セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

ビットバンク(bitbank)は高いセキュリティで幅広いアルトコイン取引ができる

   

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる!

国内の数ある仮想通貨取引所の中でも、注目度の高い取引所であるビットバンク。
ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな通貨だけでなく、ライトコインやモナーコインなども扱います。板で売買ができることやマイナス金利が適用されているなど、利用者に嬉しい環境が整っています。

独自サービスでニュースメディアを展開していたり、取引所も2つ運営しているなど、さまざまな特徴を持ちます。
仮想通貨取引を始める際に、どの取引所を利用していくのか迷うことも多いですので、しっかりと特徴などを理解して他の取引所と比較するようにしましょう。

ビットバンクとはどのような仮想通貨取引所なのか?

国内の仮想通貨取引所の中で注目されている取引所の1つであるビットバンク。
仮想通貨取引所としては誕生して間もない新しい取引所です。他の取引所とは違った特徴をたくさん持ち、既に多くのユーザーから支持されています。2つの取引所を運営しており、それぞれでまったく内容も異なるため間違えないようにもしましょう。

ビットバンクは「bitbank trade」「bitbank.cc」の2つの取引所を運営している

ビットバンクはbitbank tradebitbank.ccの2つの取引所を運営しています。
2014年からbitbank tradeの運営を開始し、2017年からbitbank.ccの運営を開始しています。bitbank tradeは現物取引ではなく、レバレッジを使用したビットコインFXの取引所です。利用者は香港のOKCoinを使って取引をします。

bitbank.ccはビットコインやライトコイン、イーサリアムなどの仮想通貨の現物取引を行える取引所です。
ビットバンクは幅広い仮想通貨を取り扱い、強固なセキュリティを特徴などを特徴としています。また、さまざまな独自サービスも展開しており、今注目されている仮想通貨取引所の1つです。

>>ビットバンクで取引してみよう!

取引所選びのポイント!ビットバンクの主な3つの特徴とは?

取引所ビットバンクにはどのような特徴があるのでしょうか。
ビットコインなどの取引を始めるにあたり、まず最初にやることが取引所選びです。国内には多くの仮想通貨取引所がありますが、それぞれで特徴がまったく異なります。そのため「なんとなく」で取引所を選んでしまうと取引結果も変わってくる可能性があります。

ビットバンクは世界最高峰のセキュリティで資産と通貨を守る

ビットバンクには多くの特徴がありますが、主な特徴は「セキュリティ」「幅広いアルトコイン」「板取引」の3つです。

世界最高峰のセキュリティ

ビットバンクは、ビットコインのセキュリティ専門企業であるBitGoと提携をしており、高いセキュリティで利用者の資産・通貨を守ります。

マルチシグでハッキングや内部犯対策を行い、オフラインのコールドウォレットでビットコインをしっかりと管理します。アカウントについてもメールとスマホ認証によるマルチファクター認証のため安心して利用することができます。

幅広いアルトコインを取り扱う

ビットバンクではビットコインだけでなく幅広いアルトコインを取り扱います。
他にも多くのアルトコインを取り扱う取引所はありますが、ビットバンクはイーサリアムやリップルだけでなく、第2のビットコインとも呼ばれるライトコインや日本発の仮想通貨であるモナーコインなども扱います。

メジャーな通貨からマイナーな通貨まで幅広く揃っており、今後も取り扱い通貨は増えることが予想されますので、さらに便利になっていきます。

アルトコインが板で取引できる

イーサリアムやリップル、ライトコインなどのアルトコインが、売り買いの注文がいくらでどれだけ入っているか確認できる板で取引が可能です。そのため、価格の透明性が高く最適なレートで売買ができます。

大手取引所と言えばビットバンク!

ビットバンクの取り扱う仮想通貨は?注目度の高い通貨はあるか?

