セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットフライヤー(bitFlyer)取引所最高のセキュリティと強固な資本体制

   

>>独自サービスも幅広く展開し、初心者〜上級者までおすすめの取引所

出典:bitflyer

ビットコインなどの仮想通貨を売買するためには、取引所を利用しなければなりません。
ビットフライヤー(bitFlyer)は誕生して3年足らずで急成長しており、取引量やユーザー数、資本金は国内取引所の中でNo.1を誇ります。多くの独自サービスも提供しており、コインの売買だけでなくクラウドファンディングに参加したり、ブロックチェーンへの理解を深めたりすることも可能です。

強固な資本体制、国内初の仮想通貨取引所ビットフライヤー

ビットコイン取引所の1つであるビットフライヤーは、どのような取引所なのでしょうか。
初心者でも利用しやすい取引所でセキュリティは安心できるのでしょうか。多くの取引所があるからこそ「どこでもいい」ではなく、自分に合った取引所を選んで利用するべきです。

取引所によって使い勝手も違いますし、得られる利益が変わる可能性もあります。ビットフライヤーの内容や特徴を知り、他の取引所と比較して選ぶようにしましょう。

設立3年初心者〜上級者までおすすめの取引所「ビットフライヤー」

ビットフライヤーは、2014年4月からサービスを開始した国内初の仮想通貨ビットコインの取引所です。
ビットコインとイーサリアムの2種類の仮想通貨を取り扱い、DigiCert次世代暗号による最高のセキュリティでコインを保管しています。みずほフィナンシャルグループ・SMBCベンチャーキャピタル・三菱UFJキャピタル株式会社・第一生命・リクルートなど、さまざまな企業が出資しており、資本金は41億238万円と大きいです。

商品やサービスの購入でビットコインを貰えたり、仮想通貨に関するニュースサイトの運営、クラウドファンディングなど、ビットコインを使った独自サービスも幅広く展開しています。
手数料も安く送金も素早いため、ビットコインやイーサリアムを取引したい方には初心者〜上級者までおすすめの取引所です。

>>国内シェアNo1のビットフライヤー

大手企業から出資も受け、強固なセキュリティを誇るビットフライヤーの3つの特徴

どの取引所を利用するか選ぶためには、その取引所の特徴を理解して他の取引所と比較しなければなりません。
ビットフライヤーにはたくさんの特徴がありますが、その中でも主要なものをまずは把握しましょう。そして、なぜ多くの人がビットフライヤーを利用しているのか、自分に向いている取引所なのかどうかなど考えながら他の取引所と比べましょう。

強固なセキュリティなどビットフライヤーの主な3つの特徴

ここでは、ビットフライヤーの数ある特徴の中から主な3つの特徴について見ていきましょう。

多くの大手企業から出資を受け強固な資本体制

ビットフライヤーは、誕生して3年と新しい企業・取引所でありながらも、既に多くの企業から出資を受けています。出資企業の多くが大手企業であり、ビットフライヤーへの注目の高さが現われています。

  • SMBCベンチャーキャピタル
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 三菱UFJキャピタル
  • 第一生命
  • 三井住友海上キャピタル
  • リクルート
  • ベンチャーラボ
  • SBIインベストメント
  • 電通
  • GMOペイメントゲートウェイ
  • GMOベンチャーパートナーズ
  • インキュベイトファンド
  • B Dash Ventures

仮想通貨の取引所で恐いのが、ハッキングなどの被害と経営難による破綻です。マウントゴックス事件でそのことを痛感した投資家も多くいました。ビットフライヤーは他の取引所と比較しても資本が安定しているため、破綻リスクが低いと言えます。

最高強度のセキュリティとスピーディーな取引

ビットフライヤーには最高強度のDigiCert次世代暗号が使われており、コールドウォレットでコインは大切に保管されています。
また、bitWireを使えばコイン送金の際も10分も待つ必要はなく、わずか1秒で送金ができるためスピーディーに取引ができます。ビットコインアドレスの入力も要らないため手間もかかりません。

ビットフライヤーは、資本力だけでなく、セキュリティにも力を入れているため安心です。また、株主でもある三井住友海上の仮想通貨の盗難保険もあるため、万が一の際も利用者の被害を抑制できます。

アカウントクラスによって利用サービスが異なる

ビットフライヤーのアカウントは、メールアドレスがあれば開設できます。
アカウントクラスは「ウォレットクラス」「トレードクラス」の2種類あります。ウォレットクラスでは、仮想通貨の預入・送付・日本円の入出金・Lightning Future(ビットコインの先物取引)・bitWire(ビットコイン決済)などができます。しかし、ビットコインやイーサリアムの購入や売却・Lightningの現物取引・LightningFXはできません。

そして、最大仮想通貨送付・決済額は10万円と制限があります。トレードクラスにアップグレードするには、メールアドレス以外に個人情報の登録や本人確認書類の提出などが必要です。
トレードクラスであれば、ウォレットクラスのできること・できないことがすべてできます。また、最大仮想通貨送付・決済額と最大仮想通貨売買金額ともに制限なしで利用できます。アカウント開設の際の要件は異なりますが、どちらも無料で開設できます。

特にトレードクラスは充実したサービスが利用できます。

>>ビットフライヤーの公式ページへ行く

ビットフライヤーではどの仮想通貨を取り扱うのか?

