セツヤクLifeBox

必ず貯まるブロガー流節約術と貯蓄法

送金手段に「ビットコイン」を利用するという選択肢がある

   

最近、Webやニュースでビットコインにまつわる話題が多く見られるようになりました。

ビットコインとは、インターネット上で取引される仮想通貨のひとつで、手数料が安いことから世界中で普及が進んでいます。
とはいえ普段の買い物でビットコインを使えることは多くありません。ではなぜ普及しているかというと、それは「送金手段として」使うことにメリットがあるからなのです。

海外送金の手数料が割高な理由について

ビットコインを送金手段として使うメリットとして送金手数料の安さが挙げられます。
これまで、銀行などから海外送金を行ったことがある人はその手数料の高さに驚いた人もいるのではないでしょうか。海外送金の手数料が割高な理由は、システムの使用料が高いからだといわれています。

銀行などに海外送金を依頼すると、銀行は日本の全国銀行データベースへと接続を行い、そこから送金先相手国のシステムへアクセスをします。このアクセスの際に発生するシステム通信料が高いなどの理由で、依頼した人が多くの手数料を負担することになるのです。

頻繁に送金をする場合には外資の口座を開設することでこのような手数料の高さはある程度少なくなるといわれ、シティーバンクやHSBCなどの同じ銀行間なので割安で送金することが可能だといわれています。

しかし銀行などに海外送金サービスを依頼して行ってもらう場合、銀行などの資金移動業者のマージンも発生し、全体的に送金手数料は高くなるといわれています。

これに対し、直接送金という形態をとっているビットコインなどの仮想通貨を使用した送金は、個人対個人の直接取引となりますので、手数料負担がとてもリーズナブルにすむというメリットがあるのです。

そのため海外送金の手数料が割高な理由としては、資金移動業者を挟んだ取引であるということや、専用のネットワークにアクセスしてから行われる関節取引であるという点が挙げられます。

国際送金に関するレガシーシステムとは?

レガシーシステムとは、旧来のシステムのことをいいます。
まるで過去の遺物であるかのようなシステムという意味で使われることが多いIT用語でもあります。コンピューターの世界では技術進歩スピードが速いため、数年経てばそれまでは新しい技術であると思われていたものも時代遅れとなってしまうことも珍しいことではありません。

それになぞらえて、国際送金に関するレガシーシステムとして、旧来の国際送金システムをレガシーシステムという言葉で表現しているといえます。
ビットコインという新しいブロックチェーン技術が取り入れられた送金システムによって、これまでになかったとされる個人対個人の取引が可能になり、中間マージンなども発生することもなく国際送金をより安価な金額で行うことができるようになっています。

ビットコインによる直接取引は、海外送金時の手数料を圧倒的に安くしたという点で大きなメリットがあります。
同時に金額の大きな国際送金については従来のシステムによる利便性などもあり、この点はビットコインの流通の拡大が今後期待される点でもあるといえます。

このように、国際送金に関するレガシーシステムは、割高な手数料を支払って行われる旧来のシステムのことなどをいいます。
いずれにしても、ビットコインはレガシーシステムという既存のシステムの課題を補完し、新しい海外送金の可能性をさらに広げているという点で今後も注目されるバーチャル通貨です。

間にビットコインを間に挟むと手数料がとてもお得

ビットコインを送金手段として用いるメリットとして、決済手数料が劇的に安くなるという点が挙げられます。

例えば、ショッピングをする場合、ビットコインで支払うとメリットがあるのです。ビットコインの決済は直接取引です。
これは、クレジットカードや銀行振り込みでの決済方法とは異なります。クレジットカードでの決済はクレジットカード会社が、銀行振り込みでは銀行が中間業者として関与しています。

これらの業者が送金を代行しているのですが、ビットコインの場合は、当事者間での決済で完結するのです。つまり、中間業者が必要なくなり手数料が安くなるのです。

買い物の支払いをビットコインで行う場合は、間接的なメリットがあるといわれています。
というのは、楽天やアマゾンなどでショッピングした場合、購入した人に対する決済手数料は設けられていません。もともとが無料なのです。代引きや銀行振り込みなら手数料は必要ですが、クレジットカードで買い物をする時には支払う方の手数料は無料なのです。

だから、わざわざビットコインで支払う必要はあるのでしょうか?
これについては、楽天などでクレジットカードで決済を行うと、お店がカード手数料を支払うことになっています。そのため、その手数料を商品代金に上乗せしてから負担するということになるのです。この手数料は代金の3~6%となっているといわれています。

仮想通貨で決済すれば、決済手数料がリーズナブルになって、商品の値段も下げられるということなのです。

銀行送金との併存はどうなるの?

