数量だけもらえるところもあり、株式と同じようなものかと感じる投資家も少なくありませんが、そこには相違点があります。仮想通貨における分裂は初めての事象であり、知っておいて損はないでしょう。

ビットコインとビットコインキャッシュとの関係(割り当て)

ビットコインとビットコインキャッシュの関係は、分裂後の割り当てとその後の取引状況を見ると確認できます。
まず割り当てに関してですが、ビットコイン保有者に対してその分裂前のブロック情報を持つコインを保有していた場合、その分裂したコインに対して同量となるように配布されています。

この割り当てはブロック情報を持つビットコインに対して割り当てられたものであるため、自分が保有するビットコインのうちの一部がそれに該当するということもありました。
そのため決まった数量ではなく割合的に割り当てられたようです。そして割り当てられたビットコインキャッシュは、売却自体は可能ですが価値的にも低く、そのメリットはアマありありませんでした。

9月になってからは順調に価格が上昇していることもあり、売却に妙味が出てきています。

分裂前に持っていたコインはどうなる?売買は可能なのか

ビットコインキャッシュとの分裂前から保有していたビットコインは、そのまま取引が可能です。
特にこの点は一般取引者にはあまり関係がないことですが、マイナーには大きな違いがあります。分裂後はデータ量が少ないビットコインキャッシュにマイニングが集中するため、元のビットコインには取引までに時間がかかるようになります。

しかしビットコイン自体の価値も高まるために、保有していることにメリットがあります。
保有して伸ばすもよし、売却もできるという状況であれば、海外送金用の現金のような感覚で保有することもできるでしょう。

ビットコインキャッシュ動向や業者の対応はどのようになっているか

ビットコインキャッシュはその発生の特異性などから分裂当初は取引を避ける投資家が多くいました。
ビットコイン投資家の多くは値動きが大きくなってから参戦した投資家の多くで、割安ではありますが誰も持っていない状況を経験していないために、はじめてに通貨には大きな抵抗を隠し切れませんでした。

それは業者も同じであり、ビットコインキャッシュは順調な船出とは言えませんでした。
その中でもビットコインを裏付けにしたビットコインキャッシュは成長をする軌道に入ることができています。その動きはどうなっているのでしょうか。

ビットコインキャッシュの動向、値動きと取引量

ビットコインキャッシュは8月に分裂誕生して以来、取引が停止している状況からのスタートでしたが、1か月以上がたつにつれて、徐々に値動きが発生してきました。
それは単純なところでは取引の安定性が見込めてきたためであり、本格的に仮想通貨の取引が行われている状況であれば想像に難くありません。

また取引が可能な業者も増えていることからも新規参加の取引者が増える要因となっています。
価格も低いため、簡単に何倍にもなる可能性を秘めています。取引量はビットコインからは遠く及びませんが、実質的にこれからのビットコイン市場を担う存在として注目を集めるほどの値動きと取引量となっています。

ビットコインキャッシュに対応している国内業者はどう対応しているのか

ビットコインキャッシュに対応している業者は、国内であれば基本的に対応しているところが多いです。
ビットフライヤーをはじめコインチェックやGMOなど大手の業者はすべて対応しているので、問題なく取引が可能でしょう。特に問題となる可能性が高いのは、海外の取引口座を利用している場合です。海外の場合は取引をしないという事業者もあるため注意が必要です。

国内の業者においても取引の際には売却のみを可能とするところや、販売を行うも送金はできないという対応であるため、既存のビットコインとの共存をお勧めします。

海外業者の対応は?取引可能な取引所は

海外事業差の場合、ビットコインキャッシュは取引ができないと考えたほうがよいでしょう。
香港の取引所、韓国の取引所などアジア圏での取引は可能ですが、特にアメリカの取引所ではビットコインを出金しないと取引できないようになっているため、注意が必要です。

ウォレットの対応はどのようになっているのか、送金可能か

ビットコインキャッシュは現在のところ、国内の一部の業者間でしか送金ができなくなっています。
ビットコインとの互換性や換金性が確立されていないため、送金先でトラブルになる可能性を排除できないためです。これから世界中で取引が盛んになるにつれて送金も可能になる可能性が非常に高いですが、現状では難しいようです。

ビットコインキャッシュの将来性とリスクについて

ビットコインキャッシュは他の仮想通貨と違い、ビットコインをバックボーンに持っているところです。
この性質は他の仮想通貨にはないため、発行体リスクはなくなります。しかしそれであるがゆえに発生するリスクがあることもまた確認しなくてはいけません。

将来的に保有するのか短期売買として使うのかという判断にはリスクの判断や将来性の判断が欠かせません。どの点に注目するとよいのでしょうか。

ビットコインキャッシュの将来性はあるのか

ビットコインキャッシュに関して、これまでの仮想通貨市場の拡大を背景として考えるのであれば、もはや新興国通貨と同様の扱いとして考えるべきでしょう。金利や配当金は付きませんが、市場規模自体が小さく、それでいて世界中で取引が可能になっていく途中であるとすれば、今後の将来性については何ら疑問が生じないでしょう。

仮想通貨市場のみで見ても、ほかの金融商品に比べて大きく出遅れている市場であることから資金流入のチャンスは大きいと判断できます。

ビットコインキャッシュのリスクはどのような点か

ビットコインキャッシュにおけるリスクは、価格変動リスクや流動性のリスクだけではなく、分裂を繰り返す可能性があることです。
一度分裂を経験した商品ですので、何度も分裂を繰り返し、バックボーンに持つブロックチェーン技術がないがしろになってしまう可能性があります。そうなれば突然価値を失ってしまう可能性があるので、取引には慎重になるべきでしょう。

新仮想通貨のビットコインキャッシュとは、その正体

ビットコインキャッシュとは、ビットコインから新規に分裂した仮想通貨です。
取引上は送金や活発な売買がしにくいなどの問題点はありますが、総合的に安定性が高く、担保性が高い性能があります。さらに市場規模が小さいことからもこれからの取引に注目が集まっており、将来的にビットコイン以上に爆発する可能性もあります。

しかし分裂という危機にさらされることにより、よくなることもあれば反対に悪くなることもあるでしょう。
リスク管理さえ忘れなければ、非常に有能な投資要因となりますが、熱くなりすぎると痛い目を見ることになるでしょう。

ビットコインの過去の上昇を考えると、意外と少額でも大きな資産として成長する可能性を込めて、取引するのであれば早いうちが華かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

マウントゴックス社が倒産。今後も取引所が倒産する可能性はあるの!?

中本哲史(サトシ・ナカモト)さんが発明した仮想貨幣「ビットコイン」はとてもクリア …

ビットコインに興味がない!あなた損してますよ!

如何なる政府機関や銀行からの介入も受けない全く新しい通貨システムとして、2009 …

モネロ(Monero)はビットコインよりも匿名性の高い仮想通貨

出典:coincheck モネロという仮想通貨のことをご存知ですか。たくさんの種 …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

Zaif(ザイフ)の口コミ・評判とは?zaifNEMやモナーコイン、SJCXなども取り扱う注目の仮想通貨取引所

出典:zaif ログインボーナスやマイナス手数料など仮想通貨が増える仕組みがある …

ジーキャッシュは大手金融会社とも提携!完全匿名で追跡困難な仮想通貨

第誕生して間もないが「第二のビットコイン」と呼ばれるほど注目されている 出典:z …

ビットコインに限りがある!?掘り尽くされてしまった後はどうなるの?

2009年の登場から「ビットコイン」は、全く新しい通貨の形として注目され続けてい …

VALUの使い方入門講座。これは仮想通貨のビットコインを通じて行う新しい取引

2017年5月31日からスタートしたVALUは、だれでも、株式会社のように、自分 …

ビットコインが悪用される!?マネーロンダリングに利用される可能性は?

ビットコインは便利な通貨だけど、なにか怪しいイメージがある、マネーロンダリングな …

イーサリアム(Ethereum)はビットコインを追い抜く!?契約の記録・管理もできる

イーサリアムがこれほどまでに普及して注目される理由とは? 出典:ethereum …