各仮想通貨の取引所では、すべて同じ仮想通貨を取り扱っているわけではありません。
取引所によって扱う仮想通貨が異なるため、自分の取引したい仮想通貨のある取引所を選ぶ必要があります。メジャーな通貨を中心に揃えるところもあれば、マイナー通貨も幅広く揃える取引所もあります。ビットフライヤーではどの仮想通貨を取り扱っているのでしょうか。

しっかりと把握し、取引所選びのポイントの1つにしましょう。

取り扱う通貨はトップシェアを誇るビットコインと2位のイーサリアムの2通貨

ビットフライヤーで取り扱う通貨は「ビットコイン」「イーサリアム」の2通貨のみです。
取扱い通貨は他の取引所と比べ少ないですが、多くの人が取引する時価総額No.1、No.2の通貨ですので大半の人には十分です。ビットコインは時価総額が約5兆9千億円、イーサリアムは時価総額が約2兆5千億円(2017年8月5日現在)もあります。

3位のリップルの時価総額が約8千億円なので、ビットコインとイーサリアムの2通貨で圧倒的シェアを誇ります。

>>ビットフライヤーで取引してみる

ビットフライヤーの提供する業務サービス内容とは?

ビットフライヤーはどのようなサービスを提供しているのでしょうか。
仮想通貨の売買に関するサービスとしては、主に3つのサービスを提供しています。ビットフライヤーと売買できるだけでなく、利用者同士が売買できるプラットフォームも提供しているなど、利用者の選択肢も広がります。どんなサービスを提供しているのか把握をし、利用するようにしましょう。

ニュースや寄付、クラウドファンディングなど幅広い独自サービス!

ビットフライヤーは、他の取引所にない独自のサービスを多数展開しています。
利用者にとってはこれらのサービスがあることで利便性がアップし、より便利に使うことができます。他の取引所との比較のポイントにもなりますので、独自サービスも把握していきましょう。

独自サービスは、ニュース配信やクラウドファンディング、ブロックチェーン研究、FXなどたくさん揃っています。

BTCnews

BTCnewsは、ビットフライヤーが配信しているビットコインや仮想通貨に関するニュース配信サイトです。週間概況などのマーケット情報やディーラーによるビットコインの最新記事などが確認できます。アカウント開設していなくても閲覧することができます。

BITCOINDONATIONS

BITCOINDONATIONSを利用すれば、日本赤十字社へビットコインを使ってオンライン寄付ができます。ビットコインウォレットやビットフライヤーの寄付用アドレスを使って行い、集まった寄付金は3ヶ月に1度、日本赤十字社へ全額寄付されます。

fundFryer

fundFryerとは、ビットコインを使ったクラウドファンディングのことです。
プロジェクト推進者を資金提供者としてサポートできるクラウドファンディングを日本円ではなくビットコインを使って行います。
プロジェクトが目標のビットコイン数に達するとプロジェクトが遂行され、ビットコインの提供者にプロジェクトオーナーから何らかのお礼を貰えたりもします。国内外で注目されているクラウドファンディングを法定通貨でなく、ビットコインでできるのがfundFryerのポイントです。

ブロックチェーン研究所

出典:bitflyer

ブロックチェーン研究所では、ブロックチェーンを使った新サービスの研究開発が行われています。
ビットフライヤーが開発した「ビットコイン監査ツール」「ブロックチェーン・ライター」「バウンサー」「ブロックチェーン・ドキュメント」などを実際に利用できます。

chainFryer

chainFryerを使えば、ブロックチェーンが最後に発掘されたから何秒経つか、1秒あたりのトランザクション、メモリプールなど、ブロックチェーンの状況を視覚的に確認することができます。わかりやすく演出しているためブロックチェーンの理解も進みます。

bitFryerLightning

出典:bitflyer

bitFryer Lightningは、ビットフライヤーが提供している利用者同士が発注や取引ができるプラットフォームです。
ビットコインの現物取引やFX、先物取引、ビットコイン以外の仮想通貨の取引ができます。ビットフライヤーのビットコイン販売所では、ビットフライヤーが取引相手となってビットコインの売買が行われますが、bitFryer Lightningでは利用者同士が取引できること、bitFryer FX(LightningFX)やLightning Futuresができて最大15倍のレバレッジで取引ができることなどが特徴です。

bitFryerFX(Lightning FX)

bitFryer FX(Lightning FX)は、FXを法定通貨ではなくビットコインを使ってできます。
最大15倍までレバレッジをかけることができ、通常のFXと違い土日も取引できます。ビットコインは、米ドル円などと比べるとボラティリティが大きく価格変動率は約10倍もあります。そのため、短時間・少額資金で大きな利益を得ることも可能です。

API公開

ビットフライヤーでは、bitFlyerLightningAPI、chainFlyerAPI、bitFlyerLightningAPI Playground、EchoAPIなどの各種APIを公開しています。

>>ビットフライヤーで取引してみる

ビットコインやイーサリアム販売所の手数料がしばらく無料!