ビットコインは銀行送金との併存という点については胴なのでしょうか。例えば海外に留学していて、親に仕送りをしてもらうという場合、親にとって銀行送金よりもビットコインはよりリーズナブルな手数料で送金できる便利でお得なサービスになります。

銀行から外国口座に送金する場合、手数料が高額です。10万円振り込む場合には、2500円くらいの手数料が必要とされます。
しかし海外送金をビットコインで行うと、手数料はたった数十円といわれています。

また、銀行だと平日しか送金処理できないところも多いといわれますが、ビットコインは24時間365日送金可能なのです。個人から個人へ送金できるのが便利です。

しかし、銀行はまとまったお金を送る時にはとても安心感があるといえます。
ビットコインはまだ新しいサービスでもあり、少額送金などには向いているといえますが大きなお金を一度に送る場合には、やはり銀行のサービスの方が安心だという人もおり、銀行送金との併存という形で、ちょっとしたお金を送る時にはビットコイン、まとまったお金を送る時には銀行といったように使い分けるということがいいのではないかという意見などもあります。

まとめ

以上の流れから見られるように、手数料コストの安さが、ビットコインが普及した最大の理由だと言えるでしょう。

銀行は、店舗を構えて営業を行っているわけですからそれだけのコストがかかるのは当然です。
ゆえに従来型の銀行送金では、銀行の収入となる送金手数料が高くなってしまいます。一方で個人間の取引が主流であるビットコインであれば、銀行の収入となる手数料は発生しませんし、またインターネット上の送金であることもあり手数料を抑えられているのです。

またそもそも従来の通貨は、法定通貨としての性質上、国家の信用があってこそ成り立つものです。
日本円では想像しにくいですが、信用が乏しい国の通貨にあっては、その価値が常に一定でなく、いつ通貨の価値が下がるか心配なものも存在します。一方でビットコインには発行者が存在せず、世界共通の約束ごととして通貨が存在しているため、特定の国や政府の信用や景気に関係なく貨幣の価値が維持される安定さがあります。

ところが、ビットコインは価格の変動が激しいというリスクがあります。
人気が高まって価値が上がり、人気が下がれば価値も下がります。それをコントロールし和らげてくれる政府のような機関も存在しません。便利な反面、価格変動のリスクは常に意識しておくべき事項です。

そこで前述の、「少額の送金にはビットコインを使い、多額の送金は銀行で」といった使い方も有効な考えと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62
    follow us in feedly

  関連記事

Kraken国内だけでなく世界中で使われている仮想通貨取引所

出典:kraken 多彩な仮想通貨を取り扱い、安心・安全な環境で取引ができる人気 …

FXや株式のように投資対象としてビットコインを選ぶことのメリットは?

この数年で聞くようになった単語のビットコインですが、投資先として非常に有望な存在 …

モナーコインは日本のカルチャーの根付いた日本発の仮想通貨

国産の仮想通貨であるモナーコインはどんな特徴を持つのか 多くの仮想通貨が注目され …

イーサリアム(Ethereum)はビットコインを追い抜く!?契約の記録・管理もできる

イーサリアムがこれほどまでに普及して注目される理由とは? 出典:ethereum …

bitcoin
ビットコインとは?投資の始め方、ビットコインの仕組みを投資歴10年の私が解説します

ネットニュースや雑誌でたびたび話題になるビットコインという言葉。これは仮想通貨の …

暗号通貨と仮想通貨ってなにが違うの?

「暗号」とは通信の秘密を守る為、情報を第三者が見ただけでは内容がわからないように …

ビットコイン活用術~海外送金~

海外にいる人との金銭の受け取りや支払いの方法として思いつくものはありますか。 現 …

ビットコインはクレジットカードとどう違う?ビットコインの台頭で財布の厚さはどんどん薄くなる?

お金が手元になくても物を買うことができるクレジットカードと、円やドルといったお金 …

ビットコインと電子マネーの違いを徹底解説!!

ビットコインは、お金の1つなのですが、厳密に言うと ・ビットコイン=デジタル通貨 …

ビットコイン決済ができる店舗・通販サイトがどんどん増えて、私たちは何でもビットコインで買い物するようになる

ビットコインは仮想通貨で、日本円のような法定通貨と異なり、硬貨や紙幣はありません …