ビットバンク取引所ではどのような仮想通貨を取り扱うのでしょうか。
国内にも多くの取引所がありますが、各取引所で取り扱う仮想通貨の種類や数は異なります。自分の取引したい仮想通貨を取り扱っているかを確認した上で、取引所選びをしなければなりません。

仮想通貨は1,000種類近くありますが、特に注目されている通貨は限られていますので、将来性の高い通貨を揃えているかどうか見ていきましょう。

ビットバンクの取り扱い通貨とはイーサリアムやリップルなど6種類

ビットバンクでは、ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・モナーコイン・ビットコインキャッシュの6つの仮想通貨を取り扱います(2017年8月現在)。

仮想通貨内で時価総額No.1のビットコインだけでなく、注目度の高いイーサリアムやビットコインキャッシュ、リップルやライトコインも扱います。そして、日本独自のカルチャーに根付いたモナーコインも取り扱います。

注目度が高く将来性も期待されている通貨が多く揃うため、通貨選びに困ることはあまりなさそうです。

ビットバンクが行っている業務サービス内容とは?

取引所を比較する上でも、ビットバンクがどのような業務サービスを行っているか把握しておきましょう。
どれくらいの規模感なのか、取引所以外にはどんなサービスを行っているのかなど、その取引所を知る上でも非常に重要です。特にビットバンクは、運営しているのが仮想通貨の取引所だけではありませんので、その内容を覚えておきましょう。

2つの取引所の運営に加えニュースメディアも運営している

ビットバンクは仮想通貨の取引所であるbitbank.ccの運営と、ビットコインFXの取引所であるbitbank Tradeの2つの取引所の運営をメインとしています。

また、その他にもビットコインやブロックチェーンに関するニュースメディアの運営などしています。

ビットバンクをもっと知る

ビットバンクが提供する独自サービスビットコインFXやニュースサイトなど

各仮想通貨取引所では、その取引所ならではの独自のサービスを展開しています。
仮想通貨取引に関するものから、別の取引サービス、ニュースサイトなどさまざまです。ビットバンクでも独自サービスを提供しており、何れも利用者の利便性が向上する便利なサービス内容です。

ここでは、「BTCFX」「bitbank wallet」「BTCN」の3つの独自サービスについて確認していきましょう。

国内最大のビットコイン・ブロックチェーンニュースメディアも運営しています。

BTCFX

出典:bitcoinbank

BTCFXは、ビットコインを対象とした先物取引のことで20倍レバレッジなどの取引が可能です。
深夜や土日にも取引ができ国内で唯一追証がないため、万が一の際も資産がマイナスになりません。15種類以上のテクニカル指標が搭載されているなど、本格的な環境で取引を楽しめます。

bitbankwallet

bitbank walletは、ビットバンクが提供するビットコインウォレットのことです。
ビットバンクウォレットにより、ビットコインの送金や支払い・受取、残高や利用履歴管理、クレジットカードでのビットコイン購入などができます。

bitbank walletとの通信はすべてSSL暗号通信でマルチシグにも対応しており、オフラインでビットコインを管理するコールドウォレットが採用されています。そのため、外部・内部の攻撃から資産・通貨を守ります。

BTCN(bitcoinnews)

出典:bitcoinbank

BTCN(bitcoin news)は、ビットバンクが運営している国内最大のビットコインニュースメディアです。
世界中のビットコインやブロックチェーンに関する情報からキュレーションし発信しています。業界の最新ニュースに加え、相場動向や規制、プロジェクトや最新技術など仮想通貨取引をする人が知っておいた方がいい情報が満載です。

初心者では理解が難しい情報も多いですが、見ているだけでおおよその流れなどを掴むこともできますし、知識を得ることができます。

ライトコインやモナーコインを取り扱い板で売買ができる!

毎日の運用にも関わる!ビットバンクの取引手数料・入出金方法・セキュリティ

ここでは、ビットバンクの取引手数料や入出金方法、セキュリティなどについて確認していきましょう。
取引所を選ぶ際は、特徴が自分のメリットになるかどうかも大事ですが、手数料などのコスト面や入金方法やセキュリティが自分に有利かどうかもチェックする必要があります。コストが高いと利益を圧迫しますし、セキュリティが弱いと預けている資産が心配です。

取引手数料はキャンペーンもあって「マイナス金利」が適用されておトク!