ここでは、ビットフライヤーの取引手数料や入金方法、レバレッジなどについて見ていきましょう。特に手数料に関しては、アカウント開設手数料や維持手数料だけでなく、ビットコインやアルトコインの売買手数料も無料です。他の取引所は手数料がかかりますが、一定期間とは言えビットフライヤーでは無料で取引できおトクです。他の取引所との比較ポイントにもなりますので、しっかりと確認しましょう。

取引手数料

ビットフライヤーは、ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの販売所の取引手数料が「しばらく無料」で利用できます。取引量に限らず無料なため、100万円以上でも500万円以上の取引でも手数料はかかりません。

ビットコイン簡単取引所利用の際は取引量によって0.01%〜0.15%の手数料がかかりますが、一般的な金利で高くはありません。「しばらく無料」の取引手数料は、LightningFX/Futuresでも適用され、無料期間終了の2週間前に告知されます。

手数料がかからないのは短期売買が中心な方にとっては大きなメリットです。また、他の取引所でも0%キャンペーンやマイナス金利キャンペーンなど行っているため、無料期間がまだしばらくは続く可能性がありますし、終わったとしても再び無料期間が始まる可能性があります。

アカウント開設手数料:無料
アカウント維持手数料:無料
ビットコイン送付手数料:0.0005BTC
ビットコイン販売・買取単位:0.00000001BTC
bitWire手数料:無料

「ビットコイン売買手数料」
ビットコイン簡単取引所、Lightning現物(BTC/JPY):0.01〜0.15%(取引量による)
ビットコイン販売所、LightningFX/Futures:無料

「アルトコイン売買手数料」
Lightning現物(ETH/BTC、BCH/BTC):0.20%
イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ販売所:無料

入金方法・入金手数料

入金する際は、ネットバンク・コンビニ決済・ペイジーの何れかの方法で24時間365日口座に入金できる「クイック入金」が利用できます。入金手数料は1件あたり324円かかります。

レバレッジ

LightningFXにて最大15倍のレバレッジが可能です。他の取引所のFXではもっと高いレバレッジが可能な場合もありますが、よほど経験や実績を積んで資金力がない限りは10倍以上のレバレッジ取引はおすすめできません。
最大15倍まで可能ですが、できればレバレッジは使用せず取引するか、使用しても5倍以内などに抑えリスク管理を行いましょう。

ユーザー数・取引量もNo.1で安全・安心の取引所ビットフライヤー

ビットフライヤーは誕生して3年ほどですが、多くの大手企業が出資しており強固な資本体制が整っています。
ビットフライヤーを相手に仮想通貨の売買を行うだけでなく、利用者同士で売買できる取引所なども展開しています。幅広い独自サービスも提供しており、ビットコインを使ったクラウドファンディングや寄付も可能です。

また、特定サイトを介して買い物やサービスを利用すれば利用額に応じてビットコインを貰えるサービスもあるため、ネット通販などを利用するだけでビットコインが貯まっていきます。
最大5,000円キャッシュバックのある新設アカウントキャンペーンなどもあるためおトクです。他の取引所と比較した上でビットフライヤーを利用する場合は、メールアドレスかFacebookアカウントがあれば簡単に開設でき、すぐに始められます。

>>ビットフライヤーの公式ページへ行く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63
    follow us in feedly

  関連記事

Zaifトークンの買い方から入金方法までを徹底解剖!

Zaifトークンをご存知でしょうか。 ビットコインやイーサリアム、ライトコイン、 …

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …

ジーキャッシュは大手金融会社とも提携!完全匿名で追跡困難な仮想通貨

第誕生して間もないが「第二のビットコイン」と呼ばれるほど注目されている 出典:z …

注目のリスク(Lisk)はイーサリアムの欠点を補う仮想通貨!?

スマートコントラクトとサイドチェーンの特徴を持った仮想通貨 仮想通貨の中では圧倒 …

ビットコインでも短期売買が可能?株やFXのように取引きができるのか!?

ビットコインは、短期で売買できる特性があります。売買を行うまでの手続きは、特に難 …

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように …

「みんなのビットコイン」トレイダーズが運営するビットコイン手数料無料の取引所

出典:/min-btc 堅固なセキュリティのなか手数料無料で取引できる誕生間もな …

世界で注目される分散型プロトコルのオーガーについて

未来予測市場を「公平・公正、低コスト」に変えるプラットフォーム 出典:augur …

コインチェックの「貸仮想通貨サービス」を利用すれば銀行預金より高い金利が付く!

仮想通貨の取引所のひとつであるコインチェックが行っている新しいサービス。それが「 …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …