セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

   

出典:kraken

多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気取引所

krakenは日本だけでなく世界に利用者がいる規模の大きい取引所で、セキュリティの高さから多くの人が利用しています。
また、国内の他の取引所にはないようなマイナーで珍しい仮想通貨も取り扱っており、多彩な取引が楽しめます。

仮想通貨の売買を始めるにあたり、取引所を選んでアカウント開設する必要がありますが、krakenは「安心・安全な環境でたくさんの仮想通貨の取引をしたい」という方に向いていると言える取引所です。

堅牢なセキュリティの評価が高い仮想通貨取引所krakenについて

krakenは、2011年にアメリカのサンフランシスコで設立された仮想通貨取引所で、2014年に日本へ進出をしました。
2014年に破綻した取引所のマウントゴックスの債権者への支援をしていることでも有名です。Payward.Incの日本の子会社であるPayward Japan株式会社が運営しており、資本金は300万円です。

krakenは世界的に見ても取引量も多く老舗の取引所の1つであり、ハッキング被害に遭ったことがないことからセキュリティの高さも評価されています。
ビットコインやイーサリアムだけでなく、マイナーの仮想通貨も幅広く取り扱っているのもポイントです。堅牢なセキュリティ環境下の中で、さまざまな通貨で取引したい方に向いている取引所の1つです。

取引所はkrakenで決まり

世界中の取引所でビットコイン取引シェアが上位!krakenの主な3つの特徴

国内・海外と非常に多くの仮想通貨取引所が存在していますが、どの取引所も持っている特徴が違います。
そして、利用者へ与えるメリットも異なります。krakenも多くの仮想通貨を取り扱う点や堅固なセキュリティ、ビットコイン取引シェアの高さなどの特徴を持ちます。自分にとって大きなメリットを得れる取引所はどこか比較しながら確認していきましょう。

多くの仮想通貨の取引が可能

krakenは非常に多くの仮想通貨の取り扱いをしているため、さまざまな通貨での取引が可能です。
時価総額約6兆円のビットコインや約3兆円のイーサリアムだけでなく、イーサリアムに次ぐ規模で時価総額約8千億円のリップル、第2のビットコインとも言われる時価総額約3千億円のライトコインなど、多くの通貨を取り扱っています。

また、これだけでなくイーサリアム・クラシックやモネロ、ジーキャッシュ、オーガ、ダッシュなどの今後が期待される通貨や他にも多くのマイナーな通貨が揃っています。規模の大きいメジャーな通貨だけでなく、注目度の高いマイナー通貨も揃っているため幅広い取引をしていくことが可能です。

堅固なセキュリティ

krakenは世界で見ても老舗の取引所の1つですが、その中で唯一ハッキング被害に遭っていない取引所です。
コールドウォレットでの管理・2段階認証・暗号化通信・利用者の資産との分別管理など、堅牢なセキュリティ体制を整えています。セキュリティが高くハッキング被害に遭っていないという実績もあるため、利用者は安心して資産を預け取引することができます。

ビットコインの取引シェアが世界でも上位

krakenは日本だけでなく世界中で利用されている取引所ということもあり、どの通貨の取引シェアも高いです。
中でも代表的仮想通貨であるビットコインの取引シェアでは、世界の取引所の中で第6位となっています(2017年1月16日現在)。取引量が多く流動性があるため、比較的安定した取引をしていくことができます。

krakenの詳細はこちら

krakenが取扱う通貨と業務内容は?

krakenでは、下記のように非常に多くの仮想通貨を取り扱います。
2〜3種類しか取り扱い通貨がない取引所も多い中で、16種類もの通貨を取り扱いますので、経験や相場動向などに合わせてさまざまな通貨で取引をしていけます。

初心者でも将来的にビットコインやイーサリアム以外の通貨で取引していきたい方におすすめです。

  • ビットコイン(XBT)
  • イーサリアム(ETH)
  • ダッシュ(DASH)
  • モネロ(XMR)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ステラコイン(XLM)
  • イーサリアム・クラシック(ETC)
  • オーガ(REP)
  • アイコノミー(ICN)
  • メロン(MLN)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ドージコイン(XDG)
  • テザー(USDT)
  • ノシス(GNO)
  • イオス(EOS)

業務サービス内容

krakenは、ユーロやカナダドル、米ドル、ポンド、日本円で取引ができるビットコイン取引所です。
ビットコインを始めとしてイーサリアムやリップル、イーサリアム・クラシック、ジーキャッシュなど、さまざまなアルトコインも取り扱います。
現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能で、最大5倍のレバレッジを掛けることができます。

堅牢なセキュリティの中で、安心・安全に利用者が資産を預けて取引できる環境を提供しています。

krakenの公式ページへ

外出先でも素早くチャートを見て売買できるスマホアプリ!kraken独自のサービス

各取引所の特徴や業務サービス内容を把握するとともに、独自に行っているサービスがあればそちらも把握するようにしましょう。大きな特徴にはならないかもしれませんが、利用者の利便性を高めるようなサービスを行っている取引所は多いです。Krakenでも、iPhoneやAndroidで使えるスマホアプリを提供していますので、取引所選びの1つのポイントとして認識しておきましょう。

スマホアプリ

iPhone・Android向けのアプリも提供しており、指値注文を出したりチャートで価格を確認したり、業界の最新動向を確認するなどできます。横画面のチャートにも対応しており、外出先でも取引できるためチャンスを逃さず対応できます。

krakenで取引がしたい

老舗取引所の中で唯一ハッキングされていないkrakenの取引手数料や入金方法など

krakenの特徴や業務サービス内容などを把握した後は、取引コストやセキュリティ、レバレッジなどについても把握しましょう。
特徴などを比較して利用する取引所を決めることもできますが、取引コストやセキュリティなども非常に大事な要素であり、利益にも直結します。これらの要素も含めて総合的な判断により、利用する取引所を決めなければなりません。ここでは、取引手数料や入金手数料、セキュリティやレバレッジについて確認していきましょう。

取引手数料

krakenの取引手数料は各仮想通貨の取引量に応じて決まります。
下記のビットコイン/円、イーサリアム/円のように、基本的に取引量が多くなるほど手数料が低くなります。取引量が少ない場合は他の取引所に比べると若干手数料が高めですが、取引量が多くなると他の取引所よりも手数料が低くなる場合がありおトクです。

手数料が無料な取引所やマイナス手数料の取引所もありますが、一時的なキャンペーンだったりする場合もあります。取引手数料だけで取引所を選ぶことはありませんので、あくまでも1つの参考指標として他の取引所と比べましょう。

  ビットコイン/円 イーサリアム/円
メーカー テイカー
〜5万円 0.26% 0.26% 0.36%
〜10万円 0.24% 0.24% 0.34%
〜25万円 0.12% 0.22% 0.32%
〜50万円 0.10% 0.20% 0.30%
〜100万円 0.08% 0.18% 0.28%

  

入金方法・入金手数料

krakenでの入金方法は銀行振込で、入金手数料は下記の通りです。多くの通貨を取り扱っていますので、それぞれで入金手数料も変わってきます。
 

入金にかかる手数料
通貨 最低手数料
ビットコインコイン入金 無料
ユーロSEPA入金 無料
ユーロ電信送金入金 5ユーロ
米ドルPayCash電信送金入金 0.19% 15ドル
米ドルSEPA入金 0.19% 15ドル
ポンドPayCash電信送金入金 0.19% 10ポンド
ポンドpayCash SEPA入金 0.19% 10ポンド
日本円国内入金 5,000円
カナダドルInterac入金 1% 10カナダドル
(最高入金額:5000CAD)
カナダドルEFT入金 1% 10カナダドル
(最低入金額:75CAD)

 

セキュリティ

krakenでは、ハッキングや不正を防ぐためにオフラインのコールドウォレットで通貨を管理したり、2段階認証、暗号化通信などを行っています。
厳重なセキュリティであることが有名で老舗の取引所の中で唯一、ハッキング被害を受けたことがない取引所です。サーバーに関しても警備員だけでなくビデオ監視や網膜スキャンによって護衛されています。

世界的にも規模の大きい仮想通貨取引所でありながら、セキュリティが高く安心して取引ができます。

レバレッジ

1.5倍・2倍・2.5倍・3倍・5倍の倍率でレバレッジ取引ができます。
レバレッジを掛けて取引することで、少額資金であっても大きな利益を得ることが可能です。ただし、経験や実績のある人が行うレバレッジ取引であればいいですが、初心者が行うレバレッジ取引は注意が必要です。

レバレッジを掛けることで大きな利益を得やすいですが、大きな損失を負うリスクもあります。特に資金の余裕もない場合は低レバレッジでの取引を心掛ける必要があります。

krakenの公式ページへ

セキュリティの高さや通貨の種類を求めるのであればkraken!

krakenは2011年に誕生した仮想通貨取引所の中では老舗の存在で、老舗取引所の中では唯一ハッキング被害に遭っていないセキュリティに評価がある取引所です。
メジャーな仮想通貨だけでなく、マイナーな仮想通貨も幅広く展開しており、多彩な取引が楽しめます。取引手数料やレバレッジは他の取引所と比較して、特別優位性があるわけではありませんが「セキュリティ」「多彩な通貨」の2点に魅力を感じ、多くの人が利用しています。

他にもたくさんの仮想通貨取引所がありますので、特徴などを比較した上で自分に合った取引所を選ぶようにしましょう。

もっと詳しく知りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

ビットフライヤー(bitFlyer)取引所最高のセキュリティと強固な資本体制

>>独自サービスも幅広く展開し、初心者〜上級者までおすすめの取引所 出典:bit …

ビットバンク(bitbank)は高いセキュリティで幅広いアルトコイン取引ができる

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる! 国内の数ある仮想通貨取引 …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように …

ビットコインに消費税はかからなくなった!それ以外のルールはどうなってる?

2009年の登場から世界中で注目され続ける仮想通貨「ビットコイン」ですが、その流 …

valu
VALUの使い方入門講座。これは仮想通貨のビットコインを通じて行う新しい取引

2017年5月31日からスタートしたVALUは、だれでも、株式会社のように、自分 …

ビットコイン決済ができる店舗・通販サイトがどんどん増えて、私たちは何でもビットコインで買い物するようになる

ビットコインは仮想通貨で、日本円のような法定通貨と異なり、硬貨や紙幣はありません …

イーサリアム(Ethereum)はビットコインを追い抜く!?契約の記録・管理もできる

イーサリアムがこれほどまでに普及して注目される理由とは? 出典:ethereum …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

買い物でもらえるポイントやゲームで使える通貨とビットコインの違いはなに?

仮想通貨という言葉が世間を賑わせている昨今、「ビットコイン」について聞いたことの …