ビットバンクでは取引手数料のキャンペーンも行っており、なんと「マイナス金利」が適用されきます。
金利がマイナスということは、利用者が支払うのではなく逆に貰えるということです。非常にオトクな金利で魅力的です。

取引手数料

ビットバンクの取引手数料の特徴は何と言っても「マイナス金利」ということです。
各通貨の取引においてメイカー手数料が「マイナス0.05%」となっています。つまり、取引するごとに手数料を支払うのではなく貰えるということです。例えば、10万円の取引をした場合は50円分を手数料として受け取れます。

本来、手数料は支払うものですがビットバンクで取引する場合は受け取れるため、取引するほど手数料収入を得ることができますので短期売買中心の方は特に恩恵を受けれます。
ただし、マイナス金利が適用されるのはあくまでもキャンペーン期間中の8月31日までです。キャンペーン期間が伸びる可能性もありますが、9月以降は金利が変わる可能性があります。

※8月31日までマイナス手数料キャンペーンが実施されており下記の手数料です。

BTC/JPY メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.05%
XRP/JPY メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
LTC/BTC メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
ETH/BTC メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
MONA/JPY メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
MONA/BTC メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
BCC/JPY メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%
BCC/BTC メイカー:マイナス0.05% テイカー:0.25%

入出金方法・入出金手数料

入金方法は銀行振込とビットコイン預入の2つの方法があります。

手数料
入金手数料 無料
出金手数料 540円/756円(3万円以上)
BTC 0.001BTC
LTC 0.001LTC
XRP 0.15XRP
ETH 0.0005ETH
MONA 0.001MONA
BCC 0.001BCC
口座開設費用 無料
口座維持費用

 

セキュリティ

ビットバンクは、ビットコインなどの仮想通貨の管理にマルチシグ、ホットウォレットやコールドウォレットを用いて内部・外部からハッキングや不正が起きないように守られているため安心して取引ができます。

サービスが多くバランスの取れた仮想通貨取引所ビットバンク

ビットバンクはビットコインFXのbitbankTradeと仮想通貨のbitbank.ccの2つの取引所を運営しています。ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップル、ライトコインやモナーコインなどを扱い、板で売買していくことが可能です。ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携、マルチシグやホットウォレット・コールドウォレットにより高いセキュリティを誇り安心して取引ができます。期間中に限りますがマイナス金利が適用されているため、取引するだけで仮想通貨が増え大変おトクです。興味のある方は、ぜひビットバンクのホームページなど覗いてみてください。また、ビットバンクが運営しているビットコインニュースもおすすめです。

ビットバンクの公式ページへ行く!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …

買い物でもらえるポイントやゲームで使える通貨とビットコインの違いはなに?

仮想通貨という言葉が世間を賑わせている昨今、「ビットコイン」について聞いたことの …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

BTCBOX(BTCBOX)は安定した取引ができるビットコイン取引所

これまでの運営実績が安定しているため市場からの評価も高い取引所 ビットコインなど …

ファクトム(Factom)は書類やデータを低コストで安全に記録・管理できる

さまざまな業界・企業から注目を集める文書管理プラットフォーム 出典:factom …

ブロックチェーンはどんな技術なのかが知りたい!

財布の中には、どこの国のお金が入っているでしょうか? 日本円ですよね。もしかした …

ビットポイント(bitpoint)の取引手数料が無料!自動売買もできる仮想通貨取引所

出典:bitpoint 初心者〜上級者まで安心して取引ができるビットコイン/イー …

物理的に実体のないビットコインは現金とどう違うのかを具体的に解説します

ビットコインはコンピューター上で取引される仮想通貨で、暗号通貨という種類の通貨の …

世界で注目される分散型プロトコルのオーガーについて

未来予測市場を「公平・公正、低コスト」に変えるプラットフォーム 出典:augur …

完璧に見えるビットコインに死角はあるの?

昨今ではインターネットの普及にともないオンライン上での金銭取引の増加している傾向 …